勇者ノエルの華麗なる冒険(再翻訳版)

(ゆうしゃのえるのかれいなるぼうけんさいほんやくばん)
初演日:2018/9 作者:あかざとう
『勇者ノエルの華麗なる冒険』(再翻訳版)

上演人数の目安:15(兵士3人、ナレーターを他のキャストが兼任で演じた場合)-18人(兵士5人、ナレーター専属のキャストを設けた場合)

・ノエル:魔王から国を救うべく選ばれた勇者。武器は剣。
・アシュレイ(男):勇者と共に戦う魔道士。武器は杖。
・ジュリエット(女):勇者と共に戦う巫女。武器は魔道書。
・セレン(男):ジュリエットの魔導書。
・エレオノーラ(女):国家征服を企む魔王。武器は杖。
・ロバート(男):エレオノーラの側近。武器は剣。
・ジャック(男):エレオノーラの執事。武器は銃。
・バートランド(男):フォルトレア王国国王。武器は剣。
・側近(女):バートランドの側近。
・青年(男):旅立ち街道の付近に住む青年。
・したっぱ(女):魔王軍のしたっぱ。青年の恋人に化けている。
・兵士:無限平原や災いの森に現れる、魔王軍の兵士。3-5人程度を推奨。
・呪術師:災いの森を守る呪術師。魔王軍に仕える。武器は魔道書。
・ナレーター:物語のナレーター。

◯フォルトレア城・謁見の間

   絢爛豪華な装飾が施された、謁見の間。中央には王座が置かれている。
   王座にバートランドが座り、その横に側近が控える。

ナレーター(声)「むかしむかしあるところに、フォルトレア王国という大きな国がありました。平和で豊かなフォルトレアでは、人々が幸せに暮らしていました。
ですがある日、その幸せを脅かす魔王が現れたのです。国を乗っ取ろうと企んだ魔王は、フォルトレアの大事な宝『王者の真珠』を奪ってしまいました。
嘆き悲しんだフォルトレアの王様は、魔王を倒して『王者の真珠』を取り戻せる、勇者を探していました──」

   明転。
   アシュレイ、入場。

アシュレイ「バートランド国王陛下、この度はお会いできて光栄です。アシュレイと申します。」
バートランド「まあ、そう堅苦しゅうせんでもよい。ここに招いたのは余であるからな。」
アシュレイ「寛大なお言葉に感謝いたします、陛下。ですが、本日はどういったご用件で僕のような平民をここに?」
バートランド「知っての通り、フォルトレアは国家滅亡の危機に瀕しておる。」
アシュレイ「魔王エレオノーラ…それほどまでに強大な相手なのですね。」
バートランド「うむ。あやつ自身の実力も確かなものじゃが、それ以上に恐ろしいのはあやつが持ち出した…『王者の真珠』じゃ。悪しき心を持つものには、決してあれを使われてはならぬ。」
アシュレイ「おっしゃる通りです。」
バートランド「そこでじゃ!国内随一の魔道士であるそなたに、折り入って頼みがある。」
アシュレイ「はい、なんでしょう?」
バートランド「フォルトレアのため、ひいては世界のため…魔王を倒し、『王者の真珠』を取り戻してほしいのじゃ!」
アシュレイ「えっ!ぼ、僕が…魔王を、ですか?」
バートランド「おっと、安心したまえ!無論1人では行かせたりなどせぬぞ。他にも頼もしい者たちを集めておる。実を言うと、そなたが最後の1人なのじゃ。」
アシュレイ「ああ、そうなんですか…。なら、喜んでお受けいたします。国のお役に立てればなによりですから。」
バートランド「うむ、そなたの熱意に感謝するぞ!では、さっそく旅の仲間を紹介するとしよう。入りたまえ。」

   ジュリエット、セレン、入場。

ジュリエット「まあ、あなたが陛下のおっしゃっていた魔道士さんなのですね。初めまして、ジュリエットと申します。」
アシュレイ「アシュレイだよ。よろしく。」
バートランド「彼女は、国教会からの推薦を受けて派遣されてきている。優秀な巫女じゃ。」
アシュレイ「国教会から?すごいんだね!」
ジュリエット「うふふ、ノエルさんに比べれば大したことはありませんよ。」
アシュレイ「ノエルさん…?」
ジュリエット「この旅のリーダーを務められる方──勇者様ですよ。」
アシュレイ「勇者か…どんな人なんだろう。きっとかっこいいんだろうなあ…」
セレン「サア、どうだかナ。」
アシュレイ「うわっ!?本が喋った?」
ジュリエット「ああ、驚かせてしまってすみません。この子はセレン。わたしの魔道書です。」
セレン「よろしくナ、ぼっちゃん。」
アシュレイ「ぼっちゃんって…僕子供じゃないし。」
セレン「なーに言ってんダ、俺から見りゃ赤ん坊みたいなモンヨ。」
アシュレイ「あっ!魔道書のくせに生意気だぞ!」
セレン「まったく、ぼっちゃんといいあの勇者といい、人間ッテやつハ威勢がいいネエ。」
バートランド「して、そのノエルはどこにおるのじゃ?」
ジュリエット「お召し物の準備に、少々お時間がかかっているそうです。」
バートランド「さようか。」
アシュレイ「…ん?陛下の召集に遅れても許される勇者って、なんなんだ…?」

   ノエル、入場。

アシュレイ「えっ。」
ノエル「今日も素敵ですね、バートランド陛下!」
バートランド「冗談はそのあたりにしたまえ、ノエルや。」
ノエル「嫌だなあ、これでも私は本気ですよ。やあ!調子はどうだい、ジュリエットくん、セレンくん?」
ジュリエット「おかげさまで絶好調ですよ、ノエルさん。」
セレン「ドーモ。」
ノエル「それはなによりだ!大切な仲間が元気でいてくれることは、私の望みでもあるからね。」
アシュレイ「い、今ノエルって…」
ノエル「これはこれは──陛下の側仕えの方が、こんなに素敵な方だったとは!よければ今度、私とお茶でもどうだい?」
側近「えっ、えっと、その…」
アシュレイ「ストーップ!」
ノエル「ああ、きみが噂の魔道士くんか!」
ジュリエット「アシュレイさんです。」
ノエル「初めまして、私はノエル。魔王を倒すべく選ばれた──勇者さ!」
アシュレイ「やっぱりあんたなのか…正直同じ名前の別人であってほしかった。」
ノエル「なにか私の言動で、気に入らないことがあったのかな?大切な仲間の要望だ、できる限り改めるよ。」
アシュレイ「全部だよ!」
ノエル「それは…難しいな。」
アシュレイ「ていうかあんた、本当に勇者なの?」
ノエル「というと?」
アシュレイ「歯が浮くような挨拶!陛下の側近を口説く!おまけにその服!勇者ってか、ただのナンパ師じゃん!」
ノエル「おやおや、これは勇者の正装だよ。」
アシュレイ「恐れながら陛下、この人は計画から離脱させた方がいいのではないでしょうか!国の風紀を乱しすぎます!」
バートランド「口を慎まぬか、アシュレイ。この者は、神からのお告げを得て選ばれたのじゃぞ!」
アシュレイ「そ、そうなんですか?」
ノエル「えっへん!」
ジュリエット「まさに勇者とお呼びするのにふさわしい方と存じますが…」
アシュレイ「今だけは神を疑いたい…」
ノエル「まあまあ、アシュレイくん。案外楽しくなるかもしれないよ?」
アシュレイ「あんたは黙ってろよ!」
バートランド「フォルトレアのため、どうか…頼む。」
アシュレイ「…わかりました。」

バートランド「うむ!行け、勇者一行よ!魔王エレオノーラを倒し、『王者の真珠』を取り戻すのじゃ!」
ノエル「お任せください陛下!勇者の名にかけて、必ずや使命を果たしてご覧にいれます!」
ジュリエット「ええ、がんばりましょうね。」
アシュレイ「僕、このパーティーでやってける気がしない…」
セレン「ったく、コイツラうまくいくのカネエ。」

   ノエル、アシュレイ、ジュリエット、セレン、退場。

バートランド「…さて。行くとするか。」
側近「陛下、どちらへ?」
バートランド「散歩じゃ、散歩。すぐ戻るわい。」
   
   暗転。
   バートランド、側近、退場。

◯フォルトレア王国・旅立ち街道

   店が立ち並ぶ大きな街道。青年をはじめとする数人の市民があちこちに
   立ち、呼び込みや雑談を行っている。
   ノエル、人々の間を歩き回って声をかけている。
   明転。
   アシュレイ、ジュリエット、セレン、入場。

ノエル「お兄さん、少しお話でもしないかい?
なんと、こちらのお嬢さんもずいぶん素敵な方だ!よければ宮廷に斡旋してあげようか──」
アシュレイ「このバカっ!」
ノエル「なんだいアシュレイくん、せっかくいいところだったのに。」
アシュレイ「答えろノエル。僕らがこの商店街に来た目的はなんだ?」
ノエル「情報収集を行い、魔王城の場所を突き止めるためだね。」
アシュレイ「じゃあなんで、老若男女問わず口説きまくってるんだよ!」
ノエル「勇者の宿命…かな。」
アシュレイ「全然かっこよくないからね。」
ジュリエット「でも、これだけ聞き込みをしてもなにも手がかりがないとなると…先は長そうですね。」
セレン「そんなカンタンに見つけられるホド、魔王も甘くねえダロ。」
ジュリエット「それもそうかもしれません。」
ノエル「ならば、引き続き聞き込みあるのみだね!」
アシュレイ「あんたのそれは聞き込みじゃなくてナンパだ!」
ノエル「そこのお兄さん!」
青年「は、はい。僕ですか?」
ノエル「思った通り…美しいね!よければ私と2人で、ゆっくりしていかないかい?」
青年「お、お気持ちはありがたいんですけど…僕には、その…」
したっぱ「おいテメエ!」
ノエル「おや?」

   したっぱ、入場。

したっぱ「人の彼氏に手ぇ出してんじゃねえよ!」
アシュレイ「あーあ…」
ジュリエット「あらあら。」
セレン「アノ勇者、かなりロクでもねえナ。」
アシュレイ「すみません、この人ナンパ癖がひどくて…後できつく言っておきます。」
したっぱ「ああ?誰だテメエ?なんだ、コイツの連れか?」
アシュレイ「ぱ、ぱぱ、パーティーメンバーです。」
したっぱ「じゃテメエが落とし前付けろや!」
アシュレイ「ひっ!?」

   したっぱ、アシュレイの肩を掴む。

セレン「バカダナ、マジメに相手すっからソウなんダヨ。」
ノエル「まったく…あまり彼を困らせないでくれるかな。」
したっぱ「アアン──ぐわあああ!」

   ノエル、剣でしたっぱを斬る。
   したっぱ、絶命して地面に倒れる。

セレン「ア、やりヤガッタ。」
アシュレイ「ノエル!」
青年「な、なんてことを!」
ノエル「よく見てごらん。きみの愛する人は…こんな刺青をしていたかい?」
青年「…違う!じゃあこいつは、一体…?」
ジュリエット「この紋様は…魔王軍の印ですね。」
ノエル「おそらくは一般市民に化けて、街の情報を探っていたのだろう。」
アシュレイ「よく気づけたね。」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム