あるコイの物語

(未上演短編)

(あるこいのものがたり)
初演日:0/0 作者:仲原時雨丸
あるコイの物語

恋する乙女(以下乙女)
恋する青年(以下青年)
泥棒

母親

    舞台は青を基調とする。
    イメージは水面。
    いや、水中である。
    乙女、現れる。

乙女   私は、ある人に恋をした。
青年   僕は、ある人に恋をした。
乙女   とっても立派な方。
青年   とても美しい方。
乙女   でも私なんかが。
青年   いや僕なんかはとても。
乙女、青年  ふさわくない。
乙女   だから私は彼を見ていた。そっと。
青年   だから僕は彼女を追っていた。いつも。
乙女   時折、すれ違い。
青年   心は高鳴った。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム