アリス・扉のむこうがわ

(ありす・とびらのむこうがわ)
初演日:0/11 作者:神崎あゆみ

 アリス・扉のむこうがわ 

◆登場人物◆(27人くらい)

アリス・リデル
ロリーナ・リデル

ピーター/ピーター・パン
リデル氏/ハートの女王
リデル夫人/ウェンディ

キャロル先生
エイダ
エリザベス
メイベル
メイド

うさぎ
チェシャ猫

仕立屋
助手A
助手B
影の少女A
影の少女B

花A
花B
花C
お茶屋
使用人
生贄の少女

大アリス

トランプの兵隊


◆時・・・100年位昔  ◆国・・・イギリス  ◆季節・・・不問



プロローグ
         背中合わせに立つ2人の少女のシルエット
         それは鏡に写った1人の少女の様にも見える


ロリーナ   鏡よ鏡 教えておくれ

アリス    鏡よ鏡 教えておくれ

ロリーナ   私が私でないのなら、今いる私は一体だあれ?

アリス    私は私

ロリーナ   でも私はあなた

アリス    あなたは私

ロリーナ   私はあなたになりたかった。
       扉のむこうがわ、光は満ちあふれ、
       人々の好意や賞賛や愛が降り注ぐ。
       私はその世界の住人になりたかった。
       あなたの様にそうやって、扉のむこうがわで
       花の様に微笑んでみたかった。

アリス    私は私

ロリーナ   でもあなたは私

アリス    私はあなた

ロリーナ   だったかもしれない

アリス    鏡よ鏡

ロリーナ   教えておくれ

アリス    私が私でないのなら、今いる私は一体だあれ?


ACT1           リデル家の居間
          メイドがお茶の用意をしている
          リデル夫人がやって来る


夫人      メアリ、メアリ・アン

メイド     はい、奥様

夫人      そろそろ家庭教師のキャロル先生がおみえになる頃だと思うのだけど

メイド     はい。あちらにお茶の用意は整っております

夫人      そう。アリスは?

メイド     朝からピーター坊っちゃまとお散歩に。
        じきお戻りになられると思いますわ。

夫人      全くあの子ったら。
        今日はキャロル先生がいらっしゃるからってあれほど言って
        おいたのに。

メイド     ピーター坊っちゃまが熱心にアリスお嬢様をお誘いに
        なったんですわ。朝の空気は身体にいいからって(笑)

夫人      ピーターも昔からよくアリスの面倒をみてくれるんだけど
        先生のいらっしゃる日まであの子を連れ出されるのは困るわ。

メイド     坊っちゃまも身体の丈夫でないお嬢様を丈夫にしようと
        一生懸命なんですわ。
        本当に微笑ましいお二人ですこと。

夫人      ところで、ここに用意しているお茶は何?

メイド     ロリーナお嬢様です。お友達がおみえになっていて。

夫人      あらそうなの。ロリーナにあまり騒々しくしない様に
        言ってちょうだいね。
        アリスはお勉強の時間なんですから。

メイド     はい奥様


           夫人とメイド退場
           入れ代わりにロリーナと友人3人がやって来る


ロリーナ   さあ、入って。お茶の用意ができてるわ。

エイダ    ああ、笑い過ぎて喉がカラカラ

エリザベス  ロリーナったら物真似が上手なんですもの。

メイベル   ねえ、今度はエイダの真似してぇ

ロリーナ   (真似をする)

二人     (大爆笑)キャ〜似てる〜っっっ!!

エイダ    ロリーナッ!

ロリーナ   (笑)はいエイダ、お茶。

エイダ    もおっ

メイベル   あら、このクッキー美味しい♪

エリザベス  まあ、ホント!

エイダ    うん、なかなかだわ。

ロリーナ   本当?嬉しい!私が焼いたの。

エリザベス  ロリーナが?素敵。今度教えて。

ロリーナ   いいわ。お砂糖の加減が難しくて結構苦労しちゃった。

メイベル   でもロリーナは本当に何でもできるのねぇ。

エリザベス  この前ワーズワースの詩を暗唱したときなんて素晴らしかったわ。
       みんなうっとり聞き惚れてたもの。

エイダ    メイベルなんて口あけてポ〜ッと聞き入ってたのよ(笑)

メイベル   あ、あら口なんてあけてないわ!
       ただロリーナってすごいなって本当に感心してたのよ。

エリザベス  そういえばここに来る途中、牧師様の奥様にお会いしたの。
       ロリーナが教会のバザーに出した刺繍の事、とっても誉めて
       らしたわ。

メイベル   本の詩集?

エリザベス  違うわ、手芸の刺繍よ(笑)

エイダ    おお!刺繍!!私の天敵

メイベル   エイダはモチーフの猫がいつの間にかブタになっちゃうんだ
       もんね(笑)

エリザベス  (笑)この前も先生に言われてたじゃない。
       「エイダ、この柄はカメですか?」

エイダ    ひまわりです!!

一同     (笑)

エイダ    エリザベスだって刺繍は苦手だって言ってたじゃない。

エリザベス  私、アルファベットがどうも気に入る様にできないのよ。
       ロリーナ、今度コツを教えて。

ロリーナ   いいわ。

エイダ    ロリーナだったら特にPの字が得意よねぇ

ロリーナ   え?

エリザベス  あ〜あ・・・そうだわねぇ

メイベル   「P」ピーターのP

エリザベス  パーキンスのP 

エイダ    あなたの従兄弟のピーター・パーキンス♪ 

ロリーナ   やだっ

エイダ    (笑)照れることないじゃない。
       ピーターって人気者なのよ、あれで結構。
       その彼と従兄弟同志で、しかも同じ家に住んでるなんて
       この幸せ者!

ロリーナ   彼の両親が仕事で海外に行ってるからその間だけよ

エイダ    ああら、短い間でも好きな人と同じ家に住めるなんて
       私だったら寝不足しちゃ〜う

エリザベス  やだ〜(笑)エイダったら

メイベル   マチルダやアイリーン達もピーターのこと騒いでたわね。

エリザベス  ピーターって可愛いもの♪

エイダ    あら、エリザベスってばウィリアムがいいって言ってたのに
       浮気者

エリザベス  なによ、エイダだって「ピーターって可愛くて食べちゃい
       た〜い♪」なんていつも言ってるくせに。
       前は胸板の厚い人が好きって言ってたのにさ

メイベル   むないたぁ?

エリザベス  エイダはマッチョマンタイプが好きなのよ

ロリーナ   ピ、ピーターはそうならないと思うわ

エイダ    フフッ、ピーターなら胸板薄くても構わない私♪

メイベル   も〜エイダってそればっかり(笑)

エリザベス  メイベルだってピーターに会うたびキャーキャー騒いでる
       じゃない

メイベル   わ、私は最初から彼のファンだもの

エイダ    お、居直ったわよ、この子

エリザベス  それでロリーナ

ロリーナ   え?

エイダ    今日、ピーターは?

メイベル   せっかく来たんだもの

エリザベス  一目彼に

エイダ    会いたぁ〜い♪

ロリーナ   ピーターは・・・朝から出かけてるわ。妹と

エリザベス  アリスと?

ロリーナ   妹はあまり身体が丈夫じゃないでしょ?
       歩くのは身体にいいからって、よくピーターが散歩に連れ出すのよ
       今日は私の知らないうちに出かけたから、どこに行ったかわからないわ

メイベル   相変わらず仲がいいわねぇ、二人って

エイダ    う〜ん、妬けちゃう

ロリーナ   アリスはピーターのお気に入りなのよ。昔から

エリザベス  でも分かるわ。アリスってまるでお人形みたいな子だもの
       小さくて可愛くて

エイダ    「女の子」って感じよね

メイベル   いいな、ロリーナはあんな可愛い妹がいて
       うちなんか弟でしょ?もう憎ったらしくて

エリザベス  あ、私も。妹が欲しかったわ。
       アリスみたいな子だったら、着飾らせて連れ歩いて
       自慢しちゃうのになぁ

ロリーナ   ・・・・・・・・・・

メイド    (声)お帰りなさいませ、お嬢様

エイダ    あら、二人が帰って来たみたいよ


          花を持ったアリスと、ピーターが
          笑いながら入って来る


アリス    ただいまぁ

ピーター   やあ、いらっしゃい

エイダ    こんにちは、ピーター♪
       わあ、きれいな花ね、アリス

アリス    ピーターが見つけてくれたの。森でね
       いっぱい咲いてるとこがあるのよ

メイベル   わあ、ステキ!どこどこ?

アリス    ウフフ、あのね・・・ナイショなの。
       (ピーターに)ね♪

エイダ    あら、二人だけの秘密ってわけ?

ピーター   (笑)だってエイダ達に教えたら全部摘んじゃうだろ?

エリザベス  わあ、ずいぶんねぇ

メイベル   ピーターってば、アリスにばっかり優しいんだから

エイダ    あんまりエコヒイキするとそのうち女の子から袋叩きに
       あうわよ

ピーター   おいおい、おっかないなぁ(笑)

アリス    (花を渡す)はい、エイダ。このお花あげる
       だからピーターを苛めないでね

エイダ    ・・・・(笑)やだ〜

エリザベス  (笑)もう、かなわないわ、アリスには

ロリーナ   ・・・・アリス、そろそろキャロル先生がみえる頃じゃないの?

アリス    あ、いっけなぁい。お母様に怒られちゃう
       それじゃあみなさんごゆっくり。またね♪


          アリス退場
          ロリーナ以外、微笑ましく彼女を見ている


ロリーナ   ・・・・みんな、もう少しクッキーをいかが?
       ピーター、このクッキー私が焼いたのよ

ピーター   あ、ごめん。さっきアリスのクッキーをイヤというほど
       食べさせられちゃてさ

エリザベス  へえ?アリスもクッキーを作るの?

ピーター   うん。うさぎとか小鳥とかの形のね

メイベル   アリスらしいわね(笑)

ピーター   それがメチャクチャ甘くてさぁ。もう参ったよ

エリザベス  ピーターってあまり甘いもの食べないものね

エイダ    それでもアリスの極甘クッキーを食べてあげるとは
       見上げたもんだわ

ピーター   そうしないとうるさいんだよ
       結構わがままなんだぜ、あいつ

エリザベス  でもアリスのお願いには誰も勝てないわよね

メイベル   「アリスのお願い聞いて♪」

エイダ    あんたがやっても誰も聞かない

メイベル   ひど〜い


          一同笑い
          キャロル登場


キャロル   やあ、楽しそうだね

ピーター   あ、キャロル先生。こんにちは

キャロル   やあ。こんにちはロリーナ

ロリーナ   こんにちはキャロル先生

エイダ    キャロル先生、今度また私達にお話を聞かせてくださる?
       この前の先生が作ったお話、すごく面白かったわ!

キャロル   いいとも。次の授業の後でよければ

エリザベス  わあ♪楽しみ!

メイベル   キャロル先生ってホントは数学の先生でしょ?
       お話を作る人になればよかったのに

キャロル   (笑)そうだね。でも、こうやって君たちの様な子に
       聞いてもらうのが一番楽しいよ
       あ、そうそう、ロリーナ

ロリーナ   はい?

キャロル   頼まれていたヤツ、作ってきたよ
       授業の後で渡すから

ロリーナ   ありがとう先生!!


          リデル夫人登場


夫人     まあキャロル先生ようこそ。お待ちしてましたわ

キャロル   こんにちはリデル夫人。アリスは部屋ですか?

夫人     ええ。さ、どうぞ。
       あ、ピーター。あなたのお父様とお母様からお手紙が届いてますよ
       お部屋の方に置いておきましたからね

ピーター   ありがとう、おば様!じゃ、僕、部屋へ行きます
       それじゃみんな、またね


          3人退場


エイダ    ねえねえロリーナ。キャロル先生に何を頼んだの?

ロリーナ   あのね、この前、ピーターとアリスとキャロル先生でピクニックに
       行ったの
       湖でボートに乗った時、先生がみんなにすごく面白い話をしてくれたのよ

メイベル   へえ?どんなどんな?

ロリーナ   不思議の国の話なの
       時計を持ったうさぎが扉をくぐると、そこは別の世界でね
       おしゃべりをする花やおかしな生き物がいっぱい出てくるの
       笑う猫とか

エリザベス  猫が笑うの?

エイダ    へえ?面白そうじゃない?

ロリーナ   そう。でね、帰り際に私、先生にお願いしたの。
       「私、その国に行ってみたい」って。そうしたら先生が
       「じゃあ君達が不思議の国に行ったお話を作ろう」って

メイベル   えーっ、じゃあロリーナが主人公のお話なの?

エリザベス  わあステキ。いいなぁ

エイダ    自分が主人公のお話なんてステキよねぇ
       「不思議の国のロリーナ」ってわけね

メイベル   ねえ、じゃあ明日絶対その話聞かせてね。約束よ

ロリーナ   いいわ

エリザベス  あ、私そろそろ帰らなくちゃ
       今日、街でお父様にドレスを買ってもらうの

エイダ    あ、創立祭で着るやつね?この前言ってたレースのドレス?

エリザベス  そう♪薄いピンクですごく可愛いのよ!
       ずーっとおねだりして、やっと買ってもらえるの

メイベル   いいなぁ。やっぱりピンクのレース付きドレスって、女の子の
       憧れよねぇ
       エリザベスは色が白いからピンクが似合うわ

エリザベス  あら、メイベルだって似合うわ

メイベル   本当?

エイダ    本当よ

メイベル   エイダは赤かしら?やっぱり

エイダ    ん〜・・・でもやっぱりピンクは憧れるわ
       ロリーナだってそうでしょ?

ロリーナ   ええ・・・・とても

メイベル   じゃ、私達も一緒に帰るわ。ね?エイダ

エイダ    そうね。じゃあまた明日ねロリーナ。アリスによろしく

エリザベス  キャロル先生の話、楽しみにしてるわ

ロリーナ   ええ。それじゃまたね


          3人退場
          エイダ、アリスの花を一輪落として行く
          花を拾うロリーナ
          暫く花を見つめ、やがてそれをちぎって捨てる
          暗転

          サスの中にキャロル


キャロル   それはとても暑い日で・・・ロリーナとアリスは川べりに並んで
       腰を降ろしていました
       ロリーナは本を読んでいて、アリスは一、二度それを覗き込んで

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム