天使が降りてくる

(てんしがおりてくる)
初演日:0/0 作者:たぬきさん
天使が降りてくる

登場人物

絵里菜  保育実習生
絵里奈の母
恭輔   保育士
ユリエ  タカシの姉 六歳児
タカシ  ユリエの弟 三歳児
隊員
艦長

開幕

舞台中央にピンスポット。
スポットの中にベッド。絵里奈の母親が横たわっている。ベッドの側の椅子に絵里奈が座っている。高校の制服。

絵里奈の母「あんた…」
絵里奈「ママ!」
母  「パパは…?」
絵里奈、何も言うことができない。
母  「なんでいないのよ…。
なんでいないのよう!
顔を見せてよ。
声を聞かせてよ。
名前を呼んでよ。
さわってよ。
手を握ってよ。
髪をなでてよう。
キスしてよう。
抱きしめてよう!
抱きしめてよう!
抱きしめてよう!
抱きしめてよう!
もう会えないかもしれないんだよ。
なんであんたがここにいないのよう!」

スポットが消える。
ゴーッという水の音。だんだん大きくなる。
照明が舞台全体を照らす。
狭い物置の中。舞台中央に梯子。高い位置に明かり取りのガラス窓がある。
ユリエとタカシが毛布をかけ、客席に足を向けて仰向けに寝ている。
その周りを段ボールが床一面に置かれている(積み上げられてはいない)。
絵里菜が子供達の枕元に座って携帯電話を耳に当てている。ピンクのトレーナーにジーンズ。エプロンをしている。サンダルばき。
梯子の上。狭い足場がある。低いローター音。恭輔が黄色い「横断中」の旗を振って「おーい、ここだあ!」と何回も叫んでいる。黒のトレーナーにジーンズ。靴をはいている。

恭輔、梯子を降りてくる。
恭輔 「どうだ、つながったか?」
絵里菜「駄目です。110も118も119も…。かなり混線しているみたいです」
恭輔 「この二人のお母さんには?」
絵里菜「駄目です。お母さんが地震の後、津波が来るまでに迎えに来てくれれば…」
恭輔 「あんなに遠くから迎えに来てもらえば、かえってお母さんが危険だったかもしれない。それよりこの二人以外の子供たちを無事に親御さんに渡すことができたのをラッキーだったと考えろ」
絵里菜「あの…、118って何の番号ですか?」
恭輔 「ジャパン・コーストガード」
絵里菜「は?」
恭輔 「海上保安庁だよ。カタカナにするとなんかカッコイイだろ」
絵里菜「海上ですか…」
恭輔 「一階は完全に水に浸かってる。津波のせいで周りは海だ。どう考えてもここは海上だろ。残念だ。竿があれば釣りができたのに。高台に取り残されてるんじゃなくて島の上にいると思えばいい」

タカシ、上半身を起こす。

タカシ「せんせい、さむくてねられないよお」
恭輔 「夜が更けてきた。(人差し指で上を指す)屋上よりマシとはいえここも寒いな。何か着せてやろう」
絵里菜「何かって…」
恭輔 「ここは物置だ。何かあるはずだ」

恭輔、周りの段ボールを次々に開ける。

恭輔 「じゃーん。いいモノがあったぞ」
絵里菜「それは…」
恭輔 「お遊戯会の衣装だ」
タカシ「王子さまがいい!」
絵里菜「そんなわがままを…」
恭輔 「ま、そっちの方がたくさん布を使っているだけ暖かいかもな。ちょっと待ってろ」

恭輔、段ボールの奥から王子様の衣装を取り出す。絵里菜が衣装を受け取ってタカシに着せる。ユリエも目を覚まして上半身を起こす。

絵里菜「あっ、ユリエちゃんごめんなさい。起こしちゃった?」
ユリエ「タカシちゃん王子様になったんだ…。(前を見て小さくつぶやく)お遊戯会では七人目の小人だったもんね…」
恭輔 「ユリエにも何か着せてやれ」
ユリエ「あたしは…」
絵里菜「だめよ、暖かくしないと。あなたには喘息の持びょ…」
恭輔 「せっかくタカシが王子さまになったんだ。本番と同じように白雪姫になってやれよ。タカシがよろこぶぞ」
ユリエ「…うん、わかった!」

絵里菜、ユリエの服の上に白雪姫の衣装を着せる。それをタカシがぼうっと見ている。
恭輔がニヤリと笑って言う。

恭輔 「タカシ、そっちを見ちゃダメだ。レディーのお着替え中だぞ」
タカシ、あわててそっぽを向く。
ユリエ、くすくす笑う。
ユリエ「もういいわよ。どう?」
タカシ「かわいい!」
ユリエ「ふふっ、ありがとう」

絵里菜の携帯が突然うなり出す。

絵里菜「警報です!」
恭輔 「ここは危険だ。上に行くぞ!」

絵里菜が先頭に立つ。梯子を登る。
ユリエがタカシの体をかばうように歩き、梯子を登る。

タカシ「こわい、こわい!」

最後に恭輔が梯子を登っている時に地震のガタガタという音。恭輔、揺れに体を取られながらも、梯子を登り切る。
足場の上に四人並ぶ。

恭輔 「みんな無事か?」
絵里菜「はい…。二人とも無事です」
恭輔 「三人ともだ!」
ユリエ「四人ともじゃないの?」
恭輔 「…おさまったな」
タカシ「(客席の反対側を見ながら)…まっくらだね。おほしさまもおつきさまもいない」
ユリエ「だれの声も聞こえないけど、水の音がすごいね…」
タカシ「いろんなものがながれてるね…」
ユリエ「あれは保育園のすぐそばにあったスーパーの看板だよね…」
タカシ「こわい……よ」 
ユリエ「だいじょうぶよ…」
タカシ「ぼくたちもあんなふうにながされちゃうの…?」
絵里菜「大丈夫よ…」
恭輔 「もう大丈夫だろう。ここは寒すぎる。物置にもどろう」
絵里菜「でも地震が…」
タカシ「さむい…」
恭輔 「(絵里菜に)大丈夫だ」

恭輔、子供たちの方を向いて笑う。

恭輔 「子供は寝る時間だ。中に入ろう」

絵里菜、ユリエ、タカシの順で降りてくる。
ユリエとタカシが毛布にくるまったころ、恭輔が梯子を降りてくる。

タカシ「おなかがすいた…」
恭輔 「食べ物か…」
絵里菜「少しでも水が引いていれば、下に缶詰か何か…」
恭輔 「よせ危険だ。だいいち泥水をかぶったものなんか、子供にやれるか」
ユリエ「そうだ!」

ユリエが上半身を起こして洋服をごそごそ探る。

ユリエ「これ!」

タカシも上半身を起こす。
ユリエが小さなお菓子の箱を取り出す。

タカシ「これは…」
ユリエ「タカシがくれたんじゃない。ちょっと早いけどバレンタインのお返しだって」
タカシ「…かえすの?」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム