星は天を廻るので。

(ほしはてんをめぐるので)
初演日:0/0 作者:竹輪犬


〔キャスト〕
 男×1人
 女×1人

 霜田薫生(しもだ かおる)
  大学四年生。就職を機に遠方へ越すことになったので、ある人に想いを告げようと
  決心する。

 畑中実里(はたなか みのり)
 OL。気になる男性をいい感じのデートスポットに誘った。





 *場所、星見(ほしみ)広場。中央よりやや上手側にベンチ。
  舞台下手側、薫生板付き。観客側の上のほうを見つめている。
  
  ▽明転

薫生  ……来て、くれるかな。正真正銘の最後だから、ちゃんと伝えたい。

  *上手から実里がやってくる。薫生、それに気づくも振り返らず。

実里  あぁー、場所、ここで合ってるのかなあ? 暗くてよくわからないよ。
    あ、アレかな?

薫生  (背を向けたまま)やっと! 来てくれたんですね。

実里  ええっ? ごめん、そんなに待った? でも、まだ待ち合わせ十分前だよね……?

薫生  いや、時間なんてどうでもいいんです。僕は、今この場にあなたが来ているという、
    その事実がたまらなくうれしくてしょうがない!

実里  え? え? あ、あの、何か勘違い……、

薫生  あなたを好きになったのは、忘れもしない六年前……。
    そう、僕たちがまだ高校二年生の時です。覚えていますか?

実里  (しばし考えこむ)……いや、まったく。

薫生  ふふ、そっか……だって、華やかだったあなたに比べれば、僕なんて道端に生えて
    いるコケのようなもの。印象がないのも当然、ですよね。たとえ部活が一緒でも。
    でも、僕はちゃんと覚えています。あの日のことを。

実里  なんか語りだした……。

  *実里、あちこちを歩き回り他の人影を探す。薫生、その間も話し続ける。

薫生  部活中、一人でモソモソと研究結果をまとめていた僕の後頭部を、あなたは先生のコレクションであった、バカでかい石灰岩で思い切り殴りつけてくれましたね。

実里  なにそれ!

薫生  いやあ、あれは衝撃的だったなあ……。

実里  よく死ななかったね……。

薫生  でも、確かあれはわざとじゃなく、事故だったんですよね。
    (鼻の下を擦り)あれから、僕、あなたのことが好きになっちゃって。

実里  それ、どういう神経?

薫生  普段、笑顔のたえないあなたも、僕を殴ってしまった時ばかりは顔色が変わって。
    そのギャップがよかったんですよね。

実里  変態じゃん……。

薫生  変態、ですか……。でも、あなたは僕の見舞いに来てくれましたよね?
    それから打ち解けることができて、変態と思われていたとしても、嬉しかったです。

実里  そ、そうなんだ……。

薫生  だから!! あなたが今日ここに来てくれて、僕はとっても喜ばしい!!
    さあ、僕と一緒に星を観測しまーー。

  *薫生、ここで初めて振り返り、実里の姿を確認する。

実里  あ……こんばんは……。

薫生  ……えっと。

実里  はい。

薫生  ん?

実里  はい?

薫生  ふむう……。

  *薫生、再び観客の方を見てしばし考え込む。そうしてまた振り返る。

薫生  ……ん?

実里  ん?

薫生  ……もしかして、違いました?

実里  はい、違いますね……。

薫生  ああ……。

実里  あはは……。

  *薫生、膝から崩れ落ちる。

薫生  死にてえ……。

実里  ええーっ。ご、ごめんなさい……?
    でもなんで一回も振り返ってくれなかったの!?

薫生  恥ずかしくて……。

実里  確認しないから今こうなってるんだよね?

薫生  そうです……穴があったら自爆したい……。

実里  穴がなくても自爆してるけど……。

薫生  なんてこったああーやっちまったああー。

実里  ま、ま、落ち着いて……。私もここで人を待ってて、それで来たら君がいたって
    わけなんですけれども……。

薫生  うおおー! あの人じゃなかったー!

実里  私もそんな感じ。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム