Zeit

(ツァイト)
初演日:0/0 作者:森 くうひ


              Zeit
            ――ツァイト――

     ++++++++++++++++++++++++

           フランツ
           ルイーゼ

           ティエス
           シュテファン

           『エリンネルング』

           レニ

     ++++++++++++++++++++++++



時計塔が時を打つ音。
舞台では『エリンネルング』が、誰かを待っている。

声  お疲れさまー
声  お疲れ様です。また明日
フランツ  お疲れ様

事務所から出てくるフランツ。彼を見送る『エリンネルング』。

シュテファン  ヘル・リーフェンシュタール!
フランツ  やあ…君かシュテファン。
シュテファン  今、お帰りですか?
フランツ  ああ
シュテファン  寒いですねー。あっという間に真冬の天気ですね
フランツ  そうだな。もう暫くすれば雪が降るかも知れん。
シュテファン  はやいもんだなぁ、僕がこの町に引っ越してきたのは夏だったのに
フランツ  そういえば、君もいつの間にかうちの事務所にすっかり馴染んだな
シュテファン  お蔭様で。僕、この町気に入ってるんですよ。市役所の庁舎の上に時計塔があるでしょう? 
        最初に来たときにあれを見て。ああ、ここは好きになれそうだなぁって思ったんです。だから…
フランツ  だから?
シュテファン  いえ、何でもありません
フランツ  そうか……
シュテファン  ヘル・リーフェンシュタール?
フランツ  あ、済まない。そうだな、あの時計塔は私の家からも見える。
      あれを見ながら暮らして、もう何十年だな。
      私は子供の頃からこの町にいたから
シュテファン  へえー、そんなにですか? いいですねぇ
フランツ  羨ましいかな?
シュテファン  羨ましいですよ。僕なんか生まれ故郷は工場地帯ですもん
フランツ  そうか。だが、そりゃあ確かに楽しい事もあったけど、この街には良い思い出
      ばかりというわけでもない。贅沢を言うつもりはないよ。その全てが詰まって
      いるのが、私にとってのこの街、かな
シュテファン  カッコいいですねぇ
フランツ  笑うなよ
シュテファン  本当ですよー。あ、僕こっちですんで――じゃ、お疲れ様です。
      さようなら! また明日
フランツ  ああ、またな

家に向かって歩き出すフランツ。


*  *  *  *  *  *  *


今は過去となった、いつかの冬の光景。
真っ白な景色に空から舞い降りる雪。幼い子供と、母親の声。

レニ  お母さん! 雪だよ。
ルイーゼ  あら、本当。この冬初めての雪ね
レニ  初めての雪って大好き。綺麗。
ルイーゼ  雪なら冬の間中、降るじゃない
レニ  初めての雪は違うよ
ルイーゼ  冬が好きな子なんて、珍しいわねぇ。レニは冬生まれだからかしら
レニ  そうだよ。お母さん知らなかったの?
ルイーゼ  まあ、それは失礼しました。
レニ  あたし、お父さん迎えに行って来る
ルイーゼ  大丈夫?
レニ  大丈夫!
ルイーゼ  あ、じゃあちょっと待ちなさい。コートを着て行かなきゃ
レニ   えー?
ルイーゼ  「えー」じゃないの。凍えて凍り付いちゃったらどうするの。(レニにコートを着せる)
      はい、これでいいわよ
レニ  行ってきまーす
ルイーゼ  はい、いってらっしゃい


*  *  *  *  *  *  *


フランツの自宅。ルイーゼが一人、フランツの帰りを待っている。
部屋の隅に『エリンネルング』。しかし彼女の姿は、ルイーゼには見えていないようである。

フランツ  ただいま
ルイーゼ  あ、お帰りなさい

フランツが部屋に入ってくる。

フランツ  今そこで、シュテファンに会ったよ
ルイーゼ  そうですか…あの人、何処に住んでるの?
フランツ  さあ…。あれ、そういえばこの前訊いたような気がする
ルイーゼ  どちらですって?
フランツ  何ていってたかな。そうだ、……はぐらかされたんだ
ルイーゼ  どうして?
フランツ  分からんよ、私には
ルイーゼ  寒かったでしょ。もうすっかり冬ね
フランツ  ああ。早いものだな、あの冬にレニが逝ってしまって九年…いや、十年か。
ルイーゼ  もう、いいでしょう。あの子の話は
フランツ  …
ルイーゼ  晩御飯にしましょうか

夕食の仕度を始めるルイーゼ。部屋の隅には『エリンネルング』が、二人を見ている。
と、家の外に誰かがいる気配に気づくフランツ。

フランツ  …?
ルイーゼ  どうかしたの?
フランツ  いや、玄関の外に誰かがいるような気がして
ルイーゼ  玄関の外?

扉を開けるフランツ。
そこには、風邪気味らしく時折咳をしている少女が座っていた。

フランツ  何してるんだ? そんな所で
ティエス  …あ。
      こんばんは。わたしね、あの…おじさんとおばさんに会いに来たの
フランツ  何か用かな、お嬢さん
ティエス  うーん、そういうわけじゃなくてね、えっと
ルイーゼ  フランツ、どうかしたの?
フランツ  女の子がいるんだ、玄関の外に――ほら、とりあえず中に入りなさい。外は寒いから
ティエス  うん

フランツ、少女を家の中に招き入れる。

ルイーゼ  女の子って……あら、この子
フランツ  知ってるのか?
ルイーゼ  知ってるってわけじゃないんだけど。一昨日あたりからこの辺を歩き回ってた子だわ、多分
フランツ  歩き回ってた?
ルイーゼ  ええ。(少女に)あなた、名前は何ていうの?
ティエス  『ティエス』だよ
フランツ  ティエス? 変わった名前だな
ルイーゼ  お父さんやお母さんは?
ティエス  ――いないよ

顔を見合わせるフランツとルイーゼ。

ルイーゼ  そう…じゃあ、何処に住んでるの?
フランツ  そうだ。私でよければ、送っていくよ
ティエス  (窓の外を指差す)あそこ!
フランツ・ルイーゼ  …え?
ティエス  あの、窓から見える一番大きい建物の、てっぺんのとこ
フランツ・ルイーゼ  あれ?
ティエス  うん。
フランツ  一番大きい建物って…市役所の庁舎だよ
ティエス  うん。
ルイーゼ  あのてっぺんは時計塔よ? あんなところに人は住んでいないわ
ティエス  でも、あそこなの
フランツ  どういうことだ?
ルイーゼ  さあ…
ティエス  だからすぐ帰れるから、大丈夫
フランツ  そういう問題じゃ…

相変わらず咳をしているティエス。

ルイーゼ  困ったわね。ねえ、あなた風邪をひいてるんじゃない? もしかして、寒い中に
      こんな格好でずうっといたの?
      (ティエスの額に手を当てて)少し熱があるかもしれないわね
フランツ  どうする?
ルイーゼ  さあ…。でも、帰るあてがはっきりしないなら、寒空のした放り出すわけにはいかないわ
フランツ  (ティエスに)君は、どうしたいんだい?
ティエス  わたしはおじさんとおばさんに会いに来たんだよ
フランツ  近くに住んでいるなら、また明日おいて。待ってるよ。
      だから、今日はお帰り。住んでるところに――
ルイーゼ  市庁舎に?
フランツ  …この時間じゃ門が閉まってるな
ルイーゼ  …ええ

二人、顔を見合わせて。

フランツ  仕方ないな…
ルイーゼ  ほら、いらっしゃい、風邪ひきさん。あったかくして今晩は休みなさい
ティエス  大丈夫だよー
ルイーゼ  大丈夫じゃないでしょう。今、ベッドを用意するから
ティエス  うん

ルイーゼ、ティエスを連れて家の奥へと消える。

フランツ  この家で小さな女の子の声を聞くなんて…
   文字通り、あの冬以来だな


*  *  *  *  *  *  *


時計塔の内部。歯車、風の音が聞こえる。
翼が空を切る音。黒い羽根が舞う。
シュテファンが現れ、羽織っていた黒いコートを脱ぐ。

シュテファン  まったく、あいつ…帰ってきてみればいないし、待てど暮らせど
        帰ってこないしで探しに行ってみれば、何て事をしてるんだ。いい加減
        諦めて早く帰って来いっての。危険なことは止めろよ…。
        そりゃあ、俺だって、あの二人を見てりゃね。お前の気持ちも分からなくはないけどさ。
        ティエス…俺達は、あの二人とは違う世界にいるんだよ


*  *  *  *  *  *  *


鎮魂歌を奏でるオルガンの音。
喪服姿でうつむく夫婦。
一つの墓標。

ルイーゼ  ごめんね、レニ
フランツ  …
ルイーゼ  何にもしてあげられなくてごめんなさい
フランツ  君はいい母親だったさ
ルイーゼ  でも、もっとこの世界を見せてあげたかった
フランツ  そうだね
ルイーゼ  早すぎるわ
フランツ  …
ルイーゼ  人生を終えるのには早すぎる
フランツ  その通りだ
ルイーゼ  私達、どうすればいいの?
フランツ  生きていく。それしかないよ。あの子の命を尊いと思うなら、僕らは
      自分達の人生をちゃんと生きていかなきゃいけないんだろう
ルイーゼ  自信ないわ
フランツ  僕だって同じだ。悔しいよ。ずっと一緒にいられるものと思ってた。
      まるで、それが当たり前のように。でも…それが幸せというものだったんだね。
      ようやく分かった。
ルイーゼ  レニ…ごめんなさい


*  *  *  *  *  *  *



翌朝。

ティエス  おはよう、おじさん!
フランツ  やあ、おはよう。風邪はもういいのかい
ティエス  うんっ
フランツ  (ティエスの額に手を当てて)大丈夫そうだな
ティエス  だから大丈夫だって言ってるでしょ
ルイーゼ  本当にもう、ちっともじっとしてないんだから。さあ、朝ごはんにしましょ
ティエス  はーい

食卓につく三人。


面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム