ミルグラムの罠

(みるぐらむのわな)
初演日:0/0 作者:たぬきさん
ミルグラムの罠

登場人物
♂ 教授   大学教授 社会心理学の研究を行っている。
♀ 新田 碧  (にった あおい)女子高生 
♂ 緒方 祐介 (おがた ゆうすけ)自衛官三等陸曹
♀ 西島 桃子 (にしじま ももこ)主婦
♂ 近藤 理  (こんどう さとる)船舶用クレーンのモーターを造る会社の技術者
♂ 榑林 茂  (くればやし しげる)教師
♂ 小坂 心  (おさか こころ)小説家
♂ 左右田 瑞樹(そうだ みずき)自宅警備員
♂ 大谷 慎也 (おおたに しんや)大学生
♂ 佐倉井悠人 (さくらい ゆうと)商店街の八百屋の店主

開幕
第一場
教授と碧、板付き。
教授、背広の上に白衣を着て下手側に立っている。碧、高校の制服姿。上座側で事務机の前に座っている。デスクの上にはごちゃごちゃした機械があり、レバーが何本かついている。観客に、碧がレバーを引いたことがはっきりとわかる位置にあること。
教授 「(碧に)それでは、実験についてもう一度おさらいをします。この実験の目的は、外界からの刺激と脳の中の記憶との相関関係を調べることです。実験の手順についてですが、手元のプリントをご覧下さい。一番から二十七番までの問題が書かれています。それぞれ四つの選択肢があり正解のみ太字ゴシックで書かれています。これと同じものを被験者に見せて、一時間かけて正解を覚えてもらっています。あなたはここから問題を読み上げてください。別室にいる被験者が答えます。被験者が正解を出したら、そのまま次の問題に進んでください。被験者が間違ったら、次の問題に行く前に手元にあるレバーを引いてください。被験者の手首に電流が流れます。間違いが重なるたびに電圧が高くなります。といっても、安全には十分配慮していますのでご安心ください。…いいですか?」
碧  「(緊張して)はい」
教授 「では、始めて下さい」
碧  「それでは最初の問題です。?いわし雲 ?にゅうどう雲 ?うろこ雲 ?ひつじ雲」
幕内 「いわし雲」
碧  「正解です…」
教授 「続けて下さい」
碧  「二つ目の問題です…。?香草 ?水草 ?雑草 ?薬草」
幕内 「香草」 
碧  「不正解です…」
教授 「ではそこの、『かすかなショック』に分類されている、20ボルトのレバーを引いて下さい」
碧  「はい…」
   碧、レバーを引く。
教授 「続けて下さい」
碧  「三問目です…。?芋畑 ?キャベツ畑 ?ナス畑 ?すいか畑」
幕内 「なす畑」
教授 「(プリントを見ながら)芋畑が正答なので、被験者の答えは不正解ですね。40ボルトのレバーを引いて下さい」
   碧、レバーを引く。
教授 「どんどん続けていいですよ」
碧  「四問目です! ?日光 ?蛍光 ?月光 ?白光」
幕内 「日光」
教授 「わかっていますね。不正解です。次の60ボルトのレバーを引いて下さい。わたしの指示を待つ必要はないですよ」
   碧、レバーを引く。
碧  「?空き地 ?宅地 ?更地 ?用地」
幕内 「空き地」
教授 「また不正解です。『中程度のショック』に分類されている、80ボルトのレバーを引いて下さい」
   蒼、目をつぶってレバーを引く。
幕内 「あいたっ!」
   碧、幕内の声を聞いてビクッとする。
教授 「続けて下さい。六問めです」
碧  「?都会生活 ?地方生活 ?航海生活 ?山岳生活」
幕内 「航海生活」
碧  「(ほっとして)正解です…」
教授 「どんどん続けて下さい」
碧  「?妙香 ?微香 ?芳香 ?薫香」
幕内 「芳香」
教授 「ダメですね。100ボルトをお願いします」
碧  「だけど…」
教授 「レバーを引いて下さい」
   碧、レバーを引く。
幕内 「うわあっ!」
教授 「続けましょう。まだ八問めですよ」
碧  「?寝室 ?客間 ?居間 ?土間」
幕内 「客間」
教授 「誤答です。120ボルトのレバーを引いて下さい」
   碧、つらそうにレバーを引く。ずっとつらそうな顔をしている。
幕内 「いたっ! ふう…。これは本当に痛いな」
   碧、教授の顔を見る。
教授 「(碧に)実験のためです。あなたが続けることが必要です」
碧  「?外階段 ?内階段 ?非常階段 ?螺旋階段…」
幕内 「螺旋階段」
教授 「140ボルトですね。『強いショック』のところにあります。引いてください」
碧  「でも…」
教授 「あなたは引かなければなりません」
   碧、目をつぶってレバーを引く。
幕内 「うわっ! 痛いじゃないか!」
碧  「大丈夫ですか!」
教授 「ああ。不正行為を防ぐために問題を読んでいる時以外は、こちらの声が向こうに届かないようにしてあります」
碧  「大丈夫なんですか?」
教授 「大丈夫です。続けて下さい」
碧  「(プリントを上げて)まだこんなにあるんですよ」
教授 「実験のためです。あなたが続けることが必要です」
碧  「だけど!」
教授 「あなたが続けることが絶対に不可欠です」
碧  「わかりました…。?乾燥室 ?冷却室 ?乾燥室 ?消毒室」
幕内 「乾燥室」
教授 「次の160ボルトを引いて下さい」
   碧、目をつぶってレバーを引く。
幕内 「いたっ! 畜生! (声に苦痛と怒り)もういい。やめます」
碧  「先生…」
教授 「続けて下さい」
碧  「やめるって言ってますよ!」
教授 「彼は、この実験の被験者になることに同意しました。彼自身がいいと言っているのです」
碧  「だけど、もうやめるって…」
教授 「途中でやめることはできないと、契約書に明記されています。続けて下さい」
碧  「?長椅子 ?車椅子 ?丸椅子 ?籐椅子…」
幕内 「車椅子」
碧  「(心からほっとしたように)正解です…」
教授 「続けましょう」
碧  「?ローテーブル ?ナイトテーブル ?クッキングテーブル ?ダイニングテーブル」
幕内 「クッキングテーブル」
碧  「先生…」
教授 「迷うことはありません。続けるべきです。責任は我々が取ります」
   碧、レバーを引く。
幕内 「先生! ここから出して! もうこれ以上実験はやりたくない! もう嫌だ! おれは心臓が弱いと言っただろう!」
碧  「わたしもやめたいです…」
教授 「ショックは痛いかもしれませんが、皮膚組織に損傷が残ることはありません。ですから、どうぞお続け下さい」
碧  「?野生動物 ?愛玩動物 ?使役動物 ?有害動物…」
幕内 「愛玩動物」
教授 「次は200ボルトです。『非常に強いショック』に分類されていますね。どうぞ」
   碧、レバーを引く。
幕内 「いたっ! もうたくさんだ。いいですか、冗談を言ってるんじゃないんです!」
碧  「先生! わたしももう限界です!」
教授 「契約どおり続けて下さい」
碧  「?探偵小説 ?冒険小説 ?推理小説 ?警察小説」
幕内 「探偵小説」
碧  「やめます!」
教授 「続けて下さい!」
   碧、レバーを引く。
幕内 「うわっ! もう本当にだめだ。聞こえてるんでしょう? ちゃんとわかってます!? やめさせてください!」
教授 「続けてください」
碧  「?スポーツカー ?オフロードカー ?ユーティリティーカー ?コンバーチブルカー…」
幕内 「オフロードカー 」
碧  「やめます!」
教授 「駄目です。引いて下さい!」
   碧、レバーを引く。
幕内 「わあっ! 馬鹿なことはやめてくれ! ここから出してくれ! 出してくれ!」
碧  「何と言われようと、やめます!」
教授 「あなたのわがままのために、一千万円以上の金がかかった実験を台無しにさせないで下さい」
碧  「?携帯電話 ?移動電話 ?衛星電話 ?固定電話」
幕内 「携帯電話」
   碧、レバーを引く。
幕内 「わあっ! ここから出してくれ! お願いだから出してくれ! こんなところに閉じこめる権利はないでしょう! 出してくれ! 聞いてますか? 出してくれ、畜生!」
碧  「先生!」
教授 「続けて下さい」
碧  「?クラフトペーパー ?ウォールペーパー ?ブロッティングペーパー ?ラッピングペーパー」
幕内 「クラフトペーパー」
教授 「次は280ですから、『非常に強いショック』に入っていますね。引いて下さい」
   碧、レバーを引く。
幕内 「教授! 教授はどこです! もうやりたくないんだ! ここから出してください! 出してください!」
教授 「続けて下さい」
碧  「やめます! やめさせてください!」
教授 「あなたがどう思っても、契約どおり続けなければなりません。大丈夫です。あなたに責任を負わせることは絶対にありません」
碧  「?短靴 ?夏靴 ?革靴 ?雨靴」
幕内 「夏靴」
教授 「レバーを引いて下さい」
碧  「このままじゃ、死んじゃうんじゃ…」
教授 「責任は我々が取ります。あなたに責任はありません」
碧  「だけど、もし死んだりしたら、わたしは責任を感じずにはいられません!」
教授 「この実験は、安全に十分配慮しています。続けて下さい」
   碧、レバーを引く。
幕内 「ううっ…。やめてくれ。言ったでしょう。もうムリなんだ。お願いします…」
教授 「続けて下さい」
碧  「?東風 ?西風 ?北風 ?南風…」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム