Yes, I do…?

(いえす、あいどぅ)
初演日:0/0 作者:リンタロウ
・石城 圭(いしじょう けい):主人公。気弱で引っ込み思案、僻みがちな青年。突如発現した多重人格に悩まされる事となる。
 ・坂大 帝人(ばんだい ていと):第一の別人格。一人称は俺。ニヒリストで傲岸不遜の極みだが非常に整った顔立ちをしており、異性にモテる。
 ・雀座 律葉(すずめざ りつは):第二の別人格。一人称はあたし。常に気だるげでローテンションな少女で、やや言動に刺がある為他人格や周囲の人間との軋轢が深い。だが、好きなアニメやゲームの話になると途端に饒舌になる。
 ・魚住 海(うおずみ かい):第三の別人格。一人称はぼく。無邪気で遊び盛りの好奇心旺盛な少年。また知りたがりで、よく周りに質問をしては知識を蓄えている。
 ・辺見 竜(へんみ りゅう):第四の別人格。一人称は儂。豪放磊落で大飯食らいな親分肌。竹トンボを作ったりして良く近所の子供と遊んでいるらしい。
 ・安藤 智香(あんどう ちか):第五の別人格。一人称は私。神経質で潔癖性。イラついたり何かが気になったりするとこめかみをトントンと叩く癖があり、それを嫌がる雀座とはよく喧嘩になる。魚住にだけは母親の様に優しい。
 ・西原 茉莉(さいばら まり):第六の別人格。一人称はお姉さん。蠱惑的な魅力を持つ。言動がいちいち不必要なまでの色気に溢れており、慣れるまでは読解がやや難解である。
 ・宮崎 清孝(みやざき きよたか):第七の別人格。一人称はおい。自らの欲求に忠実であり、やりたい放題に振る舞う。だが阿呆の子。
 
 《本編》
 
   零
 
   駅のホーム。もうじき電車が来る様である。と、酔っているのか、へらへらと笑いながら、男性が電車を待つ女性にぶつかる。
 
 女性:痛っ…何するのよ!
 石城:えへへ、へ…。
 
   電車のブレーキ音、女性の悲鳴と共に暗転。
 
   一
 
   明転。石城が誰かに訴えかけている。
 
 石城:本当なんです!僕がやったんです!僕が…殺人犯なんです!…信じてくださいよ刑事さん、僕「達」が…。
 
   石城項垂れる。袖から坂大登場。続々と他の別人格も登場。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム