ぬかどこ

(ぬかどこ)
初演日:0/0 作者:志野英乃
�̤��ɤ�


                    作・志野 英乃


    社会体験学習でおばあさんが1人でやってる
    ぬか漬け屋さんに行くことになった由香。
    ハンバーガーショップで働くことを夢見ていたので
    初日から不平不満が爆発するが……。


���������ã��ӣ�
��������������ͳ�ᡡ�����أ�ǯ��
     小百合   「小百合さんの店」店主
��������������    ���أ�ǯ��
     お客さん1
     お客さん2
     外人さん
�����������Խ���
��������������


   ぬか漬け屋「小百合さんの店」の店先。

����������������

   先生、やってくる。

先生 えーと、あれ?誰もいないな。ごめんくださーい。
ͳ���������ϡ�����

   由香、出てくる。

先生 あ、えーと、私ですね、若松原中学校から来ました星野というものなのですけど。
ͳ�ᡡ������
���������������Ĥ��ä������Ӥä��ꤷ������
ͳ�ᡡ�ġ�������
先生 エプロン似合ってるな。今、何やってたんだ?
由香 ……ぬかみそをかき回してました。
���������á������äƤ��äơ�
由香 ぬかみそをかき回してました。
先生 おお、ぬかみそを、なるほど。
ͳ�ᡡ�����������äȤ��ä����Ƥ���������
���������á������ʡ�
ͳ�ᡡ�����������顢�����äȤ��ä����Ƥ���������
先生 そんな引っ張るな。いたたたた。
由佳 先生、もう一度言います。何で私1人だけ漬物屋さんなんですか。
先生 何で1人だけ漬物屋さん?さあ、何ででしょう?
由香 先生が決めたんじゃないんですか!
先生 決めました。決めてるうちに何となくそうなりました。
ͳ�ᡡ�����顢���ǤǤ�����
先生 何で、あ、だから、ほら、この漬け物屋さんは何人まで大丈夫ですか、って聞い
���������顢���ͤޤǤǤ��衢�äƸ������顢���ä��飱�ͤ������פ����ʿͤ�ï���ʡ�
�������äƹͤ����顢���ĤϤ��ä��ꤷ�Ƥ������������礦�ɤ����ʤäơ������ʤ���
������������
由香 私は食品関係って希望しましたけど、私はファーストフードをイメージして希望
   したんです。かわいい制服を着て、お客さんに「スマイルください」とか言われ
   る。そういうのをイメージして希望したんです。
先生 スマイル?
由香 それをこんなジャージにエプロンつけて、それに漬け物屋って、もう!
�������Ҥ�ʪ���äơ�Ω�ɤʿ��ʤ��衣
由香 ですけど。中学生で漬け物大好きとか言ってる人います?いないですよね?
�����������ࡣ
由香 しかも、ここ、浅漬けとかじゃなくて、全部ぬか漬けなんですよ。
�������̤��Ҥ���
由香 ぬか漬けっていうのは、あのくさいぬかみそにきゅうりとか漬けるやつです。
先生 なるほど。
由香 何で私1人だけぬかみそくさくならなきゃいけないんですか?
�����������ࡣ
由香 先生、これはいじめですか?
�����������ᡩ�����ࡣ���������ġ�
ͳ�ᡡ���Ǥ�����
�������̿����äƤ�������
由香 写真?こんなに私が気分を害してるのに、写真!
先生 一応、ほら。みんな撮ることになってるから。
ͳ�ᡡ(��������©)
先生 松田、表情が固いぞ。松田、松ちゃん、スマイルください。
由香 スマイルなんか出るか!

   小百合、出てくる。

先生 あ、私ですね、若松原中学校から来ました星野というものなのですけど。
��ɴ�硡���������Ǥ�����
�������Ϥ������Ĥ����Ѥ����äˤʤäƤ����ޤ���
小百合 由香ちゃん、若いからぬかみそかき混ぜるとか、きっと嫌だと思うんですけど、
   がんばってやっていただいてます。
先生 そうですか。もう、ぬかみそかき混ぜるのでも何でも、ぜひこき使ってやってく
��������������
由香 (先生をつねる)
������������������
小百合 そうだ。先生、ぬか漬け食べていかれます?
先生 えっ、いいんですか?うれしいなぁ。
小百合 お忙しいでしょうけど、ま、ぬか漬けくらいしかないんですけど。今、用意し
�������ޤ����顣
先生 いやー、うれしいなぁ。このお店のぬか漬け美味しいって評判ですものね。
小百合 さっきお昼で由香ちゃんにも出したんですけど、由香ちゃんは遠慮して食べな
   いんですよ。
���������á����ġ����٤ʤ��ä��Τ���
由香 だって、売り物だし、それに普段ぬか漬けとか食べてないから、アレルギーとか
�������Ф��饤��������
先生 アレルギー?
小百合 若い人はこういうものは食べ慣れてないから、仕方ないと思うんですけど。は
�����������������ɤ�����
���������꤬�Ȥ��������ޤ���
��ɴ�硡�Ϥ����������ɤ�����
���������꤬�Ȥ��������ޤ������������ޤ���

   先生、ぬか漬けを食べる。

小百合 お口に合うといいんですけど。
先生 うまーい!何ですか?これ。これ、ぬか漬けですか?
��ɴ�硡�������̤��Ҥ��Ǥ������夦�ꡢ�ʤ������֡��ߤ礦���Ǥ���
先生 うまいです!これはただのぬか漬けじゃないですね。何とも1つ1つが上品で、
   まろやかで、しかも野菜の新鮮な感じが伝わってきて。すごいです。
ͳ�ᡡ�ġġ�
小百合 私も難しいことはわからないんですけど、乳酸菌とか発酵の力でそうなってる
�������ߤ����Ǥ���
先生 なるほど。発酵の力ですか。それでこんなに美味しくなるんですね。
小百合 ぬかどこが私が寝てる間にも一生懸命仕事をしてくれます。
�������̤��ɤ���
小百合 ええ。野菜を漬けておく壺に入ったぬかのことをぬかどこって言うんです。
�������ۤ���
小百合 お米を玄米から白米へと精米する時に出る胚芽とか種皮のことを米ぬかって言
   うんです。
ͳ�ᡡ�ġġ�
小百合 昔はお米屋さんからもらっていたんですけど、スーパーでお米を売るようにな
   ってから、近所にお米屋さんも無くなりまして、今では玄米から精米することに
   こだわっている小料理屋さんからもらっています。
�������ۤ���
小百合 ええ。ですから、米ぬか自体も高級品なんですよ。ただでもらってますけど。
先生 それがこの上品な味を産むのですね。
小百合 ええ。でも、それだけじゃないんです。さっき乳酸菌って言いましたけど、菌
   も家によって住んでいる菌が違うんです。
�������ɤ��������ȤǤ�����
小百合 人間だってそれぞれ家に住んでますけど、みんな性格が違うでしょう?菌だっ
   て同じなんです。それぞれ家によって住んでいる菌の性格が違うんです。
ͳ�ᡡ�ġġ�
先生 菌の性格によって、仕事の量や質が異なるということですか?
小百合 ええ。この家に住む菌は本当に働き者で、誠実で丁寧な仕事をしてくれます。
ͳ�ᡡ�ġġ���
先生 それでこんなに美味しくなるわけですか。なるほど。
小百合 ま、お話しているうちに、あっという間に無くなって。
先生 ごちそうさまでした。美味しかったー。今度来た時は買いますね。今日はあいに
   く持ち合わせがなくて。
小百合 この後も、どこかへ行かれるんですか?
先生 ええ。次はですね、洋菓子店ですね。では、失礼しました。松田、がんばれよ。
   松ちゃん、スマイル。
ͳ�ᡡ�ġġ�
��ɴ�硡�������ޤ������餷�Ƥ���������

   先生、去る。
   お客さん1、やってくる。

お客さん1 小百合さん。来たよ。
��ɴ�硡���顢�����ä��㤤��
お客さん1 これ、今日うちの畑で採れた大根。
��ɴ�硡���顢���Ĥ⤢�꤬�Ȥ���
お客さん1 早速漬ける?大根切るの手伝うから。
小百合 悪いわね。大根、ちょうど切らしてたところだったから。
お客さん1 大根の他、何漬けてるんだっけ?この店。
小百合 大根の他は、きゅうり、なす、かぶ、山芋、しょうが。
お客さん1 ああ、じゃ、なすは畑にあるから持ってくるね。
小百合 ありがとうございます。では、奥へどうぞどうぞ。
お客さん1 では、失礼して。
小百合 大根切って漬けたら、茶飲み話でもしましょう。
お客さん1 お言葉に甘えて、そうすっかな。
小百合 あ、由香ちゃん、引き続き店番しててくれる?
由香 あ、はい。わかりました。
お客さん1 あれ?小百合さん。こちらは?
小百合 社会体験学習で若松原中学校から来てる由香ちゃん。
お客さん1 由香ちゃん?
小百合 そう。今週、ずっと働いてくれるの。
由香 あ、どうも、こんにちは。
お客さん1 あらー。何か学校で悪さでもして、怒られて、ここで働かされてるってわ
���������Ǥ�����
ͳ�ᡡ���á�
小百合 違うの。社会体験学習って言って、みんな1週間いろんな所に行って働くって
   いうのが、今はあるの。
お客さん1 へえ、今はそういうのがあるの?
小百合 そう。今は学校でもそういうのがあるんだよ。
お客さん1 たいしたたまげた。中学生で働いてるんだ。偉いねえ。
ͳ�ᡡ�Τ��Ϥʤ��Ǥ���
小百合 では、大根切って漬けるよ。
お客さん1 いやー、たいしたたまげた。

   小百合、お客さん1、中に入る。

ͳ�ᡡ(����©)

   小百合とお客さん1の笑い声が遠くで。

ͳ�ᡡ�ġġ�

   由香、並んでいる商品のぬか漬けを見つめる。

ͳ�ᡡ�ġġ�

   愛莉、やってくる。

愛莉 ゆっかー。ハロー。
由香 愛莉。何?もう終わったの?
愛莉 うん。バーガーズは2時で終了だから。ゆっかー、どうしてるかなと思って寄っ
�������Ƥߤ���
ͳ�ᡡ�С������������������ʡ��С��������������С����������褫�ä��ʡ���
��轡�����Ź�֡�
ͳ�ᡡŹ�֤����ɡ�
愛莉 漬け物とか売ってんだ。ここ、何て店だっけ?
由香 「小百合さんの店」。
愛莉 「小百合さんの店」?シブッ。
由香 愛莉、聞いてよ。朝からずっとぬかみそかき回してるんだよ。
��轡��̤��ߤ����ء�����
由香 だって、お店の奥に壺が百個くらいあってさ。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム