かくさんの悲劇

(未上演短編)

(かくさんのひげき)
初演日:0/0 作者:仲原時雨丸
かくさんの悲劇

    仲原時雨丸

登場人物

警部補
巡査部長
犯人
被害者

    所内取調室。
    机に座っている犯人。
    警部は、犯人とは違う方向を見ている。
    巡査部長は調書を取っている。

警部補   なぁ、もう一度聞くぞ。なぜ殺したんだ。

    静寂

警部補   まただんまりか。自供通り、死体が上がって、お前の偽装についても自供が取れた。鑑識での裏付けも取れた。
犯人   はい。
警部補   だが、死因はわかっても、その手口。殺害方法だけが、動機はわかる。が、それにしても
犯人   だから何度も
警部補   何度も聞いたよ。勢い余って殺した。
犯人   そう
警部補 じゃねえだろ!その原因だよ!理由だよ!!動機があって、殺した。でも、そこ    に至るきっかけとか、衝動とか、そう、何か、キレるというか、あるだろうが!  それを言えってんだよ!!ただ勢いで殺しましたじゃ世間様だって納得できねぇ  の!!何べん言わせるんだ!!
巡査部長(以下巡査) 警部補。
警部補   何だ。
巡査   牛乳飲みます?
警部補   お前もさ。いい加減にしろよ!
巡査   でもカルシウムは。
警部補   イライラさせてんのは手前もだよ!飲まねぇよ。何べんも言わせるな。
犯人   あの
警部補   どうした?
犯人   貰えます。牛乳。
警部補   飲んでるんじゃねえよ!
巡査   でも。
警部補   お前がそんなんだから、一向に進まないんだろ!いらねぇって何べん同じ事言わせるんだ!お前もだ!何べんも牛乳飲みやがって!!
犯人   おいしいですよ。
巡査   産地直送ですから。
犯人   へぇ。
警部補   感心してんじゃねえよ!どこのだっていいだろ!いい加減吐け、吐けよ。
巡査   汚い。
警部補   汚いも、クソもあるか!いい加減吐け。
犯人   うぇっ。

    牛乳を吐く、犯人。

犯人   吐きました。
警部補   ち・が・う。そっちじゃねーよ。だから。あぁ、もうなんでこんな事をたらたらと。何時間も。俺は。本当は俺だって。
巡査   警部補の家庭ヤバいんですよ。
警部補   余計なこと言うな!
犯人   大変ですね。
警部補   誰のせいだ誰の!

    犯人の胸ぐらを掴む。

巡査   それ以上は不味いです。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム