美樹ちゃんドッキリ大作戦

(みきちゃんどっきりだいさくせん)
初演日:0/0 作者:井口時次郎




 「美樹ちゃんドッキリ大作戦〜落語『御神酒徳利』より〜」(作:井口時次郎) 
                         
                         

【登場人物】

        ナビゲーター

        美樹・・・・高校3年生。

        望 ・・・・高校3年生。美樹の友人。

        加奈子・・・高校3年生。美樹、望の友人。

        公一郎・・・望の彼氏。

        梅田君・・・公一郎と同じクラスの生徒。気が弱い。

        上田先生・・・体育教師。



***脚本ここから***


        舞台は放課後の教室。
        ナビゲーターが登場する。

ナビ    ウソ。誰もがついてしまうことありますよね。「私はウソなんてついてことないよ」なんてウソもあるくらいです。ウソと一口に言っても大きいウソ小さいウソ、タチのいいウソ悪いウソといろいろあるわけなんですが、まあウソっていうのはたいがいバレちゃうもんですからバレないためにまたウソをつく。ウソにウソを重ねていって、いつのまにかとんでもないことになってしまう。
     みなさんも気をつけてくださいね。軽い気持ちでついたウソがどんどん大きくなって、取り返しのつかないことになってしまうこともあるんですから。

        このナビのセリフの間に、加奈子と望が登場する。

ナビ    彼女は三谷望。なんだかとってもいいことがあったみたいです。
     そのことについて友だちの加奈子ちゃんと話をしているようですよ・・・

        ナビ退場。
        入れ替わりに照明明るくなり、舞台は教室となる。

加奈子  えーーーーホントに?
望    うん。ついに。
加奈子  望大好きだもんね。
望    そうなの。でねでね、今まで何回も申し込んでたんだけど全然当たらなかったのね。
加奈子  うん。
望    でも、今回公一郎が申し込んだら・・・当たったの!

        望、嵐のコンサートチケットを出す。

加奈子  へー。
望    やっぱり運命の人だってことね。
加奈子  二人で行くの?
望    そりゃそうでしょ。
加奈子  ふーん。公一郎君って嵐好きなんだっけ?
望    現在DVDにて洗脳中。
加奈子  洗脳って。
望    だって嵐のライブだよ?楽しまなきゃ損じゃん。
加奈子  はいはい。仲良くていいね。
望    ごーめーんーー。
加奈子  ウザ。
望    ごーーーめーーーんーーーー。
加奈子  わかったって。もう。

        上手から美樹が入ってくる。

美樹   おいーっす。
加奈子  あ、美樹。どうだった?
美樹   めっちゃ怒られた。
加奈子  そりゃそうだよ。担任の教科くらいがんばらなきゃ。
美樹   がんばったんだよ?だけどね、わかんないものはわかんないんだもん。
加奈子  いやーわかんないったってさ、限度があるでしょ。
美樹   何よ虚数って!ウソか!ウソつくなよ数学。人生正直が一番だよ。
望    美樹。ドンマイドンマイ。
美樹   なんだその心ない励ましは。
望    え?そんなことないよ。親友が数学赤点取るなんて心から心配だよー。
美樹   見事な棒読みだ。
加奈子  美樹。相手にしちゃダメだって。望ちゃんはいま幸せ絶頂中だから。
望    加奈子ー。そんなことないってばー。
美樹   あ、ホントだ。
加奈子  当たったんだって。嵐のコンサート。
美樹   え、マジで?
望    マジでー。
加奈子  それも愛しの公一郎君があてたんだって。
美樹   そうなの?
望    そうなのー。
加奈子  それでそれで、公一郎君と二人で行くんだって。
美樹   彼氏と二人で嵐?
望    彼氏と二人であらしー♪
美樹   殺す。(望の首を絞める)
望    きゅーーーー。
加奈子  美樹。美樹!やめなって。
美樹   はっ!(手を離す)あやうく人を殺めてしまうところだったわ。
望    ひどいなあ美樹ー。死ぬかと思ったよー。
美樹   (もう一度首を絞める)
望    きゅーーーーーーーーー!
加奈子  美樹ー!!白目!白目向いてるよ!
美樹   はっ!!

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム