うけとらない

(未上演短編)

(うけとらない)
初演日:0/0 作者:仲原時雨丸
うけとらない

登場人物



紳士

    何かを売っている男
    それに一万円札を持って詰め寄る女

女    どうしよ!
男    いえ困ります。
女    いいじゃないアタシが良いって言ってんだから。
男    そういう問題じゃないんです。
女    じゃあ、どういう問題!
男    イキナリお金を出されても。
女    気持ちって言ってるでしょう?
男    お金が気持ち?僕は認めたくありません!
女    親切をなんだとおもってんの?
男    それは新設の押し売りじゃないですか。
女    はぁ?ナニソレ?食うに困って、こんな事してて、それを見かねて恵んであげよ  うっていう、アタシの気持ちを袖にすんの?偉そうに。
男    いえ、それが嫌なんです。なぜ僕は貴方に施しを受けないといけないんですか?  気持ち?その考えが気持ち悪いです。
女    キモイ!アタシが!!ふざけんなよ!これでも、ミス、ミス、○○横丁・・・。(か なりローカルなミスコンにしてくださいw)よ、そんなアタシがキモイ!ふざけ  やがって!

    男の胸ぐらを掴み激しく揺さぶる。

男    ミスだか、ボスだかわかりませんが。貴方の都合に振り回されるのは納得がいか  ない!
女    何がボスよ!サントリー好きなの?だからボスなの!答えなさいよ!
男    もう、何の話だか分かりません。僕は。
女    アンタが言い出したんでしょう。受け取れこの野郎!

    ポケットに一万円を入れようとする女。

男    いやです!

    ポケットの一万円を返そうとする男。
    一進一退の攻防が繰り返される。

女    こうなったら。
男    意地でも受け取りません!

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム