俺、天使ですけど。何か?

(おれ、てんしですけど。なにか?)
初演日:0/0 作者:高平 九
   
                      
「俺、天使ですけど。何か?」   高平 九


 キャスト 男四名 女四名 ニュースの声はどちらでも。
     
       │脱走犯 柴田裕太                        
       │主婦  神原真莉                        
       │長女  神原安珠                        
       │次女  神原美加                        
       │夫の母 神原桐子                        
       │夫   神原 仁                        
       │弟分  清水健太                        
       │婚約者 沖津大輔                        
       │ニュースの声

       │  │BGM。緞帳が上がる。                  
       │  │正月四日。午後三時過ぎ。安いアパートの一室。       
       │  │部屋には暖房らしきものがなく寒そう。           
       │  │舞台上には炬燵が出ているがもちろん電気は入っていない。  
       │  │厚着をした美加が卓袱台の上で何か勉強をしている。     
       │  │下手袖から真莉が登場する。なぜか薄着である。       
       │                                
    真莉 │ただいま。(下手袖中に向かって)どうぞ遠慮しないで上がって。  
       │                                
       │   下手袖(玄関)からビニール袋を下げた柴田が入ってくる。柴田は
       │   女物のコートを着ている。真莉のものらしい。        
       │                                
    美加 │おかえり。(柴田を見る。「またか」という顔)          
       │                                
    柴田 │やあ(と美加に声をかけて部屋を見回す)             
       │                                
    美加 │こんちは(と言ってまた勉強に集中する)             
       │                                
       │   真莉、柴田からビニール袋を受け取って、          
       │                                
    真莉 │ありがとう。重かったでしょう。                 
       │                                
    柴田 │これ(と言ってコートを脱ごうとする)              
       │                                
    真莉 │とりあえずまだ着てなさいな。ここも寒いから。          
       │                                
    柴田 │はあ(と返事をして立っている)                 
       │                                
    真莉 │この子は次女の美加。これ置いてくるから、どうぞ楽になさってね。 
       │                                
       │   真莉、ビニール袋を持って上手袖(台所)に入る。      
       │   柴田、美加の隣に座る。                  
       │                                
    柴田 │勉強か?(と言って美加のノートを覗き込む)数学だな。      
       │                                
    美加 │……。                             
       │                                
    柴田 │叔父さんはこれでも工業高校だぞ。中退だけどな。貸してみな。(と言っ
       │て美加のノートを取り上げて見て)なんだこりゃ?         
       │                                
    美加 │リーマン予想。リーマンゼータ関数の零点が、負の偶数と、実部が 1/2
       │の複素数に限られるという予想のこと。もう少しで証明できるんだけど。
       │                                
    柴田 │ふーん。よくそんな一銭にもならねえことに夢中になれるな。    
       │                                
    美加 │これミレニアム懸賞課題の一つでさ。証明したと認められたら百万ドルも
       │らえる。                            
       │                                
    柴田 │ひゃ、百万ドル! 貸してみろ。(しばらく見て)駄目だ! どこにも足し
       │算や引き算がねえじゃねえか。                  
       │                                
    美加 │(柴田を見つめながら)叔父さん。どこで母さんに拾われたの?   
       │                                
    柴田 │え? スーパーの裏だけど別に拾われたわけじゃ……。        
       │                                
    美加 │ああ。よく母さんが大根の葉っぱとか賞味期限の切れた肉とか拾ってくる
       │とこだね。叔父さん、そんなとこで何してたの?          
       │                                
    柴田 │……別に。ただ通りかかって……(美加を見て)なんだよ。     
       │                                
    美加 │あんなとこ、ただ通りかかったりしないって。小父さんもホームレス?
       │                                
    柴田 │俺はホームレスじゃ……。                    
       │                                
    美加 │じゃあ、何?                          
       │                                
    柴田 │……。                             
       │                                
    美加 │まっ、なんでもいいよ。母さんの人助け病は今にはじまったことじゃない
       │から。でも、あんまり期待しない方がいいよ。ご覧のようにもううちには
       │何もないから。                         
       │                                
       │    下手袖中から安珠の「ただいまあ」という声がする。     
       │                                
    美加 │お帰りい。                           
       │                                
       │    下手袖から安珠出てくる。                 
       │                                
    安珠 │ただいま……(柴田を見て、美加に)また。            
       │                                
    美加 │(頷く)早かったね。                      
       │                                
    安珠 │困ったもんね。それで母さんは?                 
       │                                
    美加 │台所じゃない。                         
       │                                
    安珠 │スーパーも今日からだから大したもの拾えなかったんじゃない……これ、
       │食べて。                            
       │                                
       │   安珠が卓袱台の上にコンビニ弁当の入った袋を出す。     
       │                                
    美加 │コンビニ弁当だ。やったー。ありがとう。お姉ちゃん。……母さん。安珠
       │がお弁当買って来てくれたよお。                 
       │                                
       │   美加は弁当の袋を持って立ち上がり上手袖に入る。柴田に会釈しな
       │   がら坐る安珠。柴田は美加の残したノートを覗き込んでいる。 
       │                                
    安珠 │美加は大学で理論物理学を専攻してんの。来年はハーバードに留学したい
       │らしい。                            
       │                                
    柴田 │さっきは数学やってたぞ。リー……なんとかって奴。        
       │                                
    安珠 │根っからの理系だから不思議じゃないけど。なんでリーマン予想なんか…
       │…。(もう一つのビニール袋から缶ビールを二本出して一本を柴田の前に
       │置く)はい。これ飲んで(自分の分の缶ビールのプルトップを引いて飲み
       │始める)                            
       │                                
    柴田 │こりゃ。ごっつぁんです。へへへ(ビールを旨そうに飲んで)そういやあ、
       │それやると百万ドルもらえるとか言ってたな。           
       │                                
    安珠 │なるほどね。ミレニアム懸賞でハーバード留学の費用を作ろうってか。
       │                                
    柴田 │(さらに飲んで)せっかくの百万ドルなんだからもっと楽しいことに使や
       │いいのによ。                          
       │                                
    安珠 │(さらに飲んで)そうだよね。人生楽しまないとね。        
       │                                
    柴田 │(さらに飲んで)そう。人間楽しいのが一番。           
       │                                
    安珠 │小父さん。いいこと言う。カンパーイ。              
       │                                
       │  柴田と安珠が乾杯をしているところに、上手袖から真莉と美加が 
       │  弁当や料理を持って出てくる。                
       │                                
    美加 │ああ。ずるいお姉ちゃん。あたしの分は?             
       │                                
       │  真莉と美加坐る。安珠ビールはもうないという仕草をするが、美 
       │  加がすねると、袋から二本取り出して美加と真莉に渡す。    
       │                                
    真莉 │(安珠に)それで今日どうだった?                
       │                                
    安珠 │仕事始めだから何もやることなくて。早退しちゃった。       
       │                                

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム