ノッカーアッパーが起こすまで

(のっかーあっぱーがおこすまで)
初演日:0/0 作者:つむぎ日向
■タイトル:「ノッカーアッパーが起こすまで」   作:つむぎ日向

■あらすじ

夜の閑静な住宅街。横断歩道を挟んだ二つのバス停。
そこに一人の少女が横たわっている。彼女はその場所で「死にたい」と願った。
しかし彼女が出会ったのは、変わったヒッチハイカーの男。彼は行先の無い旅の途中だった。
横断歩道を挟んで会話をする二人。死のうとする少女と、行先のない男の出会いは何を変えるのか……。


■登場人物  (※役名は仮。本編中には出ませんが、是非名前を付けてあげて下さい。)

・わたし : 女・高校二年生・制服+コートなど

・サンタ : 男・28歳・ニット帽・冬服(厚着)・大きなリュック

  (以下、兼ね役可)

 ・ジェーン: 女・16歳・ヨーロッパ風な格好にハンチング帽・長い棒
        性別・名前変更可。

 ・街人1〜6:男女不問。同じキャストが複数回登場で可。

 ・男子   :高校生の男の子(性別変更可)





プロローグ

     開幕。
     暗闇の中。
     中央は横断歩道の白い線が描かれている。
     横断歩道を挟むように、上手にわたし・下手にサンタが立っている。
     わたしは高校の制服、サンタは私服(冬着)。

     語り。
     正面(客席側)を向いて、サンタから順番に話し始める。
     会話ではないが、独り言にもならないように。

わたし 「今の自分は、蝶が見ている夢なのかもしれない。そんな話をした人がいる。誰かは知らない」

サンタ 「きっと昔の偉い人だろう。だが、これが蝶の見ている夢の世界なら、本当にそんな人が存在するのかも分からない」

わたし 「まぁ、それはどうでも良い。でも、これが本当に想像力豊かな蝶の夢なら」

サンタ 「早く起きて、蝶に戻りたい」

     二人は横断歩道に目線だけを落とす。
     そして変わらずに続ける。

わたし 「この道を渡れば、またいつもの日々が始まる」

サンタ 「でも、この道を戻っても時間は戻らない」

わたし 「融通の利かない夢だな〜」

サンタ 「まあ、所詮は蝶の見ている夢」

わたし 「その程度か……。あぁ〜あ。蝶みたいに気楽に飛べれば良いのに」

サンタ 「いや、蝶にだって事情はいろいろあるのかもしれない」

わたし 「だって、こんな悪夢を見るんだから」

     何かに気が付いたように続ける二人。

サンタ 「もう時間だ」

わたし 「また、今日という夢が始まる」

サンタ 「俺は」

わたし 「わたしは」

     声が揃う二人。

二人 「いつ起きれるんだろう」

     暗転。
     二人捌け。

     OP。





     十二月。クリスマスの夜。
     上手側は閑静な住宅街。下手側に進むと駅や華街・病院などがある。
     その境界線の裏道。横断歩道を挟んだ二つのバス停。
     昼間は人通りや車の通りもあるが、夜になると静かになる。

     舞台の中央には横断歩道の線が描かれ、
     上手・下手側はそれぞれ歩道になっていて、街灯が照らしている。
     さらに、バス停のベンチが、上下の両端に置かれている。
     下手のベンチの上には、その日の新聞が置き捨てられている。
    
     宵闇の中、制服の上にコートを着たわたしが上手から歩いてくる。
     辺りを見回してから、横断歩道の途中で寝そべる。
     しばらくそのまま横になっているが、車も人もやって来ない。

     そこに下手から、大きなリュックを背負ったサンタが歩いてくる。
     手には「乗せて」と大きく書かれた看板を持っている。
     サンタは横になったわたしに気が付くが、歩道からそのまま見ている。
     やがてサンタの存在に気が付くわたし。
     彼女を見るわけでもなく、ただ立ったままのサンタ。
     起き上がり、歩道で立ったままのサンタに話しかける、

わたし 「バス」
サンタ 「……?」
わたし 「バス、今日はもう来ないよ」
サンタ 「そうか」

     一言だけ言い、立ったままのサンタ。
     わたし立ち上がる。

わたし 「なにしてるのか気にならない?」
サンタ 「気にはなる」
わたし 「それだけ?」
サンタ 「それだけ」
わたし 「普通、危ないぞ、とか言わない?」
サンタ 「言うかもな。普通なら」
わたし 「普通じゃないの?」
サンタ 「普通じゃないから聞かないんだ」
わたし 「なるほど」
サンタ 「それとも、聞かれたいのか?」
わたし 「う〜ん、聞かれても答えないかな」
サンタ 「なら聞くだけ無駄だな」
わたし 「そうだね」

     サンタはリュックを下ろすと、歩道に座って道路のずっと先を見ている。
     わたしも上手の歩道に移動し、サンタを見る。
     しばらくしてサンタに話しかけるわたし。

わたし 「わたしさ、ここで自殺しようと思ってるんだ」
サンタ 「答えないんじゃなかったのか?」
わたし 「聞かれて答えるのは嫌だけど、聞かれてないから勝手に話すことにした」
サンタ 「なんだそれ」
わたし 「でさ、死のうと思ってる、って聞いた感想は?」
サンタ 「……クリスマスにぴったりだ」
わたし 「自殺なんて良くないぞ、とかないの?」
サンタ 「言ってほしいなら他を当たれ。知らない奴の死に同情するほどの余裕、今の俺にはないんだ」
わたし 「そっか。でも誰にだって、そんな余裕ホントはないでしょ」

     そこで初めてサンタはわたしに向き直る。

サンタ 「でも、聞きたいことはある」
わたし 「なに?」
サンタ 「死にたいと思った理由」

     サンタの問いに、あっけらかんと答えるわたし。

わたし 「それは簡単。勝手に始まった人生なんだから、終わらせる権利は自分にあっても良いじゃん。そう思ったの」
サンタ 「それだけか?」
わたし 「悪い?」
サンタ 「いや。ただ、普通はいじめられたとか失恋したとか、借金で首が回らなくなったとか、不治の病で死ぬ前にとか……いろいろあるだろ」
わたし 「普通はね」
サンタ 「普通じゃないのか?」
わたし 「普通じゃないから、横断歩道で寝転んでるの」
サンタ 「なるほど」

     わたし、そのままサンタに問う。

わたし 「じゃあ、今度はわたしが聞く番」
サンタ 「いつからそんなルールができた」
わたし 「良いじゃん。えっと……バス乗りに来たんだよね?仕事帰り?」
サンタ 「いや、どこかに行く途中。ゴールは決めてない」

     サンタ、そう言ってスケッチブックをわたしに見えるように掲げる。
     わたしは起き上がりそれに興味を示す。

わたし 「あ、ヒッチハイクしてるんだ。でもバス乗っていいの?」
サンタ 「いいの。お金があるから」
わたし 「やっぱり大切なのはお金か〜」
サンタ 「次は俺の番だな」

     サンタ、わたしに問う。

サンタ 「ここでどう死ぬつもりだったんだ?」
わたし 「どうって、車が轢いてくれればいいなって」
サンタ 「運転手からしたら、迷惑な話だ」
わたし 「他人に迷惑をかけてはいけません。それって、死ぬ時も守らないといけないルール?」
サンタ 「一般的にはそうだ。だが、それならもっと良い場所がある。駅前の歩道橋の下なら、ここより車の通りが多い」

     サンタ、下手の方を見てなんでもない事のように言う。
     しかしわたしは嫌そうに口を尖らせる。

わたし 「それは知ってるけど、あそこは嫌」
サンタ 「どうして?」
わたし 「吐き捨てたガムとかあって汚いし」
サンタ 「そうか」

     サンタ、納得したように頷いてから、あることに気が付き言葉を続ける。

サンタ 「だが、ここで事故に合っても、すぐそこにデカイ病院がある。最近の医療の進歩は凄いぞ」
わたし 「そっか、それは困る……でもここが一番なんだよな〜」

     そう言いながら、わたしはもう一度横断歩道に寝転ぶ。
     そのままの姿勢でサンタに聞くわたし。

わたし 「ところで、そっちこそ駅前の方が良いんじゃない?あそこなら、まだバスもあるし、タクシーだってあるよ」
サンタ 「知ってる。でもあそこは嫌なんだ」
わたし 「どうして?」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム