忘れる男

(わすれるおとこ)
初演日:0/0 作者:夢多噺(むだばなし)脚本部
忘れる男

登場人物

主人公 山崎

会社の同僚田中
岩渕
上司の木村
精神科医の野口
そのほか、モブ


まず、ナレーションが入る。
「認知症、精神病、アルコールや薬物………脳の働きを壊してしまう原因は、多くあります。
それらによって現実の歪んでしまっている人の世界は、外から見るとおかしく思えるかもしれません。『あそこに小さな男が座ってる!部屋に大きな金魚が入ってきた! 』
『…はいはい何をバカなことをいってるんだ。どこにもそんなものはいないじゃないか? 』 
『あれれ、僕のメガネはどこ?』『バァさん夕飯はまだかいの?』『………メガネは頭の上に掛かってるじゃないか。』『お爺さんもうお夕飯は食べましたよぉ? 』………しかし当人達からすれば、部屋に
金魚が入り込んだと言う幻覚も、自分が夕飯を食べていないということも、まぎれもない現実なんですよ。自分たちの方がおかしいという感覚はありません。
………現実とはなんなんでしょうね?
マトリックスという映画の中では、私たちの世界は機械に見せられている夢でした。
私たちがまともな感覚で見ているこの世界は、ある日わけもわからず歪んで、壊れるものかもしれません。」






山崎「あれ、あれ〜?」
野口「どうされたんですか?」
山崎「いや、あの………定期を落としてしまって」
野口「それは大変だ。この辺りですか?」
山崎「ええ、この辺りのはずで………あれ〜?」
野口「一緒に探しますよ」
2人は、舞台を探す。やがて定期券を見つける
野口「あ、これですか?」
山崎「ええ、それです!良かったぁ!ありがとうございます。」
野口「いえいえ、見つかって良かったですねぇ」
山崎「もう今月6回無くしているんですよ」
野口「6回?!  いや、それは多いですねぇ
山崎「あはは、僕、ちょっと忘れっぽくて
野口「忘れっぽいどころじゃないような………」
山崎「ついうっかりすることが多くて。ついさっき改札で使ったばかりなんですけどね‥
あれ………
野口「どうしました?
山崎「財布今僕どこにしまいましたっけ?
野口「そこのポケットです!
山崎「あ、ああ良かった。こんな風に手が勝手に動いちゃってしまう事も度々………あなたはありません?」
野口「ううん、なかなか無いですね(笑)仕事でお疲れではありませんか?もしくはそれ以外で悩み事とか」
山崎「あはは……… あ!いけないいけない、ちょっと急ぎの用があったんでした!」
野口「おお、引き止めて申し訳ない。お気をつけて」
二人は挨拶を交わし別れる

場面変わって仕事場
山崎、荷物の仕分け中
山崎「………よいしょ………うんしょ………ふう」
田中「 おう、悪いんだけどこの荷物B5エリアのらしいから、頼むわ。」
山崎「はいよ、わかった。」
田中「量多そうだな………ちょっと手伝うよ」
山崎「ありがとう、助かるよ。」
2人、作業を行う。
田中「今朝遅かったけど、何かあったん?」
山崎「いや、定期落としちゃってさー」
田中「またか」
山崎「またまた」
田中「見つかったの?」
山崎「うん、親切な人が一緒に探してくれた。」
田中「良かったねぇ。でも本当に気をつけなよ?前よりはマシになったけど、まだまだ酷いからさ、お前の忘れ癖は」
山崎「仕事始めた頃は、迷惑かけたよ。本当にすみませんでした………」
田中「ま、大事なのはお前の忘れ癖をもっと改善していくことだよ。少しずつ、がんばっていこうぜ?」
山崎「どうすりゃいいんだかな」
田中「あのさ、例えば、病院に行ってみたりしたら、どうだ?」
山崎「病院………」
田中「気がひけるのはわかる。でも、病院は困っている時に行く所だ。気軽な気持ちで………な?」
山崎「何科に行けば良いんだろう?」
田中「ネットで相談してみたら良いんじゃないか。俺は下手なこと言えん。」
2人、仕事を終える。
田中「じゃ、これB5に頼むな」
山崎「わかった………あ!」
田中「ど、どうした」
山崎「まずい、事務所に書類提出するの忘れてた」
田中「あ、申請書?あれ今日までだろ」
山崎「うん、ちょっと行ってくる!」
田中「おう荷物!」
山崎「おぉ、忘れるところだった!」
山崎、バタバタとその場から退場

入れ違いに入ってきた上司木村、、同僚田中に会う
木村「おぅ」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム