Garden

(ガーデン)
初演日:2001/12 作者:岩本憲嗣
Garden ガーデン



登場人物


♂桜井宏太      (さくらいこうた  水彩画家 28歳)
♀牧野つばき     (まきのつばき   大学生・すみれの妹 20歳)
♂蓮見修司      (はすみしゅうじ  会社員・桜井の親友 28歳)
♀蓮見すみれ     (はすみすみれ   つばきの姉・蓮見の妻 26歳)
♀長野葵       (ながのあおい   ブライダル会社社長 28歳)
♀牧野菊代      (まきのきくよ   すみれとつばきの祖母 78歳)
♂由利太郎      (ゆりたろう    レストラン経営 27歳)
♀由利香澄      (ゆりかすみ    太郎の妻 25歳)
♂今藤義仁      (こんどうよしひと 葵の部下・元極道 38歳)
♂浅賀音次郎     (あさがおとじろう 山吹組構成員 30歳)
♀山吹恭子      (やまぶききょうこ 極道の妻 28歳)
♂梅沢栄一      (うめざわえいいち 恭子のボディーガード 32歳)
♂高津辻夫      (たかつつじお   雑誌記者 25歳)
♀香田桃子      (こうだももこ   すみれの同級生 16歳)


     プロローグ

     舞台に明かりが入る。中央に一人の男が立っている。その周りを大勢の男女が囲っている。全員が手に本を持っている。

桜井   この世には色がある。山も海も木も魚も街もみんな色を持っている。

葵    そしてそれは人間も同じ。

蓮見   肌が白いとか黒いとか黄色いとかじゃなくて。

桜井・葵・蓮見  ぼくらはみんなそれぞれの色を持っているのだ。

全員   ぼくが初めてこの力に気づいたのはまだ幼いときだった。

桜井   その日は幼稚園全体で近くの公園に絵を描きにいった。

由利   黄色いバッグに24色のクレヨンを詰めてウキウキしながら行った。

今藤   公園に着くと先生はこういった。

すみれ  今日はみんなの好きなものを好きな色を使って描いてください。

音次郎  だからぼくは友達の絵を描いた。

桜井   ぼくに見えたままの友達を。

菊代   それはぼくにとって会心の出来だった。

梅沢   でも先生は褒めてくれなかった。

恭子   先生は褒める代わりにこういった。

香澄   宏太くん。先生確かに好きな色を使ってっていったけどこれは………。

全員   ぼくの描いた絵は明らかに周りと違っていた。ぼくの描いた絵の友達は皆赤や黄色の瞳をしていたのだから。

桜井   別にぼくは空想で絵を描いたわけではない。見えたままを描いたのだ。

全員   そのとき初めてぼくは自分が人と違うことに気がついた。自分には力があることに。

桜井   そう、ぼくには人の瞳が様々な色に見えるのだ。もちろん色は人によって違ってる。

葵萌   黄色。

蓮見   ピーコックブルー

すみれ  バイオレット。

由利   シアン。

香澄   露草色。

菊代   ネープスイエロー。

音次郎  ターコイスブルー。

恭子   バーミリオン。

梅沢   マゼンダ。

今藤   浅葱色。

桃子   とき色。

桜井   その色の持つ意味はよくわからない。ただ一つ分かったのは色の濃さによって人の未来がわかってしまうことだ。

桃子   それに気づいたのはそれから3ヶ月後のことだった。

蓮見   絵を描くのが好きだったぼくは敬老の日におばあちゃんの似顔絵を描いてあげた。

すみれ  でも父と母はぼくを叱り付けた。

由利   それも当然だった。ぼくの描いたおばあちゃんの瞳には色がなかったのだから。

香澄   絵の中のおばあちゃんは真っ白な瞳をしていたのだ。

葵    それから一週間もしないうちにおばあちゃんは亡くなった。

桜井   そしてやっとわかった。

全員   自分の持つ力の恐ろしさについて。

今藤   それからの人生は酷く辛いものだった。誰がいつ死ぬのかが手にとるようにわかってしまうのだから。

恭子   父は病気で亡くなった。

梅沢   母は事故で亡くなった。

菊代   もちろん二人が死ぬのもわかってた。

全員   でもぼくには何も出来なかった。いくらいい医者に診せたって、いくら注意を促したって瞳の色は戻りはしなかったのだから。

桜井   その日以来ぼくは悟った。いくら頑張っても変えられない運命があるって。

全員   でもその考えは変わった。

桜井   そう。

全員   彼女に出会うことで。

桜井   ぼくが初めて彼女に会ったのは親友の結婚式だった。

桃子   ぼくはその日の彼女の言葉を忘れない。

すみれ  とても薄い色の瞳で、悲しい声で彼女は言った。

つばき  ……ごめん。

全員   そして、今思えばこの日彼女と出会ったことが全ての始まりだったのだ。

          1場

          桜井の仕事場、そこにスーツ姿の男がやってくる

辻夫   おっはよ〜〜ござーまぁす!!遅刻しちゃって申し訳ありませぇ〜〜ん。実はこれには深〜い理由がありまして。

桜井   理由?

辻夫   はい。実はここに来る途中でおばあさんが倒れてまして…。

桜井   おばあさんが?

辻夫   えぇ。『お腹が痛くて一歩も動けない』っていうものですから、ぼくが代わりにトイレに行ってウンコしてきてあげたんです。はぁ〜〜。いいことした後はキモチいいですね♪スッキリ♪

桜井   そりゃ出すもの出せば気持ちいいでしょうね!!

辻夫   てなわけでどうか許してくれませんか?お願いですっ!!……って申し遅れました。私『週間メトロポリタンウォーカー』の高津辻夫と申します。

桜井   画家の桜井です。

辻夫   うぁ〜〜〜!!それにしても感動だなぁ〜〜。小林真賞受賞画家に取材できるなんて。あ、あの、セ、センセイって呼んでいいですか?

桜井   そんな、ぼくは先生なんて呼ばれるような大した男じゃないですよ。

辻夫   とんでもないです!!センセイは素晴らしいです!!センセイの水彩を見てると心がスッキリするんですよ。ウンコの後みたく。

桜井   嫌な例えをしますね。

辻夫   あ、センセイ、後でサインいただけますか?ぼくセンセイの大ファンなんですよぉ〜。

桜井   そうなんですか?

辻夫   えぇ。センセイにまつわるものだったらなんだって持ってますよ。(ボストンバッグを漁って)画集でしょ。ポストカードでしょ。ポスターでしょ。個展のパンフでしょ。それにこの前出した小説と写真集!!

桜井   え?写真集なんて出した覚えありませんよ。

辻夫   そりゃそうですよ。ぼくが勝手に作ったんですもの。

          辻夫、バッグから写真集を取り出す。そこには水着のお姉ちゃんに桜井の顔がはってある。

桜井   ちょ!!何なんですかコレ!?

辻夫   他にこんなのもありますよ。漫画に、ノンフィクション。

          辻夫、バッグからドラえもん(桜井のアイコラ)とプラトニックセックス(桜井のアイコラ)をとりだす。

辻夫   (プラトニックセックスを取って)あ、それ映画化されましたよね。どうなんですか?今でもTバックとかはいてるんですか?

          辻夫、桜井の尻をさわさわ。

桜井   いや、コレは飯島愛でしょ!!

辻夫   でもセンセイが先日出された小説も感動しましたよ!!あれは僕の人生のバイブルです!!コーランです!!

桜井   有難うございます。

辻夫   で、何てタイトルでしたっけ?

桜井   あなたホントに読んだんですか!?

辻夫   すんまそん。実は読んでません。で、なんてタイトルでしたっけ?

桜井   『Garden』ですよ。

辻夫   そう、それです!!今日はその取材できたんですよ。ベストセラーになってますよね。

桜井   有難うございます。

辻夫   それじゃぁ早速取材を始めますね。いきなり核心を突きますけど。このストーリーが実は実話だってホントですか?

桜井   え!?

辻夫   ………実は実話って別にギャグじゃないですよ。

桜井   んなの分かってますよ!!

辻夫   どうなんですか?

桜井   ……答えられませんよ。こんなの記事にされたくない。

辻夫   大丈夫ですよ。嫌なら記事にはしません。

桜井   は?

辻夫   だから教えてくださいよぉ!!ぼくセンセイのことがもっと知りたいんですぅ!!

桜井   雑誌記者なんて信じられませんよ。

辻夫   そんなっ!ひどい!!ぼくはこんなにセンセイのこと信用してるのに先生は信じてくれないんですね……。ぼく…生きてく自信をなくしました。

           辻夫、バッグからナイフをとり出す。首に突きつける。

桜井   ちょ、ちょっとあなたなにやってるんですか!?

辻夫   大切な人に信用してもらえないなんて辛すぎます。センセイが話してくれないならぼく死にます。

桜井   あーーーーーー!!!!や、やめてくださいよ!話します!話しますから!!

辻夫   ホント?

桜井   ホント。

辻夫   あ〜〜よかった。

          辻夫、ナイフで自分を刺しまくる。ナイフは『引っ込むナイフ』だった。

桜井   あ〜〜〜!!あなた騙しましたね!!

辻夫   騙してません。センセイの愛を試しただけです。

桜井   愛って……。

辻夫   実話なんですか?

桜井   えぇ。そうですよ。

辻夫   やっぱりそうなんですか!?じゃぁそのときのこと詳しく聞かせてくださいよ。

桜井   はぁ。わかりましたよ。

辻夫   確か小説では『彼女』って人がキーになるんですよね?だったらまずはその人との出会いから聞かせてください。

桜井   本にも書いてありますよ。初めて会ったのは画家としてデビューする前です。

辻夫   えぇ。

桜井   そう、ぼくが初めて彼女と会ったのは親友の結婚式。ウェディングベルの聞こえる中だった!!

          辺りにウェディングベルが鳴り響く。
          続いて曲が流れる。
          舞台奥にウェディングドレスを着た女性とタキシードを着た男性が現れる。
          続いて正装をしたキャストが一斉に現れる。
              ♪♪ダンス♪♪
          が、途中でシャンデリアの落ちる音。ダンスが止まる。

桜井   え!?

葵    シャンデリアが!?

香澄   キャーーー!!誰かがシャンデリアの下敷きに!?

桜井   何だって!?

葵    由利君!!病院に連絡を!!今藤!!アンタは下敷きになった人を助けて!!他の人は下がってて!!

          葵、桜井、菊代、蓮見、すみれ、つばき以外はける。

すみれ  そんな、なんで…。

つばき  ………。

すみれ  せっかくの式なのに。

つばき  (小さく)…ごめん。

すみれ  え?

つばき  ごめん。お姉ちゃん。

          つばき小走りに去る。

菊代   つ、つばき!!

          菊代去る。

葵    蓮見君たちも下がってて。ごめん、桜井君はここに残ってて。私、事務所に行って来る。

          葵、蓮見、すみれ去る。

桜井   ……彼女の瞳。

          2場

          レストラン『ユリリンズハウス』桜井が一人立っている。

桜井   お〜〜い由利ぃ!!いないのかぁ〜〜〜!?

          辺りは静寂。無反応。

桜井   誰もいないのかな?………にしても汚いレストランだな。客入ってるのか?

          椅子に座り辺りをみまわす桜井。壁に張り紙を見つける。

桜井   『お客様へ。当店で使用している牛肉は100%ポークです。』……………。

          そこに香澄があらわれる。

香澄   ごめんなさいねーー。タローちゃん買出しに行ってまだ帰ってこないのよ。

桜井   いいんですよ。買出しだって仕事のうちなんでしょ?

香澄   まぁそうなんだけど。タローちゃんまともに買い物してきた覚えがないのよね。

桜井   あぁ。牛肉と豚肉間違って買ってくるとか……。

香澄   いや、それくらいならいいんだけど…。

桜井   え?

          そこに由利がやってくる。

由利   ただいま〜〜。ごめんカスミたん。マカロニ買ってくるつもりが間違って『マロニーちゃん』買って来ちゃった。

香澄   タローちゃん!!

由利   ……怒ってる?

香澄   んもう。カワイイんだから。そんなタローちゃんが大好きだぞ!!

由利   ぼくだってカスミたん大好きだぞ!!

          二人、お互いをツンツンしあう。

桜井   こら!!人前でツンツンするな!!

由利   あ、桜井君。いたの?そういうわけで今日のディナーはマカロニグラタン改めマロニーグラタンになりました。

香澄   大丈夫よ。このひと何食べてもわからなそうだもの。

由利   うん。そうだね。

桜井   本人の前で言うなよ!!

          葵がやってくる。

葵    こんばんわー。あれ?まだコレだけしか集まってないの?

桜井   あ、委員長。一体何なんだよ?今日はこんなとこにみんなを集めて。

葵    ふふふふふふ。それは後でのお楽しみ。

         蓮見がやってくる。

蓮見   よう!!久しぶり!!そうそう。みんなのために白ワイン買ったんだけどな。

由利   あ、蓮見君気がきくね!!

蓮見   間違って『お酢』買っちまった。ビックリしたよ。よく見ると『ミツカン』って書いてあるんだもの。

桜井   ったく。どうして文実は馬鹿ばっかりなんだよ。

蓮見   馬鹿とはなんだ。それが親友に対する口の聞き方か?

桜井   親友だから包み隠さず言ってやってるんだよ。

葵    ほら、二人とももう高校生じゃないんだから喧嘩しない。

香澄   ところで奥さんは?今日呼んでるのよね?

由利   うん。ねぇ?委員長?

蓮見   じきに来るんじゃないか?

由利   一緒じゃなかったんだ?

蓮見   あぁ。おれは会社から直に来たからな。

由利   でも久しぶりだなぁ。こうやってみんなで集まるのって。

蓮見   俺の結婚式以来じゃないのか?その節はど〜〜も。

香澄   ねぇ〜。ビックリしちゃったわよ。いきなりシャンデリアが落ちてくるんだもの。

蓮見   まったくだよ。ろくでもない式場選んじまったよ。

桜井   この前は委員長のところじゃなかったんだよな?

蓮見   あぁ。上司の紹介のブライダル会社に頼んだ。

葵    ウチの会社に言ってくれればあんな危なっかしい式場用意しないのに。

蓮見   まったくだよ。こんなことなら委員長のトコに頼むんだった。

桜井   にしても委員長はすごいよな。このまえ会社起こしたと思ったら今や年商30億の社長だろ?それに引き換えぼくなんて描きたくもないレプリカ描いて生計立ててるへっぽこ画家だもの。

香澄   ねぇタローちゃん。なんでみんな葵さんのこと『いいんちょ〜』って呼ぶの?

蓮見   いや、だって委員長だものな?

香澄   え?

由利   ホラ、話したじゃないか。ぼくらはみんな吉祥寺北高校文化祭実行委員会の仲間だったんだよ。

葵    これからくる蓮見君の奥さんもね。

桜井   まったく。後輩を食うなんて。

蓮見   人聞きの悪い事言うなよ。俺のところは純愛だ。

葵    付き合い始めたのは高校出た後でしょ?ってことは10年も付き合ってたんだ。

桜井   そうか。高校出てもうそんなになるんだ。

香澄   いいなぁ〜〜。タローちゃんは卒業して10年も経つのにこんなに仲のいい友達がいて。

蓮見   ……10年か。桃ちゃんがいなくなってもうそんなになるんだ。

桜井   …そうか。高3の冬だったもんな。

葵    今度みんなでお墓参りでもしようね。

蓮見   あぁ。

          すみれ、菊代、つばきがやってくる。

すみれ  遅れてごめんなさい。みんな待ちましたよね?

つばき  こんばんは。

菊代   有難いねぇ。こんな婆さんまで呼んでもらって。

蓮見   あれ!?菊代さんとつばきちゃんまで?

葵    私が呼んだのよ。

すみれ  そうだ、みなさんに紹介しますね。うちの祖母の菊代と妹のつばきです。

菊代   その節はご迷惑おかけしました。

由利   とんでもないですよ。

蓮見   ちょ、ちょっと委員長。一体何をたくらんでやがるんだ?菊代さんとつばきちゃんまで呼ぶなんてただの集まりじゃないだろ。

葵    ふふふふふふ。ま、とりあえず乾杯でもしましょうよ。

桜井   でもミツカンお酢しかないんじゃないの?

由利   ご安心。これでもウチはレストランだよ。お酒くらい腐るほど置いてあるよ。カスミたん手伝って♪

香澄   うん♪タローちゃんのお願いだったらなんだって聞いちゃうぞ!!

由利   もう。カスミたんは優しいなぁ。

          二人、ツンツンしあう。

桜井   ツンツンはいいから酒もってこいよ!!

由利   あ〜怖い怖い。

          二人はける。

菊代   くぁ〜〜。すみれの友達は変わった方が多いんだねぇ。

蓮見   菊代さん。あいつらは特別です。俺は違いますよ。

葵    つばきちゃんはまだ学生でしょ?お姉さんみたいにプレイボーイの先輩に捕まらないようにね。

蓮見   な!

菊代   なんだい。修司さんはプレイボーイだったんかい?

すみれ  えぇ。高校のときは毎週のように浮いた話がでてたものね。

桜井   で、ついたあだ名が『週間プレイボーイ』

蓮見   ばか!そんなの全部デタラメに決まってるだろ。俺が好きなのは今も昔も一人だけだ。

葵    おぉっ!!

桜井   こっちもこちでバカップルだな。

          由利夫婦が帰ってくる。

由利   お酒持ってきたよ。ワインでいいよね?

香澄   あーーーー!!!タローちゃん。グラス持ってくるの忘れちゃった。

由利   えーー!!もう。ぼくばっかり見つめてるからだぞ。

香澄   だぁってぇぇぇぇ。

葵    あぁ。だったらもう乾杯はいいわ。本題に移りましょう。

桜井   そうそう。なんなの今日集めた理由は。

葵    すみれちゃんたちさ……年末空いてる?

すみれ  え?えぇ。特に予定は。ねぇ?

蓮見   あぁ。

菊代   でも何でだい?

葵    よかった。だったら決まりね。

蓮見   決まりって何がだよ?

葵    もう一度結婚式をやり直すのよ。キチキタ文実委員のみんなの力を借りて。

蓮見   うぇ!?

つばき  !?

葵    ほら、あんなかんじで結婚式がつぶれちゃったら収まりが悪いでしょ?だから、場所なりなんなりはウチで確保するからもう一度やり直すのよ。

由利   そりゃいいや!!ぼくは賛成だな。式の料理だったらいくらでも作るよ!!

葵    どう?

つばき  で、でもそれってお金とかかかるんじゃないんですか?

桜井   それは大丈夫だろ?この前の事故で賠償金たんまりもらったんだろ?

蓮見   それが、その金は全部車のローンに注ぎこんじまった。だから正直なところ金はない。

葵    お金のことなら安心して。ほら、うちの会社の入ってるビルあるじゃない。

桜井   お台場にある馬鹿デカイやつだろ?日本一高い空中庭園があるっていう。

由利   『ガーデンタワー』だっけ?

葵    そう。建てたのはいいんだけど不景気でテナントが全然入らないのよ。だからうちのオフィスの上の階にあるレセプションホールが格安で借りられるのよ。

蓮見   しかし。

葵    大丈夫よ。うちの社員はほぼタダ働きさせるから。シェフだっているんだし。

菊代   せっかくだ。開いていただいたらどうだい?

つばき  ちょっとおばあちゃん。そんなの悪いって!!

蓮見   …………そうだな。ここは委員長にお願いするかな。

すみれ  そうね。

つばき  蓮見さん!お姉ちゃん!?

葵    よ〜〜し!!そうと決まったら早速これから打ち合わせよ。え〜〜と日程は……クリスマスイヴなんてどう?ジングルベルを聞きながらウェディングベル!!

由利   お!いいね!!さ、打ち合わせするならこんなとこより奥の部屋でしようよ!さぁみんなこっち。

菊代   なんだか面白くなってきたねぇ。

つばき  ちょ、おばあちゃん。

          桜井、つばき以外はける。

つばき  ………。

桜井   ん?どうしたのつばきちゃん?

つばき  え?いや、なんでもないです。

桜井   さ、ぼくらも行こう。

          二人はける。

          3場

          『キチキタブライダル』オフィス。やくざ風の男がやってくる。
          手には電話の子機を持っている。見つめている。

今藤   15時55分。クライアントの野郎からの電話はもうすぐだな。

          TELが鳴る。

今藤   お、来やがったな。オウ!!テメェ!!こちらキチキタブライダルだ!!ガタガタいいから早く用件を話しやがれ!!アンだとこんにゃろう!!ウェディングドレスとブーケの色を合わせて欲しいだぁ!!上等だ合わせてやろうじゃねぇか!!ドレスもブーケも可愛いキラキラピンクにしてやるよ!!他に用事はねぇのか!!……って、おい!!切るなぁ!!!!!!

          切れた電話を見つめる今藤。そこに葵が現れる。

葵    こら今藤!!あんたなんちゅう電話応対してんのよ。ここは組事務所じゃないのよ!!

今藤   あ、姐さんすみません。つい以前の癖で。

葵    だれが姐さんよ!社長って呼びなさい社長って。ったく。せっかくカタギになったアンタを拾ってやったんだからちゃんと仕事しなさいね。

今藤   すみません。男今藤、失態は小指で償います!!

葵    償いたくってもないんじゃないの。

今藤   あーーー!!!本当だぁっ!!俺の小指ちゃんがっ!!

葵    ったく。いい?アンタはまず電話の応対から覚えなさい。笑顔でハイハイ言ってりゃいいのよ。じゃ、私は上のホール行って来るから。

今藤   いってらっしゃいませ。

          葵去る。

今藤   笑顔……か。

          今藤笑顔。だがヒジョーーーにギコチない。そこにチンピラがやってくる。

音次郎  おやび〜〜〜ん。合いたかったでやんすぅ〜〜。

今藤   ん?なんだオトジじゃねぇか。また邪魔しに来たのか?

音次郎  おやびん。あっしはもう嫌でやんす。おやびんって言えるのはおやびんだけでやんす。

          オトジ、今藤の上着で涙と鼻水を拭く。

今藤   こら!!てめぇ何しやがる。なんだ?また組でなんかあったのか?

音次郎  もう毎日でやんすよ。新しいおやびんはなんかあるたびにあっしのこと蹴り倒すし、組全体に悪〜〜い雰囲気が流れてるし。

今藤   そりゃヤクザの集まりだからな。

音次郎  そうじゃなくて、おやびんがいた頃とは違くなっちゃったんでやんす。ねぇおやびん戻ってきて欲しいでやんす。

今藤   そりゃ無理だ。おれはあそこには戻らない。

音次郎  そんなぁ〜。そもそもなんでおやびんは組やめちまったんでやんすか?

今藤   山吹組は変わっちまった。あの姐さんのやってることは極道じゃねえ。道を極めちゃいねえ。

音次郎  だからっておやびんみたいな幹部が…。

今藤   オトジ!おまえ何で極道になった?

音次郎  え?そりゃ手っ取り早くオマンマにありつけるから……おやびんは?

今藤   俺は憧れてたからだ。

音次郎  『仁義なき戦い』とか『極妻』とかに?

今藤   違う。金魚売の兄ちゃんだ。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム