デュプリケイト・サンクス

()
初演日:0/0 作者:ひよこ大福

デュプリケイト・サンクス

あらすじ

ある日、紹介状を持ってカウンセリングに来たのは重い心臓疾患を抱える女の子だった
木戸リツカ。そう名乗った少女と話をしてわかったのは、近々に心臓の手術を受けるという事。
それが恐ろしくハイリスクで、おそらく自分はその手術で死ぬと言い切った事。

だから、できるだけ僕は寄り添うように話を聞く。死への恐怖、手術への不安、人間関係のストレス。
それらからほんの少しでも心が軽くなるように、いつも通り語りかける。そう、いつもとかわらない。

今回もそのはずだった。

「先生。今そこから飛び降りようとしてた?」

彼女に自殺の現場を見られるまでは。

これは僕と彼女が抱えるナゾと秘密が暴かれて、ほんの少しだけ許される話だ。
z

登場人物

僕   ある秘密を抱えている。医者
私   あるナゾを抱えている。病人
姉   ある病気を抱えていた。私の姉
●   ト書き


 du・pli・cate
【デュプリケイト】
 1:複製
 2:瓜二つの
 3:
 4:


 病室-部屋は簡素だが本やラジオ、音楽、テレビなどの設備がある程度ある。
●僕-扉をノックする。

私 はぁい。
僕 失礼するよ。

●僕-扉を開ける。
●私-手紙を書いている最中。

私 ん?あぁ、先生!こんにちは。
僕 やぁ、調子はどうだい?
私 うーん、普通。どうかしたの?カウンセリング、今日もだっけ?
僕 たまたま通りがかってね。ま、お見舞いとでも思ってよ。
私 あはは、嬉しいなぁ。なんだか新鮮な気分。
僕 ……それは?何を書いているんだい?
私 ん、えー……これ?お手紙。
  えっと……退院しちゃった友達から手紙が届いたから返事を書いてるの(何かをごまかすように)
僕 ふーん。今時手紙か。珍しいね。
私 手紙のほうが気持ち伝わるでしょ?ま、みんな退院しちゃったから暇なだけなんだけどね。……あ。ねえ、先生。
僕 ん?
私 私、まだ「ありがとう」って言ってもらってないよ?
僕 えー……と。ぼく何かしてもらったっけ?
私 もう。とぼけるんだから。あれだよ、ほら。昨日引き留めてあげたじゃん。……自殺(静かに強調するように)

●室内が静まり返る。

私 その話をしに来たんじゃないの?
僕 あー……木戸さん。木戸立花(きどりつか)さん。
私 堅苦しいなぁ、ドリーでいいよ。
僕 ドリー?
私 うん。あだ名なの。かわいいでしょう?木戸の「ド」とリツカの「リ」でドリー。
僕 …………(嫌な記憶がフラッシュバックしたような表情)
私 どうかした?
僕 あぁ、いや……かわいらしいけど……(あだ名を呼ばない理由を考える)
  友達じゃないんだから、患者さんをそんなあだ名でなんて呼べないよ。
私 ふーん。婦長さんは呼んでくれるけど。で、あぁ、昨日の話だっけ?
僕 それこそ昨日も言ったけど勘違いだよ……サボっていただけださ。医者だよ?病院で自殺なんて……
私 嘘だぁ、あんな思い詰めた表情で屋上の手すりから身を乗り出してさ。
  今にも飛び降りるんじゃないかって、焦って声かけちゃったけど。
僕 驚かせてごめんね、ただお礼なんて言わないよ?本当に僕は自殺なんてするつもりなんてなかったんだ。
  逆にさ?木戸さん。僕だって「ありがとう」って言われてもいい立場なはずだよ?
私 はぁ?どういうこと……
僕 ほら、あの屋上、普段は鍵がかかっていて立ち入り禁止だ。けどなぜだか君はそこに来た。
  そして僕と話をしている最中にやってきた田島婦長にハチャメチャに怒られそうに
  なったところを庇ってあげたのは誰だい?僕だ。
私 う。いや、確かに婦長はめちゃくちゃ怖かったけど……でも屋上に先に立ち入ってたのは先生じゃない!
  そもそも私は散歩してただけだし!
僕 散歩?
私 ……もうすぐ手術だから。私の病気、知ってるでしょ?体力作り!だから私は悪くない!
僕 堂々巡りだね。君の指摘は事実じゃないから僕は謝らない。
  君も自分の非ではないから僕には謝らない。ここらで収めるのが良くないかい?
私 別に謝ってほしいわけじゃないよ……ふん、「ありがとう」ぐらい素直に言ったらいいのに。
僕 そっちこそ。
私 絶対に嫌。
僕 ならこの話は終わり。ほら、手止まってるよ?手紙、いいのかい?
私 ……今日はもういい。書くこと思いつかないし(手紙をくしゃくしゃに丸めてゴミ箱に投げる。
  はぁー、残念。弱みに付け込んで色々とお願いきいてもらおうと思ったのに。
僕 おいおい。そんな回りくどい事しなくても、相談事があるなら普通に言っていいんだよ?
私 ……ん。
僕 何か悩みがあって僕のところに来たんだろ?外科の先生に紹介状までもらってさ。

●私-たっぷり悩み、か細く言葉を吐き出す。

私 ……た、助けてほしいの。
僕 たすけ……えっと?
私 あ…………(続きを言い出せずうつむく)
僕 木戸さん?

●ノックの音。姉が入ってくる

姉 りっちゃん、ごめんね遅くなって。…あれ、お客さん?
僕 あぁ、えっと……こんにちは。失礼してます。
私 何しに来たの、お姉ちゃん(声色が冷たくなる。警戒している風に。姉に対しては終始反抗期っぽい態度)
姉 なにしにって……はい、本。頼んだのりっちゃんでしょ。
私 ん……

●姉-リツカのそばに数冊の本を置き、戸惑いながら僕を見つめる

姉 ……えっと?
私 この人はカウンセリングの先生……紹介してもらったの。
姉 あ……失礼しました。いつもりっちゃんがお世話になってます
僕 ……いえ、こちらこそ。はじめまして。
姉 あら、じゃあもしかして診察中だった?ごめんなさい、邪魔だったら
僕 あぁ、いえいえ。たまたま立ち寄っただけなので。……いや、それにしても

●僕-私と姉を比べるように見る

姉 何か?
僕 いえ、似てらっしゃるなぁと思って
私 ……(不満そうな表情)
姉 あはは、姉妹ですから。

●姉-花瓶の位置を変えたりカーテンを開け換気したり、おせっかい感を出しながら話しかける。

姉 でも良かったぁ。りっちゃん、カウンセリング受けてくれたんだね。
  1人で抱え込んでるんじゃないかなって心配してたんだから。
私 ふぅん
姉 またそんなそっけない返事して。ねぇ、ちゃんと聞いてる?(リツカに遮られる)
私 わかってるようるさいなぁ
姉 ……はやく病気も治って退院できるといいね。大丈夫だよ、お姉ちゃんだって治ったんだから。
  先生、りっちゃんのこと、よろしくおねがいしますね
私 …………
僕 木戸……リツカさん。お姉さんも来られてるし、僕はそろそろ仕事に戻るよ。
  また話したいことがあったらいつでも診察室においで
私 はーい……ねぇ先生。ドリーってあだ名が嫌なら呼び捨てでいいよ。
僕 ……またね、リ(リツカと呼ぼうとした瞬間、姉のセリフが被る)
姉 リツカ!!

●ドリーと聞いた瞬間、姉の表情と雰囲気が険しいものに変わる

僕 え、え…?
姉 なんであなたは……!!そんな風に自分の事を呼ぶのはやめてって言ったじゃない!!なんでよっ…

●私-姉とは目を合わせない。淡々という

私 なんで。って?なにかおかしいの?ただのあだ名じゃん
姉 おかしいよ!だって……!!
僕 あ、あの!すいません落ち着いて!!病室ですから……
姉 りつかっ!
私 お姉ちゃん。本、ありがとう。でも今日は帰って。具合が悪いの。
姉 ……りっちゃん。でも、
私 帰って。
姉 すいません。失礼します…

●姉-僕に会釈し退場。気まずい空気が流れる。リツカはなぜか落ち込み気味。

僕 リツカ、あの……
私 ごめんね、空気悪くしちゃって。気まずいでしょ?よく知らない患者の姉妹ゲンカ見せられちゃったらさ。
僕 ……お姉さんとは仲が悪いのかい?
私 さぁ、どうなんだろう……やだな、そんな顔しないで?深い意味なんてないから
  ……うちは少し複雑なの。誰だって特別な事情ってあるでしょ?
僕 特別な事情……か。
私 先生だって。
僕 僕がなんだって?
私 先生。……私が見間違えるわけないじゃん。
僕 見間違えだよ。自殺するつもりなんてなかった。
私 そんなこと一言も言ってないけど?

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム