狂猫病

(きょうびょうびょう)
初演日:2003/0 作者:升 孝一郎
  イスが2つ、床にラジカセが置いてある。女が入ってくる。

 女   ごめんください。…ごめんください。

  とラジカセから猫の声。と、男、出て来て何やら動物を宥めるようにラジカセを宥める。
 
 男   …よーしよしよし。よーしよしよし。怖くない。怖くない。う。
 
  ラジカセの声が止まる。ラジカセに噛まれたらしい。
 
 男   ほら、怖くない。…怯えていただけなんだよね。
 女   怯えるんですか。
 男   当り前じゃありませんか。この子はこう見えて結構繊細なんです。よしよし、…さて、よくおいでくださいました。旦那さんの主治医のマーです。マーと呼んでください。
 女   よろしくお願いします。ええと、マー先生。
 男   さて、今日来ていただいたのは他でもありません。先日、検診をさせていただいた結果をお伝えしたいと思いまして…。
 女   なにか、悪いところがあったんでしょうか。
 男   その前に、旦那さん、何日か前にネコの泣き声を真似しませんでしたか?
 女   ネコ…ですか?
 男   ええ。(やって見せる。)
 女   …したかもしれません。あ、一緒にサスペンスドラマ見てて、家政婦が出て来た時、
 男   しましたか。
 女   ええ。また見たんだニャアって。
 男   そうですか。
 女   それがなにか?
 男   …ええ、まあ。その、
 女   はい。
 男   旦那さんの血液中からHWウィルスが検出されました。
 女   HWウィルス?
 男   はい。
 女   …特に具合悪そうじゃありませんでしたけど。
 男   そうでしょうね。
 女   どんなウィルスなんですか?
 
  男、写真を見せる。
 

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム