はこ

(はこ)
初演日:0/0 作者:たぬきさん
『はこ』 三訂版

雪子(ゆきこ) 21歳。ストーカー。
神崎 剛(たけし) 高校三年生。
神崎 碧(あおい) 高校一年生。タケシの妹。
壺のセールスマン 男性。20代
夏子(なつこ) 25歳。雪子の姉。
婦人警官 二人
刑事

幕内から声が聞こえてくる。幕は下りたまま。
剛  「おい見ろ! 人が倒れてる!」
碧  「うん…、倒れてるね」
   足音。
剛  「大丈夫ですか。…大丈夫ですか! (バカでかい声)…大丈夫ですかあ! だめだ意識がない! 碧(あおい)! AED持って来い!」
碧  「そんなものどこから…」
剛  「じゃあ、救急車を呼べ! 心臓マッサージやるぞ!」
碧  「…もしもし、消防ですか?」
剛  「一、二、三、四、五、六、七、八、九、十…。二、二、三、四、五、六、七、八、九、十…。三、二、三、四、五、六、七、八、九、十…。四、二、三、四、五、六、七、八、九、十…」
 
 開幕
一場 公園。
剛と碧板付き。剛は原則として下手側を向いていて、碧は原則として剛に背をむけている。二人が会話しているのを、物陰から雪子が写真を撮り続ける。剛、缶コーヒーの空き缶を手にしている。
碧  「アニキ…、言い訳は?」
剛  「しょうがないだろう。人が倒れたんだから…」
   剛、空き缶をベンチの背もたれの上に置く。
碧  「だからって、なんであんたが救急車にまで付き添わなきゃいけないの! あのあとすぐに行ってれば時間に間に合ったじゃない! お人よしもいい加減にしなさいよ!」
剛  「いや、あの人の身内がそばにいたわけじゃないし」
   雪子、空き缶を手にしようと何度も挑戦するが失敗する。
碧  「昨日の映画はねぇ、友だちのお父さんのコネで特別に日本未発表の作品の試写会に呼んでもらったんだよ!」
剛  「いや、わかってるって」
碧  「わかってない。まったくわかってない! あんたまさか、妹と恋愛映画を観るのがいやだとか、そんな気持ち悪いこと考えてるんじゃないでしょうね」
剛  「いや、そういうこだわりはないよ」
碧  「…あたしだってねえ、あんたとそんな映画なんか見たくなかったよ気持ち悪い!」
剛  「そうか…。それはともかく、埋め合わせをするから…」
碧  「埋められるわけないでしょ! あたしは明日カオリのお父さんに会わなきゃならないんだよ! 感想聞かれたらなんて言えばいいの!」
剛  「そっちはなんとかしてくれ!」
碧  「なんとかするって、どうすればいいの!」
剛  「いや、悪かった。すみません。ごめんなさい! 勘弁してくれえ!」
   剛、上手に退場。
碧  「逃げられないよ。一緒に住んでるんだから!」
碧、剛を追いかける。雪子、剛が忘れて行った空き缶を取ろうとする。碧、立ち止まって下手を向く。雪子、隠れる。碧、ベンチまでもどる。
碧  「まったく、エチケットがなってないんだから…」
   碧、剛が忘れた空き缶を両手で抱えて上手に退場する。雪子、物陰から出て上手をきつくにらみつける。スカートのポケットからスタンガンを取り出す。バチバチッという音。雪子、上手に走って退場。
   暗転。

二場 雪子のマンション
   雪子、剛板付き。
   壁いちめんに剛の写真が所せましと貼られている。
   壁に一か所だけ、白いハンカチが貼られている箇所がある。
   天井からロープが斜めに張られていてその端が上手側のテーブルの脚に結ばれている。
ソファーに剛が寝かされている。雪子が寝ている剛の顔をじっと見ている。
剛  「うーん…」
雪子 「うふ。目が覚めた?」
剛  「うわぁぁっ!」
   剛、跳ね起きる。
剛  「ここは…」
雪子 「わたしの部屋」
剛  「ああ。思い出したぞ。外を歩いていたらいきなり電気ショックみたいなものを感じて気絶したんだ。ありがとうございます。あなたが助けてくれたんですか?」
雪子 「そうよ」
剛  「すみません…」
   剛、ポケットを探る。
剛  「あれ、スマフォがないや。どこかで落としたかな。今何時ごろですか?」
雪子 「朝の六時半」
剛  「うわあ。半日以上寝ていたことになる…。すいません、帰ります!」
雪子 「だめ」
剛  「もう大丈夫ですよ」
雪子 「帰っちゃだめ」
剛  「…なぜ?」
雪子 「わたしたちは、愛し合っているから」
   しばらくの間。雪子がそっと壁を指さす。
剛  「うわぁぁぁっ!」
   剛、ゆっくりと雪子の方を見る。
剛  「あなたはたしか、このあいだ道で倒れてた人じゃ…」
雪子 「雪子って呼んで」
剛  「えーと、あの…」
雪子 「雪子って呼んで!」
剛  「雪子さん?」
雪子 「呼び捨てにしろ!」
剛  「雪子…」
雪子 「(照れたようにうつむく)うん」
剛  「親が心配するから帰してもらえませんか?」
雪子 「敬語をつかうな」
剛  「あの…」
雪子 「つかうな!」
剛  「(やけくそ)親が心配してるから帰せ!」
雪子 「大丈夫。あなたは親元を離れてこの県に来て下宿している。外泊してもバレることはない」
剛  「よく知ってるな…」
雪子 「神崎剛くん。わたしはあなたのことならなんでも知っている。…うれしい?」
剛  「怖いよ!」
   雪子、包丁を取り出す。
雪子 「う・れ・し・い?」
剛  「うれしいです…」
雪子 「『です』?」
剛  「うれしいぞ、こんちくしょう!」
雪子 「(にっこりと笑う)わたしもうれしい。恋人に喜んでもらえてうれしい」
剛  「あの、恋人って…」
雪子 「だってあなたわたしを助けてくれたんだもんね。嫌いな女の子なんか助けないよね。だからあなたはわたしのことが好きだってことだもんね。わたしとあなたは相思相愛だもんね。ということは恋人だもんね。いや夫婦だもんね。いや一心同体だもんね。前世からつながってるもんね。魂からつながってるもんね。だから他の女の子を見る必要なんかないもんね。外に出たら見たくなくても他の女の子を見ることになっちゃうもんね。わかってるのよ。あなたがわたし以外の女の子なんか見たくないって思ってるのは。だけど外に出たり学校に行ったりしたらほかの女の子を見ずには生活できないもんね。他の女の子の声を聞いたり、話しかけたり、吐息を浴びたりしなきゃいけないもんね。あなたがそんなこと気持ち悪いと思ってることは知ってるのよ。だけどここにずっといればわたしだけ見ていられる。心配いらないわ。あなたの世話はぜんぶわたしがやってあげるから。安心してね」
剛  「ぜんぜん安心できないんだけど」
雪子 「えっ?」
剛  「なんでもありません! あの、あなたは…」
雪子 「『おまえ』って呼べ…」
剛  「だけど年上の人を『おまえ』とは…」
雪子 「まだ二十一よ」
剛  「二十一…」
雪子 「うん」
剛  「女の『子』…」
   雪子、包丁を構えなおす。
剛  「ごめんなさい! 今のはおれが悪かったから許して!」
雪子 「許してあげる…。わたしは寛大だから…」
剛  「だったら帰してほしいんだけど」
雪子 「ダメ」
剛  「せめて妹には連絡させてくれ!」
雪子 「妹…。あなたと同じように県外から出てきて、今はあなたの部屋に同居している妹…」
剛  「本当によく知ってるな」
雪子 「だけどそこは彼女ひとりの部屋になるの。今日からここがあなたの部屋」
剛  「とにかく連絡させろ!」
雪子 「彼女に連絡する必要なんかない。あなたは妹を迷惑に思っている。部屋代を節約するためだけに自分の部屋に転がり込んできた妹が迷惑なんだ。あなたは昨日、公園で妹と話していた。妹はあなたをせいいっぱい罵倒していた。あんな短い間に二度もあなたのことを『気持ち悪い』と言った。あなたは妹が迷惑そうだった。あの妹があなたを心配したりするわけがない。わたしならあなたにやさしくしてあげられる。あなたにあんないやな思いをさせたりしない。あんな妹と住む必要はない。あなたはわたしと住めばいい」
剛  「いきなり一晩帰って来なかったら、心配しなくても怪しむだろ!」
雪子 「だいじょうぶ。わたしが連絡しておいた。メールを送っておいた。そっけない返事が返ってきた。心配もしていないし、怪しんでもいない」
剛  「…あのさ、それはともかく、腹が減ってきたんだけど」
雪子 「同居している妹が家事を全くしないため、あなたはそこそこ料理がうまい」
剛  「本当に何でも知ってるな」
雪子 「得意料理は出し巻き卵と茶碗蒸し」
剛  「おれが朝飯をつくるぞ!」
雪子 「わたしのぶんも?」
剛  「あたりまえだ」
   雪子、しばらく考えている。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム