【No title】

(のー たいとる)
初演日:0/0 作者:空色こうもり

【登場人物】
・先輩
・後輩


―― 幕 ――

 暗転。
 声のみ

後輩「おお、これが例の」
先輩「約束通り作ってきてやったよ〜」
後輩「では早速引きますね」
先輩「おうおう、引いてやってくれ」
後輩「えーっと……これは……」
先輩「なるほど〜これが出たか〜」
後輩「……」(ガサゴソという音があっても可)
先輩「え?ダメ?」
後輩「ああ、いえいえ、全然そんなことはありませんよ。なかなか面白いことになりそうですね」
先輩「え、なにその含み笑い、怖い」
後輩「気のせいですよ。ほらほら、そんなこと言ってないで早く始めましょう」
先輩「何かごまかしてない?」
後輩「じゃあ打ち合わせ通り適当に進めるので、先輩は適当に合わせて下さいね」
先輩「ごまかしてるよね」
後輩「はい、じゃあ先輩は真ん中に立ってください。よーいスタート!」
先輩「えっ!ちょっ、待って!!」

 なにかしら音楽。明転。
後輩、舞台端にて

後輩「19世紀も後半に差し掛かり、冬を迎えた西洋のとある国のとある街では、経済の発展と都市化に伴い、レンガや石畳で設えられた美しい建物や道路が立ち並び、多くの快活な人の声が行き交っていました。しかしその夜は、華やかな発展も忘れ去ってしまう程の厳しい寒さと、激しく降り積もる雪が街を襲いました。ほとんどの人は家の中で暖炉にあたり、外を出歩く人はきまって厚いコートやマントを羽織り帰路を急いでいました。そんな中、一人、夜の闇に溶け込むまいと、必死にその声を響かせる少女がおりました」

先輩、舞台中央にてコートかマントの様なものを(ボロボロな感じだとなお良し)羽織り、手にかごのようなもの持っている。寒そう。通りかかる人に声をかけているように。

先輩「マッチ、マッチはいかかですか?そこのお兄さん、マッチを買って……あ……。す、すみません。マッチを買ってくれませんか?……。」
後輩「少女は、自分よりもずっとずっと大きい人たちを見上げ、必死に声をかけますが、ほとんどの人は少女を一瞥し、そして何も言わず通り過ぎていってしまうのです」
先輩「うう、困ったなぁ。誰もマッチを買ってくれないよ。こんなに沢山、全部売りきらないと、お父さんにまた怒られちゃう……」
後輩「少女の父は、とても乱暴で金遣いの荒い男でした。自分の代わりに一日中少女を働かせ、そして少女が必死になって稼いだ僅かなお金さえむしり取り、自分のギャンブルや酒のために使うような、ゴミと呼ぶには余りにゴミに失礼な極悪非道の人でなし最低最悪うんこ野郎でした」
先輩「ん?」

  先輩、後輩に少し違和感を覚えるが、後輩は一切気に留めず続行する。

後輩「それでも、少女はまだ幼く、そんな親とも呼べない男でも唯一の肉親である以上、彼女にとっては逆らうことも離れて暮らすことも出来ません」
先輩「ねえさっきなんかすごいこと言わなかっt」

  後輩、指を鳴らす(出来なければ手を叩く)。先輩困惑する。後輩は先輩に構わず机や椅子、その他何か食べ物の様なものを少しと大きな酒瓶を持ってくる。先輩はそれを見て手伝う。先輩に指さしなどで舞台端に行くように指示。(※ここ省略して普通に場転しても可)
後輩は椅子に座って机に脚を挙げ、酒瓶を手にもち反対側の手で何か食べ物を食べる。先輩、指定の位置につくと掌の小銭を眺めながら

先輩「ふふ、良かった。今日も少ないけど、何とか温かいスープくらいは作れそう。今晩はとても冷え込むそうだから、何も食べれなかったら、凍えて死んじゃうところだったわ」

 先輩、家の中(後輩が居る方)に入るモーション。

後輩「おう、遅かったじゃねぇか」
先輩「お、お父さん。帰ってたの」
後輩「ああ?何だ?俺が自分の家に帰っちゃあいけねえとでも言うつもりか?ああ?」
先輩「そ、そんなことないわ、お父さん。いつもはいないから、ちょっと驚いただけよ」
後輩「そんなことよりてめぇ、俺様に金かくすたぁ、誰のおかげで生活できるかわかってねえみてえだなぁ?」
先輩「ち、ちが……、私隠したりなんかしてない!!」
後輩「じゃあ何で金がねーんだよ!!もしかしててめぇ、仕事サボってんじゃねーだろうな?そんなこしてどうなるかわかってんのか?ああ?」
先輩「サボってなんかないよ!!今日だって、朝からちゃんとお仕事してこうやってお金貰ってきたのよ!!」

 先輩、握りりしめていた小銭を後輩に見せる。後輩、それを奪い取って先輩に投げつける。

後輩「おいてめぇ、何だこの稼ぎはよぉ!!」
先輩「いたっ!!」
後輩「なんでこんだけしかねえんだよ!!家にもパンと野菜がこれっぽっちあるばっかりであとはなんもねぇしよぉ、腹の足しにもなんねえだろうが!!」
先輩「そ、そんな……。それは今日の私のごはんに……」
後輩「ああ??仕事してねーやつが飯なんか食える訳ねえだろ!?」
先輩「仕事はちゃんとしてるわ!本当よ!嘘なんかついてるわけじゃないの!……ただ、最近あまりマッチが売れなくなってしまって……」
後輩「てめぇ俺の仕入れた商品にケチつけようってのか!!!」
先輩「ち、違うの!!そういうつもりで言ったんじゃない」
後輩「俺様に向かって口答えしてんじゃねぇよ!」

 後輩、先輩を蹴る。先輩倒れこむ。

先輩「や、やめて!!お願い!!ごめんなさい!ごめんなさい!」
後輩「ちっ……」

 後輩、先輩にマッチを投げつける。

後輩「その在庫全部、売ってくるまで帰って来るんじゃねえ」
先輩「そ、そんな……!こんなに沢山……それに今夜は雪で」

 後輩、椅子などを思い切り蹴り倒す。

後輩「口答えすんじゃねぇって言ってんだろ愚図が!!沢山残ってるのはてめぇが売ってねえからだろうがよ違うか!?」
先輩「……ち、違わないです」
後輩「なんだ、その反抗的な目は!!くそがっ!てめぇは俺に反抗できるほど偉いってのか?年端もいかねぇてめえだけじゃ、働きに出るどころか仕入れ一つロクに出来ねぇってのによぉ、俺に捨てられててめぇはどうやって生きていくつもりなんだ?ああ?」
先輩「ご、ごめんなさい……!ちゃんと働くから、捨てないでください」
後輩「初めからそう言っときゃいいんだよ!!いいか、全部売るまで帰って来るなよ」
先輩「は、はい……。行ってきます……」

 先輩、部屋の外に出るモーション。外に出ると、蹲って泣き始める。

先輩「うっ……うっ……。ひどい……。それに、昨日から何も食べていないから、お腹が空いたな……。だめだ、泣いてる場合じゃない。急いで売って、雪がひどくなる前に早く帰らないと……!!」

 先輩は立ち上がって歩き出す。先輩が捌ける直前、部屋の中で後輩、うめき声をあげて倒れる。先輩、慌てて振り返り凝視。

後輩「うぅぅう!!く、苦しい……あ、あた、あたまがあああ……いたい、いたいいたいいたいいたいいいいい!!!びょういん、びょういんに行く……かね……かね、かねかねかねかね!!へへ、へひゃひゃははひゃひゃひやひ!かねがたくさん……、かね、そのかねを、よ……こ……(チーン)」

 チーンという音と同時に、がっくりと力が抜ける。

先輩「えっ、あの……え、えええええええええ!!??おおおお父さん!?」

 後輩、何事もなかったかのようにその場にスッと立ち上がる。ナレーションモード。

後輩「見比べると生ゴミに集る醜悪な虫たちでさえ、『いっつあびゅーてぃふぉー!』と称賛したくなる汚物クズ男(人名っぽく)、もとい少女の父親は、突然脳の血管の80%くらいが一斉に木端微塵に破裂し、ついでに心不全になり、肺も患い、あと持病の糖尿病と結核と白血病と癌によって以下略、残念ながら現世から退場となってしまいました。が!!少女はそんなこととは露知らず」
先輩「え、おとうさ」
後輩「露知らず」
先輩「……」
後輩「露知らず、日が沈み、雪の積もり始めた街へとマッチを売りに出かけていったのでした」

  後輩、再び指を鳴らす(手を叩く)。机と椅子などを片付ける。先輩は黙ってそれを手伝う。終了後両者、元の位置に戻る。

後輩「そうして、少女はひどく寒い雪の降る街の片隅で、懸命にマッチを売っているのでした」
先輩「マッチ、マッチはいかがですかーー??」
後輩「しかし、どれだけ少女が懸命に売っても、マッチは一向に売れません」
先輩「マッチ、お願いします。マッチを、マッチを買ってください……」

 先輩、通行人に声をかけに行くが、倒れそうなほどフラフラとしている。

後輩「長時間立ちすくんでいた少女の足はふらつき、思うとおりに動いてはくれません」
先輩「お願いします、マッチを……あ……」

 先輩、マッチの箱を落とす。一層表情を苦しげにして、ゆっくりと拾う。

後輩「マッチを売る少女の手は、もう寒さで凍えて感覚すらありません」
先輩「マッチ……お願い、誰か、誰か、マッチを買って下さい……!」
後輩「彼女の声はどんどん弱弱しくなり、次第に、誰の耳にも届かなくなってしまいました。人影は減り、そしてその人達でさえ、足早に通りすぎるばかりで、もう少女を見ることすらしなくなってしまいました」
先輩「誰か…………誰か……お願い、マッチを……」

 弱弱しい、泣きそうな先輩の声。
間。

後輩「少女は、願いました。暖炉のある暖かい家で、温かい料理、そして両親からの温かい愛情に囲まれ、幸せそうに笑う自分の姿を」

 先輩、どこかの家に見惚れるように

先輩「ああ……だったら、こんな風に、立派で、可愛いお家がいいなぁ……」
後輩「少女は、持っていたマッチを一本取り出し、自分の理想の家の壁で、マッチをこすり火を点けました」
先輩「お父さんもお母さんもとっても優しいの。お父さんはお仕事で忙しいけれど、休みの日は色々な所に連れて行ってくれるの。お母さんはね、怒ると少し怖いけど、でもとっても料理が上手なのよ。それから、私たちは5人兄弟で、お兄ちゃんとお姉ちゃん、それに妹と弟がみんな一人ずついるの。お兄ちゃんはちょっとぶっきらぼうだけど、困ったときはいつもすぐ助けてくれるの。お姉ちゃんはね、凄く優しくてしっかり者で、いつもお母さんのお手伝いをしているのよ。妹とは、たまにケンカするんだ。でも、一緒に遊びたいから、すぐに『ごめんね』って言うの。そしたら妹もね、『私もごめんね』って言ってくれるの。それで、すぐ仲直りしちゃうんだよ。弟はまだ小さいから手がかかるの。でもね、とってもとっても可愛いの。絵を描くのが上手なのよ」
後輩「少女は、マッチの火の中に、自分が優しい家族たちに囲まれて幸せに暮らす姿が見えた気がしました。優しい両親、頼もしい兄や姉、可愛い妹や弟、そしてその中心にいる自分……。少女は、その姿を見て、今まで感じたことのないような幸福感に包まれていました。しかし、マッチの火が消えると同時に、幸せな少女の姿も消えてしまったのです」
先輩「いや……やめて!!消さないで!!」

 先輩、一心不乱に新たなマッチを取り出して火をつける。
 火を眺めると、すぐに落ち着きを取り戻しまた幸せそうな表情になる。

先輩「ふふ、そう。今日の晩御飯はね、私の大好きなシチューだったの。それから、パンとサラダがあって、とってもお腹いっぱいになったの。そしたらね、お母さんがケーキを持ってきてくれて、皆がバースデーソングを歌ってくれたの。そう、そうなの。今日は私の誕生日だったのよ。皆がお祝いしてくれたの。私ね、とってもとっても嬉しかったの」
後輩「そうして火が消えては新しいマッチを取り出し、何度も何度も、幸せな夢に酔いしれました」
先輩「お母さんのプレゼントはね、私がずっと羨ましがっていたお母さんのペンダントだったの。赤い色がとてもとても綺麗で、私、あまりに嬉しくて鏡の前で何時間もそれをつけて眺めていたんだけど、そしたらお母さんに早く寝なさいって怒られちゃった」
後輩「足元には、もう何本もの使い果てたマッチが転がっていましたが、もう少女にとって、そんなことはどうでも良くなっていました」
先輩「お父さんは、私に新しいお洋服を買ってくれたの。可愛らしいけれど、少し大人っぽいお洋服だった。着てみたら、少し気恥ずかしかったのだけど、お父さんがとてもよく似合うよって言ってくれて、それが一番嬉しかったの」
後輩「賢い少女は分かっていました。それがただの幻想であることを」
先輩「ケーキは、お母さんとお姉ちゃんが作ってくれたの。とっても可愛くて、切っちゃうのが少し勿体なかったな。そう、お兄ちゃんがね、自分の分のフルーツを私にくれたの。そしたら、皆も真似をして一つずつ私のお皿に載せてくれたのよ。だから、ケーキよりフルーツの方が沢山になっちゃったけど……でも、嬉しかったなぁ」
後輩「本当の自分は、誰にも愛されてはいないことを」

 先輩、次第にセリフに嗚咽が混ざり始め、涙があふれ出す。

先輩「妹と弟はね、メッセージカードを作ってくれていたの……。妹が文字を書いて、弟は……っ、まだ、文字が、書けないから、私の似顔絵を描いてくれて……っ、とっても、とっても可愛くて」
後輩「賢い少女は、知っていました。あのマッチが売れなかった理由を。そして、今自分が行っていることの、本当の意味を」
先輩「はは、売れ残ったマッチで、こんなに幸せになれるなら、売れ残るのも、悪くないなぁ……」
後輩「少女は、新しいマッチに再び火を灯そうとしました。けれど、身体が動きません。気が付くと、少女はその場に倒れこんでいました」

 先輩、マッチを取ろうとして、その場に倒れる。体は震え、上手く動かせない様子。

先輩「あれ……はは。おかしいな……早く、早く次のマッチを点けなきゃ」
後輩「何とかマッチを手に取るも、手が震え、それに火をつけることは出来ません」

 先輩、たどたどしく震える手足を用いてマッチを取り出すも、取り落としてしまう。

先輩「嫌だ!!嫌だ!!!偽物でも良い……幻想でもいいから、お願い、私の家族を……幸せな時間を、お願い……奪わないで……!!」
後輩「それでも、マッチを取り上げることは、もう出来ません。少女は、どんどん自分の身体が動かなくなるのを感じていました。それでも、頭にあるのは、最後にもう一度、あの、幸せな夢に浸りたい。そう願っていました」
先輩「私の、私の愛しい家族。おとうさん、おかあさん、おにいちゃん、おねえちゃん、いもうと、おとうと……、どこ、どこにいるの……」
後輩「ふいに、何も入っているはずのない自分の腹部から、何かがせりあがってくるのを感じました。いえ、感じる間もなく、彼女は何かを吐き出していました」
先輩「…………」
後輩「目の前の雪が、どうやら白くなくなっていることに気が付きます。でも、もうそれが何色なのかも分かりません。その時すでに、少女の世界では色という概念を失っていたのです。口の中にうっすらと鉄臭さを感じますが、それも定かではありません」
先輩「…………」
後輩「少女は、自分がこうなることを、本当は分かっていました。自分の吸い込んでいる煙が、そして自分の売っているものが、猛毒であることに」

 後輩、ちらりと先輩を見るが、先輩は動かない。

後輩「そう、彼女の売っていたマッチは、黄リンを使用したものだったのです。1930年に開発され、それまでのマッチとは比べ物にならないほどの発火のしやすさにより広く使われるようになったこの黄リンマッチ……。しかし、黄リンは本来微量でも体内に取り込めば人を死に至らしめることもある猛毒。普及すればするほどに健康被害が相次いで報告されるようになりました。また沸点が50℃と低く、自然発火による火災も増えました。そんな多くの問題を抱えた黄リンマッチは、19世紀後半、安全性の高い赤リンマッチが開発され、市場から徐々に姿を消していきました。」

 後輩、ふたたびちらりと先輩を見るが、先輩は動かない。

後輩「しかし、愚かしく無知で無能な少女の父親は、大量に余っている在庫を処分したい業者から騙され、黄リンマッチを仕入れ、そしてそれを少女に売らせていたのです。少女の声に耳を傾けなかった父親、そしてその父親に言われるがまま、売れるはずのないマッチを毎日毎日懸命に売っていた少女……。何とも無意味で非生産的で希望も未来もない日々。そんな日々は、少女の心を壊すにはあまりにも十分でした。壊れた心は、まるで身体を道連れにでもするかのように、少女は自ら猛毒の煙を大量に吸い込み……」

 後輩、ちらりとみる。動かない。

後輩「……」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム