源と源〜鎌倉幕府悲劇〜
健人(男)...歴史が苦手。
源頼朝(女)...ツッコミ気質。
源義経(女)...姉想い。

健人「日本の歴史って訳分かんねーよ…似たような名前ばっかだしよ…ほら、源頼朝と源義経。頼朝は征夷大将軍になって…」
源頼朝「私が幕府を開くのなら何も仕事をしないで穏やかに過ごしたい!」
健人「何も仕事しなくって…」
源義経「お姉様!」
健人「妹と戦うんだっけ。」
源義経「お姉様!どうか私を殺さないで!」
源頼朝「…何言ってんの?殺さないわよ。」
源義経「本当ですか!?」
源頼朝「殺す意味がないもの。殺生はやめましょ。ほら気抜いて。」
健人「で、幕府を建てたんだけど…」
源頼朝「仕事?幕府の仕事…思いつかないや。」
源義経「お姉様!ちゃんとして下さい!幕府は民を守る為にあるんじゃないんですか!?」
源頼朝「そんなの、景時や重衡に任せておけば十分でしょ。」
源義経「全く…」
健人「で、最後は…」
源頼朝「お前を殺す!」
源義経「いきなり!?」
健人「で、頼朝が1番になった、と…」
源頼朝「ってちょっと!?」
健人「?はい?」
源頼朝「おかしすぎるでしょ!?」
健人「え?あってなかった?」
源義経「違い過ぎる!」
健人「どこから違った?」
源頼朝「最初から!」
健人「じゃあ…幕府を作った頼朝は妹を殺そうとした。」
源頼朝「我が妹よ。成敗!」
源義経「お姉様…私は、もう…」
健人「殺生は嫌いな為、チャンバラで勝負をつけた。」
源頼朝「はい!?」
源義経「それがいい!お姉様、いざ勝負!」
源頼朝「どっから木刀出したの!?ってか危ない!」
源義経「避けないで早く殺られて下さいよ。」
源頼朝「どう考えても避けるでしょ!」
源義経「武士たるもの。避けてはいけません!」
源頼朝「いつから武士設定!?最初はやる気なかった役だったんでしょ!?」
源義経「作者が性格を忘れたんですよ。」
源頼朝「メタ発言!?」
健人「で、勝負に負けた義経は…」
源頼朝「私何もしないで終了!?」
健人「自殺した。」
源頼朝「急過ぎ!!」
健人「で、妹の義経は蘇った。」
源義経「お姉様!」
源頼朝「まだ生きてる!?」
源義経「いや、死んでます。」
源頼朝「ややこしいな…」
健人「義経は頼朝に勝負を挑む。」
源義経「お姉様!私と勝負して下さい!」
源頼朝「また木刀出しそうで怖いな…」
健人「で、頼朝負ける。」
源頼朝「はぁ!?」
健人「最後はなんやかんやあって、1333年に鎌倉幕府が滅びる。」
源頼朝「そこだけあってる!ちょっとあんた!」
健人「?はい?」
源頼朝「実際と起こった事全然違うわよ。まず性別から!」
1/3

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム