フィンランド

()
初演日:0/0 作者:ひよこ大福

フィンランド

登場人物

臼井詩音:高校一年生。帰宅部。後輩。
伊藤冬子:高校三年生。文芸部 先輩。

【●詩音の感情的なシーンが後半、非常に多いです。
  必ずしも台本に忠実である必要はありません。
  泣きのタイミング、表現は各々自由にお願いします】

●詩音にスポット。自己紹介からはじまる。セリフ終わり徐々にフェードアウト。

詩音 はい!自己紹介します!今年から写真部に入部することになりました2年2組、臼井詩音です!
   名前で呼ばれるのはしっくりこなくて苦手なので臼井さんって呼んでもらえると嬉しいです!えっと……
   クリスマスにカメラをもらって、思い切って写真を始めて見ることにしました!
   1年遅れての入部になりますが仲良くしてください!……え!え?あ、去年の二学期!?あ〜〜、その話はちょっと。
   え!?……あ〜!わかりました。わかりました!わかりましたけど言いません!!
   代わりに『しぃ(一人称)』が今から面白いこと言うのでそれでみんな笑ったら勘弁してください!
   い、行きますよ〜〜〜!!


●1人部屋キッチン有り(風呂は共有)(簡易礼拝堂のような内装)
 ベッドは1台、冬子が執筆用に使う作業用のデスク。小さな本棚はあるが収まり切らないほどの本がある。
 (宗教関連の書籍、教科書、冬子の自著(同人誌、部活で発行した季刊誌などなど))
 テレビはない。学校指定の鞄が二つある(冬子と詩音の分)

●冬子がココアを作っている。
●詩音はぼんやりと小さな机の前で座り込んでいる。

冬子 ねぇ子羊さん。……子羊さん?
詩音 ……えっ?私ですか?
冬子 そう。貴女を呼んだの。ココアは飲める?子羊さん。
詩音 あ、飲めます……あの、羊って……?
冬子 ほら。あなた、教会に飛び込んできたでしょう?こんな所、夜更けに迷い込むのは子羊と決まっているもの。
   わんわん泣いて迷い込んでくる子羊は……ふふ、初めてだったけど。
詩音 す、すいません。私、なにも考えてなくて……ご迷惑をおかけして。
冬子 いいの。私、教会の戸締り忘れてたから。
   子羊さんの泣き声に気付かなかったら明日には吊し上げられていたかも。
詩音 ……臼井。
冬子 ?
詩音 私の名前。臼井詩音です。……高校1年生。
冬子 そう。臼井詩音さん。綺麗な名前ね。

●ココアを2つ持ってくる。

冬子 どうぞ。
詩音 ありがとうございます。……(温かいココアを飲む)
冬子 ねぇ、詩音さん。あ、詩音さんって、呼んでいい?
詩音 あの……ごめんなさい。名前で呼ばれるの、苦手で。
冬子 そう。なら臼井さん。……私の事は知っている?
詩音 ……知ってます。伊藤先輩、学校じゃ有名だから。
冬子 そうなんだ。どんな風に?
詩音 秋にすごい賞を取って、小説家デビューした3年生の先輩がいる。って……
冬子 それから?
詩音 ……執筆を理由に授業を殆どサボっていて、成績も良くないし、不良だって。
   友達がいなくて、気難しくて、人に冷たくて、あと……
冬子 親が怪しい新興宗教の教祖様。……とか?
詩音 はい。
冬子 正直ね。まぁ半分当たり、半分ハズレかしら。
   賞を獲ったのは本当。デビューは……出版の人には卒業後、本格的にって言われてるけど保留中。
   友達は、今はいないかな。成績が悪いのも、まぁ本当。親が宗教家なのは……お察しでしょう?……あれ、全部本当だねこれ。
詩音 あ、えっと。……でも。
冬子 ?
詩音 でも伊藤先輩が気難しくて冷たい人だっていうのは、嘘だってわかりました。
冬子 どうして?
詩音 だって……(言い淀みココアを飲む)
冬子 美味しい?
詩音 はい……暖かいです。
冬子 ……家を飛び出して、アテはあったの?
詩音 ネットカフェとか。
冬子 夜中にネットカフェなんて未成年の女の子一人じゃ入れません。
詩音 えっ……そうなんですか?
冬子 (ちいさく笑う)ねぇ、やっぱり名前で呼んでいい?詩音さん。
   ……あなたと仲良くなりたいの。ダメかな?
詩音 ……(少し悩んで首を横に振る)
冬子 ありがとう。……詩音さん、私の名前は知ってる?
詩音 すいません。3年生の伊藤先輩……としか。
冬子 ……とうこ。私の名前、冬の子って書いて冬子って読むの。
詩音 冬子、先輩。
冬子 ……ねぇ、詩音さん。今日はうちに泊めてあげる。明日も泊まっていいわ。
   けどね、教会でも言ったけど私のお願いを一つ聞いてほしいの。
詩音 ……なんですか?
冬子 私、文芸部に入っていて、年に4度、季刊誌を発表してるんだけど読んだことはある?
詩音 ……知らないです。
冬子 そっか。……まぁ、それでね。私、来年卒業だから、今年発表するお話が高校最後の作品になるんだけど、
   それが全然書けてないの。だからね、あなたの事を教えてくれないかしら。
詩音 ……あの、話の意味がよく
冬子 今書いてるお話の主人公、女の子なんだけど私から駆け離れていてイメージができないの。何を書いても嘘臭くて、薄っぺらい。
   ……私以外の、出来たら歳の近い女の子、出来たら違った生活している高校生の子に話を聞いてみたかったの。   
詩音 私なんかに聞いても……面白くないです。
冬子 いいの。私じゃないことに価値があるから。
詩音 価値なんて、私にはない……
冬子 今それを決めるのはあなたじゃない。
詩音 でも……(自信がなさそうに)
冬子 ……詩音さん、フィンランドって行ったことある?
詩音 え?
冬子 フィンランド。知らない?
詩音 ……海外は行ったことないです。
冬子 じゃあどんな所か。って言われたら想像できる?
詩音 ……出来ません。
冬子 そうよね。だって知らないもの、知らない事は想像できない。私も同じ。
   想像できないことは書けないから、だから知る必要があるの。
詩音 自分以外の高校生の事をですか? 
冬子 いいえ、あなたの事を。
詩音 …………
冬子 今日はもう寝よっか。疲れたでしょう、詩音さん。
   ベッド、使っていいよ。私は少し書きたいから。……パジャマ、貸してあげる。
詩音 あの、伊藤先輩。
冬子 とうこ。
詩音 冬子、先輩。
冬子 ……(薄く笑いながら準備をする)
詩音 (準備している冬子を待ちながら)……フィンランドって
冬子 ん?
詩音 フィンランドって、どんな国なんですか?
冬子 そうね。……世界で1番幸せな国。かな?
詩音 しあわせ……?
冬子 住民の幸福度がすごく高いんだって。いい国なんでしょうね。……はい、これ(寝巻きを渡す)
詩音 わ、あ……
冬子 少しの間だけど、よろしくね。臼井詩音さん。

●暗転。時間経過、翌朝7:00。冬子は完徹、日課のお祈りをしている。
●詩音がベッドから起きると冬子が朝のお祈りをしている。

詩音 先輩?
冬子 …………
詩音 冬子先輩。
冬子 あぁ。ごめんなさい、起しちゃったかしら。
詩音 大丈夫です……おはようございます。
冬子 (一瞬ポカンとして)……うん、おはよう。
詩音 何してるんですか?
冬子 お祈り。……あぁ、珍しいよね。ほら、詩音さん。こっち来てみて。
詩音 ……?

●詩音がベッドから降り、窓から外を眺める。大量の信者らしき人間が教会へ向かう様子。

冬子 ほら。
詩音 うわぁ……あれって
冬子 もうすぐ降誕祭だから。この時期は、色んな人達が礼拝堂に集まって賛美歌の練習をするの。
   この寮に住んでる職員とか、信者とか……まぁ、いい目覚ましよね。
詩音 ……降誕祭って?
冬子 神様の誕生をお祝いする日。下らない催し事。
詩音 ……神様。
冬子 (欠伸)少し寝ようかなぁ。……結局徹夜しちゃった。
詩音 え。……えぇ!?ずっと書いてたんですか!?……もしかして私がベッド借りちゃったから、
冬子 気にしないで。締切、来週なの。終業式までに見本誌作ってチェック回さないといけないから……(ちいさく溜息)
   頑張って間に合わせないと。
詩音 クリスマス……ですよね。その日。
冬子 そう。降誕祭も被っててもう最悪……(欠伸)ごめん、少し寝るね。

●冬子がベッドに潜り込む。

冬子 ん〜、まだ暖かい……落ち着く(眠そうに)あ……詩音さん、部屋の外には出ないでね。
   あるものは好きに使っていいから。あと……暇なら本とかも読んで……
詩音 え、学校は……?
冬子 いいの……期末テストも終わったし。……サボる。
詩音 ……不良ですね。
冬子 (ちいさく笑う)家出少女に言われちゃった。
詩音 あっ、先輩。
冬子 ?
詩音 その、おやすみなさい。昨日、寝る前に言えなかったから。
冬子 (嬉しそうに)……おやすみなさい。

●冬子がすぐに寝入る。
●詩音が携帯を取り出す。履歴をチェックし、両親に帰らない旨の連絡を送る。

詩音 ………… 

●詩音、どうやって過ごそうかと部屋をぐるりと見渡す。
●キッチン周りを見るとカップ麺が大量にあり少し引く。ケトルの電源を切ってココアを入れる。
●本棚にある冬子が書いた本(季刊誌含む)をいくつか手に取り。読みふける。
●時間が経過した描写。朝→夕方へ

冬子 ん……(起き上がる)
詩音 あ、冬子先輩。おはようございます。
冬子 ……とうこ?

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム