いつもいつまでも

(いつもいつまでも)
初演日:0/0 作者:和椛
《 登 場 人 物 》

遠藤(えんどう) 彰人(あきひと)    …… あかねの父、沙耶の夫。
遠藤(えんどう) あかね  …… 彰人と沙耶の娘。来年社会人。
渡辺(わたなべ) 沙耶(さや) …… 見た目高校生の幽霊。二年前に亡くなった彰人の妻。
大城(おおき) 雄介(ゆうすけ)    …… 彰人の友人。彰人、沙耶と同級生。
佐藤(さとう) 光(ひかる) …… 霊感を察知して現れた通りがかりの除霊師。
寺岡(てらおか) 連華(れんか)    …… 遠藤家の墓がある寺の娘。あかねの後輩。


【場面1‐1】
 一つのお墓の前で、彰人とあかね、が手を合わせている。

彰人   ……さて、これでいいかな。
あかね   え、もう終わりなの? お父さん薄情ー。
彰人   いやいや……、薄情ってなんだよ。
あかね   久しぶりにお母さんに会いに来たのに。もっと夫婦水入らずで話すこと とかないの?
彰人   話すことって言ってもなぁ……。毎日欠かさず仏壇に話はしてるし、いまさら話さないといけないような事もないしなぁ……。
あかね   そういうことを言ってるんじゃなくて……。もう、お父さんには風情が無い。人間失格。
彰人   おい、どういう意味だ。
大城   まあまあそう言うなよ、あかねちゃん。お父さんとお母さんにしか分からない距離感っていうのかな。そういうのがあるんだよ。夫婦には。
あかね   大城さんの言うことであっても納得いきませーん。夫婦でしょ? 好きで結婚したんでしょ? なら、なおさら手を合わせてる時間ってもっと長いものでしょ。そんな事務的にはいはいって済ませちゃダメじゃない。
彰人   はいはいって済ませた訳じゃないんだか……。
あかね   と、に、か、く! もう一回やりなおして! ちゃんと『会いに来たよー、今でも愛してるよー。』って伝えなきゃ。
大城   あかねちゃん、気持ちは分かるけどもそれくらいは……。
あかね   大城さんは黙ってて!
大城   ハイ。
彰人   しょうがないな……。これでいいんだろう?

 彰人、お墓の前でまた手を合わせる。

あかね   ダメ。もっと心を込めて。
彰人   込めてるよ。充分に。
あかね   ダメ。
彰人   おいおい……。
大城   あかねちゃん、もうそれくらいに……。
あかね   大城さんももっと言ってやってくださいよ。お墓の掃除だって、お父さん手抜きだし。妻がいる場所なんだったら、妻も同然でしょ。もっと心を込めなきゃ。
大城   うーん……あんまり墓石にデレデレするオッサンは見たくない……。
あかね   大城さん!
大城   ゴメン!
彰人   はいはい。もういいだろうさすがに。帰ろう。ずっとここにいてもしょうがない。そろそろあかねの来年度に向けての支度もし出さなくちゃいけないんだから。
あかね   ダメ!まだお母さんへの愛が足りないと思う。
彰人   おいおい……。わがまま言わないでくれよ。
大城   そうだよあかねちゃん。
あかね   お、お、き、さん?
大城   彰人。もうちょっと居よう。それがいいと思うぞ。
彰人   お前どっちの味方なんだよ。
あかね   もう! そんなのいいから! もっとお母さんのこと考えてあげてよ! せっかくお墓参りに来てるんだから!
彰人   どうしたんだ? あかね。今日なんかおかしくないか?
あかね   おかしくない!
彰人   いやいやおかしいって。この前来たときはそんなこと言ってなかったじゃないか。
あかね   おかしくない! おかしいのはお父さんじゃん!
彰人   ……俺?
あかね   そうだよ! おかしいのはお父さんじゃん!
彰人   ……俺、おかしいか?
大城   いいや?
あかね   大城さんは黙ってて!
大城   ハイ。
彰人   なあ、俺のどこがおかしいって? そりゃ俺だって毎日同じ体調ってわけじゃない。いつもと違うときくらいあってもいいだろう?
あかね   じゃあ教えてよ。いつもいつもいつもいつも念仏唱えるみたいに、部屋でお母さんの写真に話しかけてたの……最近やってないよね?……何で?
彰人   お前、知ってたのか……。
あかね   バレバレ。なのに急にどうしたの? 最近、お母さんのこと忘れちゃったんじゃないかってくらいサバサバしてるじゃん。仏壇の掃除とかは毎日 ちゃんとしてるけど、事務的っていうか……、冷たい。
彰人   ……それは……。
あかね   最近帰ってくるのが遅いし、あやしいと思ってたんだよね。お父さん、他に好きな人でもできたんじゃないの? 女の人からの電話、増えたもんね。
大城   あかねちゃん、そんな言い方は……。
あかね   大城さんは黙ってて!
大城   ハイ……。
あかね   ねえ、お父さん。ほんとのところどうなの? 娘の前だから仲のいい家族を演じたいだけなんじゃないの? 今日だって、実は来るのめんどくさいと思ってたんじゃないの? そんなの付き合わされるだけ迷惑。私のことも、ほんとはさっさと出てけと思ってるんでしょ!
彰人   ――――あかね!

 彰人の大きな声に驚くあかねと大城。

彰人   ……本気で言ってるのか。あかね。
あかね   ……だって、お父さんが悪いじゃん。もうお母さんのことなんか、好きじゃないんでしょ!
彰人   あかね!
沙耶   喧嘩はやめてくださーーい!!

【場面1‐2】
 3人が声のした方を見ると、そこには制服姿の少女が立っている。

沙耶   喧嘩はやめてくださーい! えっと、なにがどういうことか分からない ですけど、喧嘩はよくないことだと思います!

 呆然と、立ち呆ける3人。

沙耶   ……あれ? えっと……。な、なんかその、ごめんなさい。なんでかその、放っておけなくて……。でもあの、なんにせよ、喧嘩はよくないと思います……。
大城   ……沙耶ちゃん? 渡辺、沙耶ちゃん?
沙耶   え? そうですけど……。

 大城、沙耶に近づき沙耶を圧倒しながら話す。

大城   やっぱり! 俺だよ俺!大城雄介! 高校のとき彰人と一緒に三年間同じクラスだった大城だよ! うわぁ沙耶ちゃん昔っから変わんないね!  昔のまんまじゃないか! こんなところで会えるなんて! 死んじゃってからもう会えないと思ってたよ!
沙耶   ……大城君? どうしたのそんなに……。老けた? ていうか、え?
大城   ……ん? あれ? 沙耶ちゃんが何でここに?
彰人   ……沙耶。
あかね   ……お母さん?

 大城が交互に彰人と沙耶の顔を見る。

大城   ……沙耶ちゃんは事故で亡くなってて、でもここにいて、彰人とあかねちゃんと俺は沙耶ちゃんの墓参りに来てて……あれ?
彰人   沙耶……。ほんとにお前……。
佐藤   ついに現れたな怨霊め!

 除霊師、が突然現れる。

あかね   え!? 何!? 何なの!?
佐藤   問答無用! 覚悟!

 沙耶に向かって持っていた杖を振り上げる佐藤。
 それを止める大城と彰人。

大城   ちょ、ちょっと待て!
佐藤   この! 何をする! 止めるな!
彰人   この状況で、止めないほうがおかしいでしょう――――がっ!
佐藤   ひでぶっ!

 佐藤、突き飛ばされ頭を打ち、動かなくなる。

彰人   あっ。
あかね   あっ。
沙耶   ……頭、打ちましたね。
あかね   お父さん、ついに殺人まで……。
彰人   ついにってなんだ! いやほら気絶してるだけだから!
大城   何だったんだろうな、コイツ。沙耶ちゃんを狙ってたよな?
彰人   ……まあ。沙耶がここにこうしていることも謎だし、叩き起こして、話を聞いてみるしかないだろうな。何か、知ってそうだし。
あかね   ええ……? 起こすの……?
彰人   分からないことも、唐突なことも多すぎる。何か知ってるなら聞いてみたほうがいい。多分、沙耶だって、今の状況を分かってないみたいだし。だろう?

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム