もはや主人公ではない

(もはやしゅじんこうではない)
初演日:0/0 作者:弓之介
「もはや主人公ではない」

(登場人物)

 アガサ(40) 女性
  元・大怪盗。世界中に散った父親の遺産を、三人姉妹で集めていた。
  公民館の事務。

 イノウエ(24) 女性
  元・高校生作家。代表作は「高校生探偵リリカルほのか」シリーズ。
  公民館の臨時職員

 ウキシマ(32)男性
  元・薄幸の美少女、の恋人。現在、北東方で二児の父。公民館の事務。

 エノモト(24)男性
  元・天才中学校球児。口癖は「ボールは友人だ」。公民館の臨時職員。

 魔法使い 女性、魔法使い。
 
 太田秀明(28) 男性、主人公らしくない男。公民館の事務。

 鳴海リミコ(26) 女性、アカペラサークルの代表。太田が好き。


(場所)
  県庁所在地。そこそこ大きな地区公民館。


 
 開演。魔法使いが立っている。


魔法使い こんにちはー、魔法使いでーす。どうもどうも。形(ナリ)はこんなんですけど魔法使いです。ご不満ですか。そう言われたってね。魔法使いだからって、長いローブを引きずってなきゃいけないわけでも、黒い猫とか箒とかそういう「魔法使いです!」ってアイコンで成分表示する決まりはないわけです。だけど分かりにくいので(帽子を取り出す)帽子! これだけ被りますね。私は魔法使い。好きな食べ物は「納豆」。よく覚えていてくださいね、あとでまた聞きますからね。それじゃあ、本編に行ってみましょう。
舞台は……

  明転

魔法使い 滝中央公民館の事務室。ここには、たまたま。本当にたまたま。かつての「主人公」たちが集まっていたのでした……!
 
  音楽が鳴り始める。

魔法使い それでは、タイトルコール!(はける)

  全員が足音高く行進してくる。上演する団体の名称を叫ぶこと。
  普段の1.5倍速でセリフを回すこと。
  (全員=アガサ、イノウエ、ウキシマ、エノモトである)

全員   劇団〇〇○第●回演劇公演「もはや主人公ではない」!
全員   もはや主人公ではない!
全員   もはや主人公ではない!
全員   だが、いまだに「主人公になりたい」!
アガサ  私の名前はアガサ。アガサメリ。40歳。かつては盗賊として、亡き父の散逸した財宝を集めるため、妹たちと世界中の金持ちの屋敷を狙って飛び回っていた。私を追ってきた敏腕刑事と激闘の末に恋に落ち、なんども悪党の罠にかけられ、命の危機をかいくぐった。マリ、メリ、モリの三姉妹。
イノウエ 「今宵、黒猫があなたのハートをいただきます」
アガサ  黒猫盗賊団と聞けば三歳児だって知っていたものよ。大金持ち
になったかって? なったわよ。莫大な財宝! 莫大な富! そして、莫大な相続税! 骨肉相食む争いがおこったわ。
ウキシマ 「キーッ、お姉ちゃんの業突く張り!」
エノモト 「なんですって、モリのけちんぼ!」
アガサ  目標が無くなったらチームはだめね。兄弟はもっとだめ。私たちは一人一人では税金を払えなかった。私は全てを手放し、元・敏腕刑事の夫と年老いた母と静かに暮らしています。
全員   もはや主人公ではない!
イノウエ イノウエヨウコ。24歳。高校生作家。24歳だけど高校生作家。ペンネームは姫陽子。16歳のときに時代小説で鮮烈なデビュー。地方の高校生が書いた一作は、売れに売れて芥川賞候補に。17歳で憧れの東京生活を始めた。見るもの聞くもの珍しかった。面白い演劇、珍しい映画、外国の絵。文化的刺激の砥石(といし)が常に私の感性を磨き、私の文体はますます鋭く、剣豪のふるう一刀のように、一太刀、一太刀が人の心を……だけど、世間の読みたいものは、私の書きたいものじゃなかった!
エノモト 「もっと学園もの書いてくださいよ」、
アガサ  「もっと恋愛要素を入れてくれないとね」
全員   もっとみずみずしく、もっと純粋で、もっともっと高校生らしいものを!
イノウエ 努力した、努力したよ。でも正直に言わせて。高校、ほぼ行ってないわけ! 人生これすなわち恋人が居ない期間のわけ! 得意なのは時代小説なわけ! 学園ものはすぐに行き詰まった。高校卒業とともに帰郷。同窓会で「姫陽子先生ぷぷー」ってバカにされたから死んでもクソ地元には帰らないことにした。ああ最近、本読んでないなあ。
全員   もはや主人公ではない!
ウキシマ ウキシマヒロト、32歳。俺は最初から主人公ではないが、俺の元カノは悲劇のヒロインなので、俺もなんだかんだ主人公みたいな顔をしている。中学校3年生のときに付き合った彼女が不治の病に冒された。みるみるやせ細り、ベッドに寝たきりとなり、大きな目にいつもいっぱい涙をためて
アガサ  「ごめんね、シマくん。シマくんの何にも考えてないところが大好きよ。」
ウキシマ 儚げにささやいていた彼女。治療のために髪がごっそり抜け、面会はいつもガラス越し。ある時俺は思い立ち、弱った彼女を連れて病院から逃走。目指すは北の大地。だって逃避行って北に行くもんだろう? よろめきながらも必死についてくる彼女を支え、青森行きの新幹線に飛び乗……ろうとしたが、方向を間違えて後ろの赤い新幹線に駆け込む。そう、お気づきだろうか。当時の俺は知らなかった。あの新幹線。盛岡で二つに分かれるのだ。北限は北限でも東北についてしまった。俺のお年玉、尽きる。二人で日本海を見ながら鼻水垂らして……
イノウエ 「寒いね」
エノモト 「クソ寒いね」
ウキシマ 彼女? 死ななかったよ。そのあと、特効薬が出て魔法みたいに回復した。俺は彼女の親から要注意人物扱い。ようやく同棲を始めた大学生のときに、つまらない喧嘩で破局。最後の喧嘩のネタは……
イノウエ 「トイレに残っている流し忘れのうんこ、あんたのでしょ!」
エノモト 「俺じゃねえよ」
イノウエ 「うそ、あんたのウンコよ。だって臭いもん!」
ウキシマ 馬鹿野郎。うんこは誰のウンコでも臭いのである。水に流せばよかった! 糞だけに! おれは再び思い立って、赤い新幹線に飛び乗り、この街に着く! 地元の女子と結婚し現在は双子の父だ。(携帯を見る)「帰りに、パン●ースのLサイズを買ってきなさい。サイズ間違えたらころす」(打ち込む)「は、い」
全員   もはや主人公ではない!
エノモト ボールは友人だー! 最高の友人だー! 俺、榎本ひろき24歳。元・天才球児。超・天才。ホームランしか打ったことない。ストライクしか取ったことない。逆立ちして足でバットが振れた。口にくわえても振れた。まるで少年誌の主人公だ。県代表にも選抜されたし、外国にも合宿に行った。末は甲子園の王子様か、そしてプロ入りか。前途洋々の球児生活だったと思う。だけど辞めた。普通に辞めた。高校生で帰宅部になった。同級生には殴られた。
アガサ  「ふっざけんなよ」
エノモト 彼女には泣かれた。
イノウエ 「えーん、野球やってないエノちゃんなんて私の好きなエノちゃんじゃない」
エノモト 中学校の先生には怒られた。
ウキシマ 「お前は自分の才能をどう考えているんだ」
エノモト あー、うるさいうるさいうるさい。大学卒業しても東京でぶらぶらしていた。おもちゃ屋さんのアプリゲームの試合に出たときのこと。清潔な格好の学生さんが、近づいてきた。
アガサ 「急にすみません。こちらのお店、よく来られるんですか?」
エノモト 同じゲームが好きでさ、いい子だったなあ。ファミレスのお金も全部払ってくれた。で、家に招かれたの。
アガサ 「ぼくんち、この近くなんです。ちょっと寄って行きませんか」
エノモト だいたい察する展開だよね。なんか「道場」とかいう雑居ビルの二階に連れて行かれた。
アガサ  「このお水、体にいいんですよ、ほんとにいいんです。ちょっと頭にかけてみませんか」
エノモト 鍋とか水とか売りつけられて、怖かったな。ほんと怖かった。
イノウエ 「スポーツマンになれますよ」
エノモト 俺はスポーツマンやめたんだよ。
ウキシマ 「足が早くなりますよ」
エノモト 俺100m10秒台だったんだよ。
アガサ  「バッドが足で振れるようになるんですよ、すごいでしょう」
エノモト ……って、それ、俺だから。かつての俺だから。付け回されるようになったから、怖くて地元に逃げ帰りました。最近の悩みは、腰痛……デスクワークになったら、腰が痛いよう……。
全員   もはやもはや主人公ではない!
イノウエ しかし、私たちにも増して、主人公ではない男がいるのです。
全員   太田秀明!

 太田、登場。頭を下げる。

アガサ  まじめ。
イノウエ 親切。
ウキシマ ちょっと抜けている。
エノモト 嫌とは言えず。
アガサ  人のことを悪く言わず。
イノウエ いつも空に向かって笑っている。
太田   うふふふふ。
ウキシマ 不気味。
エノモト 無趣味。
アガサ  無垢。
イノウエ 無宗教。
エノモト (イノウエを見て)それ大事。兄弟はなく。
アガサ  (エノモトを受けて)うらやましい。両親は教員。
太田   自分は学校の先生なんて、大変そうで、やれませんでした。
イノウエ 突拍子もない設定も後ろ暗い秘密もない。
エノモト スポーツはしない。タバコは吸わない。酒も飲まない。声は、
太田   おはようございます。
エノモト すごくちっさい! 得意な言葉は、
太田   すみません。
イノウエ 二言目には。
太田   すみません。
全員   最初から主人公ではない!
太田   すみません。
アガサ  だけど、これは。
イノウエ このお話は。
ウキシマ もはや主人公ではない我々が、
エノモト 太田を主人公に押し上げるまでの壮大な、壮大な、

 鳴海、現れる。

鳴海  こんにちはー。
 
 現れた鳴海に照明が当たる。

アガサ  成海リミコ。26歳。
ウキシマ はつらつとしてて、いいよねー。
鳴海   太田さん。なんどもお願いしているんですが、ピアノ……
太田   はい?
鳴海   うちにはピアノがないんです。みんな大会に出たくても練習ができなくて、駅前の施設は予約がいっぱいだし。だから体育館に置いてあるピアノを使いたいんです。どなたか練習していても構いません。私たちもマイクは使わないし、うるさくしません。どうか、どうか。
太田   ……はい
鳴海   その「はい」は「はい、どうぞ」のはいですか、「聞いていますよ」の「はい」ですか。
太田   すみません。
鳴海   すみませんじゃなくて、貸してくださるんですか、だめなんですか。はっきりしてくださいよー。
太田   すみません。
鳴海   すみませんじゃなくて。もー、困ったなあ。
アガサ  鳴海さん、館長が居るときにまた相談に来たらどうかしら。あのピアノ調律していないし、スポーツの団体じゃないと、体育館はちょっと難しいのよね。
鳴海   分かりました。また来ます、ね。

 鳴海、去る。

イノウエ 鳴海さんって、いつも太田さんがいるときに申し込みに来ますよね。
太田   そうですね。
イノウエ 断られるのを楽しんでいるみたいですね。
太田   そんなことはないでしょう。練習場所が足りなくて困っているみたいです。
ウキシマ ……見える。見えるぞ。鳴海さんが送っている秋波が、太田という硬い岸壁に当たってざぶんざぶんと砕け散る様が。
エノモト (腰を抑え)あたたたた、今週末も整体いこっかなあ。
ウキシマ  関係ない話をするな。我々はここで地元のアカペラサークルの代表・成海リミコが、何を思ったか、最も音楽と程遠そうなアクの抜けきった太田氏に目をつけ、しかし、愚鈍な太田氏の対応に毎度毎度、小さな失恋をくり返すところを見守っていた。
エノモト だいたい電話で申し込みもできるのにさ、足を運ぶ意味ないんじゃない?
イノウエ 決して、彼女の失敗を楽しんでいたわけではありません!
エノモト わー、かわいそー。
アガサ  物語は始まらない。
全員   だから彼は「主人公ではない!」

 魔法使い、やってくる。

魔法使い こんにちは。
太田   こんにちは。
 
 みんな、それぞれに会釈をする。
 こんにちは、と声を上げるものもいる。

魔法使い (太田を見て)ふーん、合格。
太田   は?
魔法使い (他の4人を眺め)あら、あら、あら、あら。揃いも揃って。
全員   じー。
アガサ  お気づきだろうか。
イノウエ 私たちは気づいた。
ウキシマ あの感じ、只者ではない。
エノモト たとえば、ボールを握ったときの、額の真ん中から風が吹き抜けるようなすーっとした感覚。(腰を押さえて)あたたたた……
イノウエ たとえば、最高のストーリーが最初から終わりまですっきりとプロットが立った時のような、一本道に立つ感覚。
アガサ  天啓。
ウキシマ 変化をもたらす匂いを、
全員   我々は感じ取ってしまうのである。
魔法使い あーっ。あなたって、もしかして。ほら、あの、どこで見たんだったかしら。
アガサ  どきっ。
イノウエ どき。
ウキシマ どきっ
エノモト どきどきっ。
全員   もしかして、自分のことかな。
アガサ  かつての栄光の残り香が、鼻腔に蘇る。もし、あのときの私を目にしたことのある人だったら。
イノウエ 今の私は、なんと答えたらいい。
魔法使い あらー、勘違いだったみたい。ごめんなさいね。吹き矢のサークルがあるって聞いたんだけど、今日はどちらで練習しているのかしら。
太田   えっと、吹き矢ですか、えっと。
魔法使い ホワイトボードを見てきてくださる?
太田   はい、少々お待ちください。

 太田、去る。

魔法使い ねえ、皆さん。
全員   しーん。
魔法使い 皆さん、そこにいる、アガサさんと、イノウエさんと、ウキシマさんと、エノモトさん。まー綺麗に、アイウエ、オ!

 お、で太田が去った方向を指す、魔法使い。

全員   えっ(ばらばらに喋る)
魔法使い ヒーローになりたくない?
アガサ  ヒーロー。
魔法使い もしくは「物語の主人公」
イノウエ どういったご用件でしょうか。
魔法使い 「もはや主人公ではない」だけど、あわよくばもう一度「主人公になりたい」。そうでしょう。皆さんの人生を取り戻してあげます。
ウキシマ (小声で)あいつ、やばいんじゃないか。
エノモト 警察呼びますか。
ウキシマ よせよせ。太田さんが来たら、男二人で相手をしてやればいい。それまで、
エノモト それまで?
ウキシマ イノウエさんとアガサさんに任せよう。
エノモト その男二人って誰ですか。
ウキシマ エノモトくんと、太田さん。
エノモト 卑怯だ。ウキシマさんは?
ウキシマ 俺は背後を固めている。
エノモト 俺だって胡散臭い人は怖いですよ。特に宗教がらみは。腰も痛いですし。
ウキシマ 君は万年腰痛だろう。
魔法使い ほらほら、そこの二人。胡散臭いと思って引け腰になっていたら、せっかくのチャンスを逃しちゃうよ。手始めに、あなたたち太田さんに親切にしてあげなさい。親切にした人には幸運をもたらしてあげるから。
アガサ  は?

 太田、戻ってくる。

太田   お待たせしました。本日は、吹き矢サークルの申し込みは無くて、ダーツなら……あれ?(見回す)
アガサ  そこ。
イノウエ そこに。
魔法使い しー。姿が見えないんだから。ほら、親切。親切。
太田   おかしいなあ。さっきまでここにいた、ながーい帽子の利用者さん、どちらに行かれましたか。
ウキシマ あー、太田さん。
太田   はい。
ウキシマ その、最近ね、調子どう?

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム