とらない

(未上演短編)

(とらない)
初演日:0/0 作者:仲原時雨丸
とらない


老婆

    特別養老院の一室。
    一枚の写真のように、男立っている。(但し部屋は薄暗い)
    写真を撮る音。
    男にスポットが当たる。
    男、スポットに照らされ動き回る。

男    どこに隠しやがったんだ。何でさ、職員ってこんな安月給な訳。これじゃあさ、  楽しめないじゃん。欲しい、欲しいよ。色々さ。あるんだよねーほしいのが。でも  どうすれば。まずい!

    男、物陰に隠れる。
    いつの間にか老婆現れ、写真のように停止している。
    写真を撮る音。
    老婆にスポットが当たる。
    老婆部屋を動き回る。

老婆   誰、誰、誰なの。私のお金を盗んだの。どうしよう。私忘れたのかしら、使った  事、いやね、年を取ると。物忘れがひどくなるというか。考えすぎ。そうね。こ  の前の検査でも、少し神経質になってるって。でも、やっぱり。いや、だか   ら少し考えて、ね。ここならいいでしょう。

    地明かりに変わる
    お金をタンスに隠す。

老婆   枚数は、いいかなぁ。あ、山田さんと約束、約束。遅れちゃう。

    写真を撮る音。
    男にスポットが当たる。

男    こんなところに、じゃじゃーん。お金発見!


面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム