人形の舞

(にんぎょうのまい)
初演日:2019/4 作者:いちのみや
初演会場神戸大学
初演劇団神戸大学演劇研究会はちの巣座
キャスト総数8(男:2 女:6 その他:-)
上演時間80分
あらすじ あらすじ

山中にある人形修理の店。そこでは、至る所に人形があり、不気味な空気を醸し出していた。
修理の依頼に来た女性は、大人になっても人形への想いを捨てきれずにいた。
一歩進み出す勇気を持てない彼女をよそに、等身大の人形は動き出す。
能面顔の老婆、人形のような出で立ちの孫、腹話術師。どこか人形のような人間たちが繰り広げる不思議で不毛な会話劇


概要

現代口語演劇に、不条理劇の要素を加えた作品です。依頼者の人形への思いが捨てきれず、常に甘やかされて育ってきた依頼者のささやかな悩みを、人形修理の店での事件を通じて描いています。
人形が動いた、人形は動かないと、繰り返される不毛な会話の中で、人形と人間の境界が曖昧になっていき、最終的には自ら変わろうと行動しない依頼者が人形のようにも見えるという構成です。
ところどころ人間のように動く等身大の人形は、超越的な存在として、依頼者に問いかけ、それは観客への問いかけとしても聞こえるようになっています。
著作権使用料 はりこのトラの穴の規定に準ずる
その他 終演後ブログ:https://ichinomiya.hatenadiary.com/entry/2019/04/16/151812
ジャンル(:自己申告)
ラブストーリー (0)
感動巨編 (0)
お笑い 22222222222222222222222222 (52)
ミュージカル (0)
サスペンス 44444444 (17)
青春もの (0)
時代劇 (0)
SF 77 (5)
ファンタジー 88 (5)
シリアス 99999999 (17)
(2019/4/20 00:49:48現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム