偶像複合体

(ぐうぞうふくごうたい)
初演日:0/0 作者:たぬきさん
『偶像複合体』

登場人物
久藤美樹   芸名「miki」。女子高生。18歳。アイドルとしてデビューしている。
小山内かのん 女子高生。mikiのおっかけ。16歳。
大石ゆめな  女子高生。かのんの友人。16歳。 
笹原久美子  タレント。mikiの事務所の先輩。22歳。
久遠遼一   mikiの兄。警察官。交番勤務。巡査部長。23歳。
石田 謙   mikiのマネージャー。25歳。
谷中(やなか) 茂美  おか持ち。19歳。更正した元不良少女。

開幕

一場  テレビ局の楽屋
    遼一が上手側、石田が下手側に立っている。遼一がラフなスタイルなのに対して石田は紺のスーツ。遼一はデパートの紙袋を提げている。
石田  「あんたもわからない人だな。ダメだったらダメだ!」
遼一  「お願いしますよ…。このまま帰ったら怒られるんです」
石田  「あのな、mikiはタレントなんだよ。そうホイホイだれにでも会わせられるわけないじゃないか!」
遼一  「だけど、これをすぐ本人に渡さなきゃならないんです」
石田  「だから、おれが預かるって言ってるだろう!」
遼一  「美樹に直接渡さなきゃならないんです」
石田  「mikiからそんな話は聞いてない! そうか。わかったぞ、おまえいいトシしてプレゼントを渡したいだけだな。それでちょっとでもタレントと話したいとか思ってるだけだろう。いま大変なことが起きてるんだ。おまえなんかに構ってられるか!」
遼一  「なにかあったんですか?」
石田  「…なんで部外者のオマエに言わなきゃならない」
遼一  「そりゃあそうですよねえ」
石田  「その袋の中身はなんだ」
遼一  「知りません」
石田  「そんな怪しいモノをmikiに渡せるか! 帰れ!」
    石田、遼一の後ろ襟をつまんで、文字通り上手の舞台外につまみだす。石田、舞台にもどると、後ろから遼一がついてくる。
遼一  「ねえ、お願いしますよ」
石田  「しつこいな、おまえ」
    石田、遼一に相撲のように組むと、腹で寄り切る。そのまま上手の舞台の外に出す。石田が舞台にもどると、後ろから遼一がついてくる。
遼一  「お願いします。渡したらすぐに帰りますから」
石田、振り向くと何も言わずに相撲の突っ張りで遼一を上手の舞台の外に出す。
石田が舞台に戻ると、遼一が石田に背負われている。
石田  「やっと帰ったのか? しかし重いな」
    石田、遼一を背負ったまま舞台の上をウロチョロする。いきなり気が付く。遼一を振り落す。
石田  「てめえ、なにやってるんだ! だいたいどうやってテレビ局の建物に入ってきた!」
遼一  「守衛さんが知り合いだったので」
石田  「いい加減だな。あとで文句を言ってやる。なにか身分を証明するものを見せろ」
遼一  「参ったな…。免許証は車の中に置いてきたし」
石田  「身分が証明できないんだったら警察に突きだしてやる」
遼一  「それは勘弁してほしいですね…」
石田  「なんか後ろ暗いところでもあるのか?」
遼一  「めんどくさいだけです」
石田  「スネに傷のある奴はみんなそう言うんだ」
    遼一、紙切れを取り出す。
遼一  「クリーニングの引換券じゃだめですか?」
石田  「ダメだ!」
    遼一、カードを取り出す。
遼一  「歯医者の診察券では…」
石田  「ナメてんのか、てめえ!」
遼一、別のカードを取り出す。
石田  「ポン太カードもダメだ! おまえ、学生なのか? だったら学生証かなんかあるだろう!」
遼一  「いえ、一応勤めてます」
石田  「だったら、社員証を出せ!」
遼一  「社員証は…、ないんですけど」
石田  「フン、警察に突きだしてやる!」
遼一  「カイシャの証明だったら…、(注…警察官はなぜか、警察署のことをカイシャと呼ぶ)これはあまり出したくないんだけどな」
石田  「さっさと出せ!」
    遼一、警察手帳を出す。石田、硬直する。
石田  「警察手帳…」
遼一  「はい」
石田  「まさか、今日の事件についてだれかが通報したのか?」
遼一  「自分は何も知りません」
石田  「(虚勢をはりながら)捜査令状は?」
遼一  「捜査に来たんじゃありません。荷物を届けに来ただけです」
石田  「(虚勢)おまえ、そいつを見せれば何でもできると思ってるのか?」
遼一  「いいえ、あなたが出せと言うから出しただけです」
石田  「理屈を言うんじゃない! ただの公務員のくせに、ちっとばかしの権力をカサにきるんじゃねえ!」
    下手側から美樹登場。上手に歩いてくる。遼一、それに気づく。
遼一  「すいませーん。そちらのお嬢さん、久藤美樹にとりついでもらえませんか? どうしても渡したいものが…」
    美樹、何も言わずに下手側まで来ると、石田を押しのけて遼一に対峙する。
遼一  「すいません、きれいなお嬢さん。タレントさんですか? 久藤美樹に…」
美樹  「ていっ!」
    美樹、遼一の額にチョップを放つ。
遼一  「何を…」
    美樹、遼一の肩をがっしりつかんで顔を近づける。
遼一  「近いですよ!」
美樹  「あんた、あたしの顔を忘れたの!」
遼一  「…美樹じゃないか、見違えたぞ」
美樹  「フン(照れたように顔をそむける)」
遼一  「女はバケるって本当だな。プロのメイクってたいしたもんだ」
美樹  「うぬっ!」
    美樹、遼一に頭突きをかます。遼一、ふらつく。
遼一  「おまえ、どこから入ってきたんだ!」
美樹  「(ふらついている遼一にかまわず)この楽屋はね、向こう側にも入り口があるんだよ!…紹介するよ。あたしのマネージャーをやってくれている石田謙さん。こっちはあたしの兄貴で久藤遼一」
    石田、呆然としている。遼一、美樹に紙袋を渡す。
遼一  「確かに渡したぞ。じゃあな」
    遼一、上手に歩いていく。
美樹  「待ちなさいよ、いまお茶を淹れるから」
遼一  「いいよ、なんか疲れたし。じゃあ家でな。親父とお袋が待ってるぞ」
    遼一、退場しようとする。
石田  「(遼一に)待って下さい!」
遼一  「お騒がせしました」
    石田、遼一の上手側に立ちふさがる。
石田  「座ってください」
遼一  「帰りますから」
石田  「座ってください!」
遼一  「用はすんだし…」
石田  「座れ!」
遼一  「(ちょっとヒく)は?」
石田  「はっ…!(深々と頭を下げる)座ってください!」
遼一  「はあ…」
    遼一、テーブルについて座る。この間、美樹はポットときゅうすの辺りをうろちょろしている。茶筒を一度開けてすぐに閉めたりしている。石田も座る。
石田  「すみません…、帰れと言ったり帰るなと言ったり…」
遼一  「いえ、もとはと言えば…。(美樹に)美樹! おまえが話を通しておけば良かったじゃないか!」
美樹  「(ソファーの上のバックの中を探りながら)ごめーん。忘れてた」
遼一  「まったく…」
美樹  「石田さんに、あたしの兄だって言わなかったの?」
遼一  「それってなんかズルいだろう」
美樹  「すぐに信用されたとは思わないけど」
石田  「さきほどの無礼をお許しください…」
遼一  「いいんですよ。あなたのお仕事でしょう」
石田  「…わたしだけではないんですが、芸能関係者は警察官を嫌います」
遼一  「善良な市民で、警官を嫌う人はたくさんいますよ」
石田  「そんなに単純なことじゃありません」
    美樹、バックからペットボトルのお茶を出して遼一の前に置く。
遼一  「…おまえ、お茶を淹れてくれるって言ったよな」
美樹  「だから、お茶じゃないの」
遼一  「これはお茶を淹れたんじゃなくてお茶を出したんだよな」
美樹  「淹れるも出すも同じでしょ」
遼一  「入れると出すじゃ反対だろ!」
美樹  「男のくせに細かいねえ。ちょっとシュークリーム持ってくるよ。ファンの子から差し入れもらったんだ」
遼一  「おまえがもらったんだから自分でくえ」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム