最期のネバーランド

(さいごのねばーらんど)
初演日:0/0 作者:烏村そらまめ
≪キャスト≫
ヒカリ ♂
不治の病にかかった女の子。中学二年生。臆病だが負けん気が強い。

名前のない君 ♂
ヒカリのクローン。ヒカリの臓器提供のためだけに生まれた。

長野博士 ♂
 ヒカリの主治医

福島さん ♀
ヒカリの看護師

女性 ♀
 若い女の人。名前はない。かつてクローン人間として生まれた人間。


 第一章

中央の長野博士と名前のない君にスポット

君  :あ、あの…
博士 :なんだね。
君  :私は…私は何のために生まれてきたんですか…?
博士 :なぜそんなことを聞くのだね。
君  :私…目が覚めたらここにいて、それまでの記憶が全然ないんだ。でも、ぼんやりした記憶があるんです。
でも…あれ?でもこの記憶は全部他の人の物のみたいで、その記憶の中心にいるのは私なのに…なんだろう、こ
の気持ち…

 名前のない君、ひどい頭痛を覚えて頭を抱え込む。

 そんな君の肩を優しくさする長野博士。

博士 :そんなこと、君は気にしなくていいんだ。
君  :どうしてですか…?
博士 :君は生きているだけで役に立つんだ。
君  :でも…
博士 :ん?なんだ?
君  :なんでも、ない、です…
博士 :そうか。
君  :そういえば、おじさんは誰ですか…?
博士 :おじ…っ!?
君  :え?
博士 :あぁいや、何でもない。私の名前は長野。君を作った博士だ。
君  :あ、あの…
博士 :なんだね。
君  :私は…私は私の生まれてきた理由が知りたいです…
博士 :ほお。興味深い。では、私から君に一つプレゼントをあげよう。
君  :プレゼント?
博士 :そう。プレゼント。君に3日間の自由をあげよう。
君  :自由…?
博士 :そうだ。
君  :うーん…わかりました。
博士 :ただし、絶対にこの病院の外に出てはいけない。そして、三日目のこの時間に必ずここに戻ってくるこ
と。
君  :え、ここって病院なんですか?
博士 :そうだよ。
君  :わ、わかりました。じゃあ、行ってきます。
博士 :あぁ。気をつけたまえよ。


 第二章

君 :ううん…どこに行こうかな…どこに行ったら私が生まれてきた理由がわかるんだろう……
ヒカリ:あれ、君、患者さん?
君  :ええっと…患者さん…?それではないかなぁ…
ヒカリ:ふぅん。お母さんとお父さんは?君はどこから来たの?
君  :ううん…わかんない…
ヒカリ:へぇ。君、なんか変だね。
君  :変、なのかな…

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム