死が二人を分かつまで

(しがふたりをわかつまで)
初演日:0/0 作者:たぬきさん
「死が二人を分かつまで」

登場人物
絵里奈 白のパンツルック。スニーカー。
一場・五場、高校の制服。
三場のみ白いミニのワンピースに素足にサンダル。
鈴   迷彩戦闘服。
高彦  陸上自衛隊常装制服。褐色のジャケットにスラックス。
一場・三場高校の制服。
五場、高校制服とジャージ。
康一郎 紺のスーツ。
民兵A 黒の作業服のような、戦闘服のようなものを着用。
喫茶店のマスター 白ワイシャツ、スラックス、蝶ネクタイ。
ウェートレス 店の制服。
操縦士 声のみ。



開幕

第一場
 中央のみスポットライトが当たる。絵里奈、テーブルについて座っている。胸にカナリアの死骸を抱いている。しばらくの間。
 上手から高彦登場。スポットが当たる。パントマイムでノックをする。絵里奈、無反応。
高彦、もう一度ノックをする。絵里奈やはり無反応。高彦、パントマイムでゆっくりとドアを開けて下手に進む。丁寧にドアを閉める。
高彦 「会長…」
絵里奈、無言。無反応。
高彦 「会長!」
絵里奈「うるさい!」
高彦 「失礼しました…。しかし副会長たちが言っています。『生徒会室にカナリアの死骸を持ち込むのはやめてほしい』と…」
絵里奈「気持ち悪いって言ってるの? この子が? それともあたし?」
高彦 「会長…」
絵里奈「だいたいなんで自分で言いに来ないの? なんであたしが一年坊主に説教されなきゃならないのよ!」
高彦 「おれは、説教なんか…」
絵里奈「だったらメッセンジャーボーイ?」
高彦 「(ややムッとして)違います」
絵里奈「ならなんで自分が言えばあたしが言うことを聞くと思ったの? だいたいこの子は死んでなんかいないの! 眠ってるだけなのよ!」
 高彦、何も言わない。
絵里奈「あんたわからないの! さわってみなさいよ! ほら!」
高彦、下手に進む。ライトの明かりが一つになる。絵里奈からカナリアの死骸を受け取り、赤ん坊のように大切に抱える。
絵里奈「わかった?」
高彦 「はい」
絵里奈「だけどこの部屋は寒すぎる。このままじゃ冷たくなってしまう。高彦! ペットショップに行って『ひよこ電球』を買って来い! 一時間以内にもどれ!」
 高彦、カナリアを絵里奈に返し、にっこりと笑う。
高彦 「わかった。三十分以内にもどる。待ってろよ…、絵里奈!」
高彦、ドアを乱暴に開けて(パントマイム)上手に走る。退場。
絵里奈「(カナリアの死骸に頬ずりして)今までありがとう…。あたしはもう大丈夫よ。だって…、あいつがいるから」
絵里奈、カナリアの死骸を抱いたまま上手に向かって歩く。退場。
ライトが消える。
ナレーション「(絵里奈の声)あれから数年の月日が流れた。私は日本から一万五千キロ以上離れた遠い異国にいた。この国は三十年以上続いた内戦がようやく終結し、現在は停戦監視のために数カ国の軍隊が駐留している。そしてこの土地の復興を支援するために日本の自衛隊も派遣されていた。しかし内戦こそ終わったとはいえ、多くの人々が飢えに苦しみ、人心は荒廃し、国中に武器があふれ、政府に力はなく、治安は最悪だった。そしてわたしはある日、ついにこの国で最も危険な存在、『グレアナ民兵』に捕らえられてしまった」
 パッと照明がつく。
第二場
 屋内。舞台中央に民兵、上手側に絵里奈が向かい合って立っている。上手側にテーブル。その前で康一郎が正座している。
民兵A「この国には、日本に帰ったら滅多に見られないものがたくさんある。本物の鉄砲、本物の殺人、そして本物の死体!」
絵里奈「わたしはもともと日本に帰るつもりなんかないわ」
民兵A「なるほど。あんたが日本を捨てたのは悪くない判断だ」
絵里奈「おあいにく様。たとえ日本を捨てたとしても、この国を拾ったりしないわよ」
民兵A「……(康一郎を見て)そちらのお兄さんはどうだ?」
康一郎「何でも捨てるから命だけは助けて下さい…」
民兵A「おれはあんたの命がほしい」
康一郎「ひっ…」
民兵A「日本からの援助がこの国の特権階級を太らせている。庶民には何も回らない。しかし日本人をこの土地で無差別に殺せば援助が途絶える。独裁者が斃れる」
絵里奈「特権階級ね…、いやに流暢な日本語じゃないの。お母さんから教えてもらったの?」
民兵A「母はいない」
康一郎「ぼくにもいません…」
民兵A「父もいない。日本語は外国語として習った」
絵里奈「(ニヤリと笑う)わたしにもいないわ。別に珍しいことじゃない。それで同情してもらえるとでも思ったの? わたしは自分をこんな目に遭わせている奴がどんな境遇でも可哀相に思ったりしないわよ…」
民兵A「なぜ笑っている?」
絵里奈「恵まれているくせに不幸自慢をしている奴が面白くてね!」
 康一郎、ひどく傷ついたような顔をする。
康一郎「そんな…」
絵里奈「甘ったれるんじゃないわよ。この国で日本語を学べる所と言ったら、国立の上級学校しかないはずね。国のお金で勉強させてもらって何が特権階級の打倒よ!」
民兵A「独裁者の金を浪費させた」
絵里奈「国民の血税よ!」
民兵A「こんな田舎で外国語なんか何の役に立つ」
絵里奈「それが不幸自慢だって言ってるのよ! わたしは医者よ。この国に来て武器を持っている奴を全て憎むようになった。わたしたちが慎重に救い上げている命を簡単に奪う奴らを心から軽蔑している。そんなオモチャを振り回して自分が強くなったような気がしている奴を憐れんだりしないわ!」
民兵A「面白いな、おまえらは…」
 民兵、心から楽しそうな顔をする。
民兵A「面白い。本当に面白い。日本では不幸が自慢になるっていうのは本当だったんだな。(間)この土地の人間はもっと素朴で素直だ。不幸な奴は軽蔑される。貧乏人は馬鹿にされ、贅沢する奴ほど尊敬される。不幸が自慢になるっていったいどういう社会なんだ? 日本語と一緒に日本の文化史を習ったが、興味がつきない。(絵里奈を見て)おまえ、医者か。尊敬されてるんだな」
絵里奈「あんたと世間話をするつもりはないわ」
民兵A「医者ってのは職人なんだろ? 人の体を治すのが商売の」
絵里奈、民兵をギロリと睨む。民兵、そんな絵里奈を意外そうに見る。
民兵A「へえ、日本では職人が尊敬されるっていうが必ずしもそうではないわけだ。日本人も、アホウにしか見えない鳥をアホウドリと名づけたころの素直さが残ってるわけだな。この土地でも、外国語をしゃべる奴より、網の修理ができる職人のほうがはるかに役に立つが、それで尊敬されるわけじゃない。威張っている奴がえらい。赤くて派手な色がきれい。脂っこくて栄養価が高いものがうまい。そして…」
民兵、拳銃を抜いて康一郎に向ける。
民兵A「銃を持ってる奴が強い」
康一郎「ひっ…。殺さないでくれ…。何でもするから殺さないでくれ」
民兵A「残念ながら、おまえの利用価値は、日本人として死ぬ以外ないんだよ」
康一郎、手を組んで民兵を拝む。ちらりと舞台奥の幕の方を見る。
康一郎「命だけは…」
民兵A「だけどこちらのお姉さんには別の価値がある。ボスに差し出してもいい」 
民兵、絵理奈の腕をつかむ。絵理奈、手を振り払おうとする。民兵、康一郎に向けていた拳銃を絵理奈の顔に向ける。
民兵A「おれが食っちまってもいい」
絵理奈、民兵を睨む。民兵、面白そうに絵理奈を見ている。
鈴、下手から登場。自動小銃を民兵に向かって構える。
 絵理奈、勢いよく民兵の手を振り払う。
鈴  「手を挙げなさい!」
民兵、鈴の方を見ながら拳銃を持ったまま両手を挙げる。首を傾けている。緊張感はない。
高彦、民兵に近づいて拳銃を奪う。
民兵A「二人だけか。これがMOTTAINAI精神って奴か?」
絵里奈「勿体ないっていうのはね、絶対に食べ残しなんかしないことよ。食べられない人が世界中にいることを思い出して、自分の境遇に感謝することよ!」
民兵A「日本人が皿の上のものを食っても食わなくても、ここで餓死する奴は餓死する。それでおまえらがいいことをしたような気持ちになれるんだったら、意味があるが」
高彦 「建物の周囲を二百名で包囲している」
民兵A「ふん、プラフか?」
高彦 「外に出ればわかる」
 高彦、振り返って鈴を見る。
高彦 「送ってやれ」
 鈴、小銃を突きつけたまま民兵を促す。
民兵、高彦の顔にぺっと唾を吐きかける。鈴の前を歩く。二人とも下手に退場。
康一郎、正座を解いて立ち上がる。
照明が白になる。鈴と高彦が登場する前より明るい。
高彦、ポケットからハンカチを出して顔を拭う。冷静。絵理奈に向かって挙手の礼をする。高彦下手側、絵理奈上手側。
高彦 「『ボーダーレスドクターズ』の、外科の由比藤医師ですね。こちらでは主に防疫給水支援の活動をしていますが、臨時に邦人保護の任務につきました。陸上自衛隊第三十四普通科連隊、第一中隊長、一等陸尉新条高彦です。本来なら四分前に到着できたはずなんですが。申し訳ありません」
 絵里奈、そっぽを向いて腕組みをする。
高彦 「あの…、由比藤先生」
絵理奈、そっぽを向いたまま。表情に苛立ち。
高彦 「先生…」
絵里奈、高彦をギロリと横目で睨む。右手で根本を縛っていたゴムを外して髪をほどく。左手で横髪をかきあげて耳の上にもっていく。
高彦 「(困ったように)やはりあなたのことはこう呼ぶべきなのでしょうか。……久しぶりだな、絵里奈」
絵里奈「遅いわよバカッ! 相変わらず使えない奴だわね…。あんたが遅刻したせいであたしがどんなに嫌な思いをしたかわかってる?」
高彦 「さっき謝っただろうが…」
絵里奈「何よその態度! 反省が足りない!」
高彦 「ご両親は元気か?」
絵里奈「……なんであんたにそんなこと教えなきゃいけないのよ」
高彦 「とにかく陸自の宿営地まで送る」
絵里奈「いや」
高彦 「ここは危険だ。丸腰で歩けるような土地じゃない」
絵里奈「絶対いや! 武器を持っている奴は信用できないわ! あんたたちが腰にぶら下げているオモチャのせいで人が死ぬのをいやというほど見て来た。この土地が危険なのは、あんたたちみたいな奴らがいるからよ!」
高彦 「それはともかく、送らせてくれ」
絵里奈「今のあんたの世話になったら、あたしが修めた医学っていう学問への裏切りになるのよ!」
高彦 「たまには素直に言うことを聞け」
絵里奈「おあいにく様。あたしはあんたの部下じゃないわ。あんたが自衛隊で偉いのか偉くないのか知らないけど、あたしに関係ないことよ。それにあたしは、『素直』ってことが必ずしもいいことじゃない気がしてきたの!」
高彦 「(康一郎を見て)何かあったんですか?」
康一郎「素直なことは素直なことでしかない。いいことでも悪い事でもない」
絵里奈「偉そうに何を言ってるの? 命乞いしてたくせに」
康一郎「素直だから」
絵里奈「とにかく行かないからね!」
高彦 「おれを困らせるな!」
絵里奈「知らないわよそんなの! 武器を持ってる人間と一緒にいるのはいやだって言ってるでしょうが!」
 高彦、絵理奈の手を取る。
高彦 「とっとと来い!」
 絵里奈、しゃがんで体重を後ろにかける。
高彦 「子どもか、おまえは!」
 鈴、下手側から登場。
絵里奈「いや! 絶対いや!」
高彦 「いいからおまえは、黙っておれについてこい!」
絵里奈、立ち上がり、体を真っ直ぐにのばして高彦に食ってかかる。
絵里奈「あっ、あんた…、何様よ。あんたいったいあたしの何なの!」
 高彦、手を離す。
高彦 「おれはおまえの味方だ。どんな時でもな。それだけは忘れるな」
絵里奈「……味方」
鈴  「空や海と違って、陸には様々な人たちが入り組んだ状態で住んでいます。陸の上では、誰が味方で誰が敵かがわからなければ戦いようがありません。だからどの国の陸軍軍人も、まずそれを明らかにします。『我々』はあなたの味方です。それだけは覚えていて下さい」
 絵里奈、鈴をジロリと睨む。
絵里奈「誰?」
鈴  「陸上自衛隊、東部方面隊補給中隊所属、三等陸尉井上鈴です」
絵里奈「あんたに聞いてないわよ! 高彦! だれよこの人!」
高彦 「今言った通りだ。ちょうど宿営地に女性隊員がいたからついてきてもらった」
 絵里奈と鈴、対峙する。真ん中にいる高彦が居心地悪そうな顔をする。
鈴  「(絵里奈を見て)きれいな方ですね…」
高彦 「こいつはそんなことは言われ慣れてるぞ」
鈴  「よくご存じですね」
高彦 「高校がおなじなんだ」
鈴  「どこの高校ですか?」
高彦 「上陽学園櫻川高校」
鈴  「野球部がセンバツで優勝したり、夏に全国準優勝したりした?」
高彦 「そうだ」
絵里奈「(鈴を見て)可愛いじゃないの」
高彦 「(困ったように)そうか…、そうだな」
絵里奈「若いわね…」
高彦 「おれよりもさらに下だから、おまえから見たらすごく…」
絵里奈「余計なこと言うんじゃないわよ!」
康一郎「あの…、年下の男に呼び捨てにさせてるってことは…」
 絵里奈、鈴から視線を外し、顔を客席の方に向け、横眼で高彦をちらりと見る。
絵里奈「(わざとバカにしたように)告白はこいつからだったわ」
 高彦、バツの悪そうな顔をする。
高彦 「そのことは今はいいだろう。とにかく宿営地まで送る」
 鈴、高彦の方を見る。
鈴  「新条一尉、ちょっと…」
 鈴、やや下手に移動。高彦を呼び、小声で何事かを説明する。絵里奈、横眼で見てイライラしている。
 高彦、鈴を下手に残して絵里奈の所にもどる。
高彦 「状況が変わった。おれは『本来任務』のためにここに残る。おまえは部下に送らせる」
絵里奈「(心底心外そうに)ハァ?」
高彦 「近くの日本人学校が民兵に襲撃されるのではないかという情報が入った。中隊はこれより移動する。おれはここに残るからおまえは中隊といっしょに…」
絵里奈「いやだって言ったのが聞こえなかったの? あたしの仕事は命を救うことよ! 人殺しの集団に守られる覚えはないわ!」
鈴  「…どうしますか?」
高彦 「やむを得ない。自衛隊には邦人を強制的に移動させる権限はない」
 絵里奈、高彦を睨む。
鈴  「しかし、それが求められていなくても、邦人を守る義務があります」
高彦 「その通りだ。中隊を二個分隊に分ける。第一分隊はおれと井上、おれが直卒する。任務はここに残って民間人を保護することだ。残りの隊員全てで第二分隊を編成する。指揮は高橋二尉。日本人学校に急行し邦人を保護、宿営地まで護衛するのが任務だ。高橋に伝えろ。…いや、おれが言おう」
絵里奈「ちょっと、それじゃ…」
高彦 「おれはおまえを移動させることはできないが、残って守ることはできる」
絵里奈「…勝手にしなさい!」
高彦 「勝手にさせてもらうぞ」
 高彦、下手側に退場。絵里奈、目で追う。腰をもぞもぞさせる。
鈴  「(絵里奈に)分隊長に言い過ぎたと思っているのなら気にしなくてもいいです。自衛隊が守っている相手から罵倒されるなんて、よくあることです。分隊長もさっきみたいな反応には慣れていますよ」
絵里奈「余計なこと言うんじゃないわよ!」
 高彦、下手から登場。
絵里奈「高彦…、ちょっとその…」
 絵里奈、目が泳いでいる。腰をモゾモゾさせ、足をモジモジさせる。焦った表情。
高彦 「おまえ何か、荷物があるか? 小さくても」
絵里奈「ないわ」
高彦 「ポケットの中は…」
絵里奈「いま身体検査なんかしたら、絶対に許さないわよ!」
高彦 「カラか」
絵里奈「うん…」
高彦 「(鈴を見て)井上、頼む」
鈴  「は?」
高彦 「絵里奈に渡してくれ」
鈴  「何をですか?」
 康一郎、気まずそうに顔をそらす。
高彦 「雑嚢には何が入っている?」
鈴  「水、レーション、ナイフ、ライター、国旗、薬品、ティッシュペーパー…」
高彦 「渡せ」
鈴  「何をですか? 命令は明確にしていただかないと困ります」
高彦 「(やけ気味に叫ぶ)ティッシュを絵里奈に渡せ!」
 鈴、ポカンとしているが、雑嚢からティッシュを出して絵里奈に差し出す。高彦、鈴よりも下手側に移動。
鈴  「そういうことですか…はい」
 絵里奈、ひったくるようにティッシュを取る。
絵里奈「(鈴に)こんなことを男の人に言わせるなんて、最っ低!(高彦に)なんでこんな子を連れてきたのよ!」
高彦 「おまえの世話をさせるためだ」
絵里奈「あたしの面倒くらい自分で見なさいよ!」
鈴  「分隊長は部隊の指揮を執るのに集中しなければなりません。あなたにばかりかまっているわけには…」
高彦 「井上、言い方がある。絵里奈、男のおれではどうにもならないことがあるんだ。(鈴に)トイレなんていう気の利いたものはこの建物にはないだろうが、どこか適当な場所に連れていってやれ。警戒しろよ。その時も絶対に離れるな」
鈴  「はい」
絵里奈「いやよ。高彦、あんたが連れてって」
高彦 「正気かおまえは」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム