エバーエンディングストーリー
果てしかない物語
初演日:2020/8
作者:川村武郎
作者へ連絡
初演会場
人間座スタジオ
初演劇団
かんから館
キャスト総数
6(男:2 女:4 その他:-)
上演時間
85分
あらすじ
葬儀のテーマパーク「エバーエンディングストーリージャパン(ESJ)」。
新型コロナ感染症のためにオープンできないまま5ヶ月が過ぎた。
その会場で、ある男が、自作自演のセルフプロデュースで葬儀のシミュレーションを行っている。
そこに登場(参列?)する男の母と妹と恋人役のアルバイトの女性。

話はやがて、コロナ下における葬儀のあり方、死のあり方、人間のあり方の話、問題に展開して行く。

「熱海殺人事件」(つかこうへい)のパロディの劇中劇があります。
途中、感染症対策のための10分間の換気休憩が2回あります。
著作権使用料
はりこのトラの穴の規定に準ずる
追記
(上演パンフレット より)
ここ10年ほど自分の書いた台本を見ていると、とにかく「死」を扱ったものが多いのに驚く。まあ、自分で驚いていても仕方ないのだが、いろんな意味で死が近づいているんだなあと、これまた自分で感慨にふける。
 死が近づくといっても、いろんな近づき方があるわけで、もちろん、トシを取ったから「死にかけている」という状況があることは間違いないのだが、どちらかと言うとそれは10年ぐらい前によく考えていたことであって、変な言い方になるけど、最近は、文字通り、距離が近くなった感じで、それに伴って、以前より死に興味が出て来たというか、おもしろくなって来た。
 別に宗教的に悟りに近づいたわけでも、死を恐れなくなったわけでもないのだが、10年程前に「ほんとに死ぬんだよなあ」と思い出して以来、死にリアリティーが出て来たというか、わりと等身大で見られるようになった気がする。世の中には「死のタブー」というのがあって、若い頃はなかなか直視できなくて、、時に過大に、あるいは時に過小にデフォルメなどして死を把握しようとしていたのだが、近頃は、恐いなら恐いなりに、どんな風に恐いのか、ちょっと観察してみようという、そんなゆとりというか、開き直りがあるのかもしれない。で、ちょっと離れた所からじーっと見てみる。すると、これがおもしろい。死にもいろんな表情とかコントラストとかあるみたいで、見る角度によって、かなり見え方が違うのだ。ということで、今回は、コロナという珍しい立ち位置を手に入れたので、そちらの方から眺めてみた次第です。
その他
上演ビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=Q2VzobweaqY&t=1234s
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(0)
 
感動巨編(0)
 
お笑い(60)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(0)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(0)
 
シリアス(40)
(2022/11/22 07:05:52現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム