冬の星を結んで

(ふゆのほしをむすんで)
初演日:2018/2 作者:いざきた鈴
初演会場長野市芸術館 アクトスペース
初演劇団演劇集団ココロワ
キャスト総数5(男:1 女:4 その他:-)
上演時間90分
あらすじ 作家である、一ノ瀬ひな。なかなか新作が進まず、困っていた所、編集者の高坂に連れられ、病院までやってきた。そこで再会したのが、ずっと音信不通だった友人の優月。懐かしい再会に喜ぶも、優月から自分の物語を書いて欲しいとお願いをされる。病気と闘う優月、そして、それを支える姉や医療関係者。星が人と人を繋ぐ、友情ストーリー。
著作権使用料 はりこのトラの穴の規定に準ずる
その他 最後のシーンは、独自に考えて頂いて構いません。優月の生死については、描かれていませんが、そこも、受け取り方で変わると思いますので、どちらで表現して頂いてもかまいません。
ジャンル(:自己申告)
ラブストーリー (0)
感動巨編 111111111111111 (30)
お笑い (0)
ミュージカル (0)
サスペンス (0)
青春もの (0)
時代劇 (0)
SF (0)
ファンタジー (0)
シリアス 99999999999999999999999999999999999 (70)
(2020/8/1 08:24:25現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム