ストーカーの純恋愛

(すとーかーのじゅんれんあい)
初演日:0/0 作者:烏村そらまめ
≪キャスト≫
京子 ♀
 主人公。場の空気を読むのが非常に苦手。思い込みが激しい。悪気は全くないが、好きな人にストーカーをしてしまう癖がある。ヤンデレ

美咲 ♀
 京子の好きな先輩。おっとりしていて優しい。しかし、病的に人の目を気にしてしまう。成績は全国でもかなり高い。生徒会長で美術部の部長。みんなからの信頼も厚い。

拓也 ♂
 美咲の彼氏。情緒不安定。美咲のことが大好きだが、美咲は周りからの目のために拓也と付き合っている。それを拓也は気が付いておらず、美咲も自分の事が好きだと思っている。

律子(母) ♀
 京子の母親。一郎と不倫をしている。優しいが少しおてんば。一郎のことが好き。京子のことをとても大事に思っている。

一郎(先生) ♂
 京子の主治医。小児科医。美咲の父親。真面目で娘には厳しいが、自分は患者の母親と不倫をしている。

ニュースキャスター(声のみ)


第一章
 場所は京子の部屋。中央の布団で寝ている京子
京子:…知らない天井だ。

 京子、周りを見渡し、立ち上がる。

京子:ここは…どこ、なんだろう…。私は…だ、れ…?

そこにお母さん登場

律子:京子…?京子、あなた…あなた、目が覚めたのね…

 律子、京子を抱きしめる

律子:ああ…よかった…あなたが校外学習で誰かに楓山の崖から突き落とされて大怪我を負ったって聞いた時は本当に、ほんっとうに心配したんだからね…?ああ、でも、良かった……本当に良かった……生きてて、本当に、良かった……。
京子:あ、あの…
律子:あら、ごめんね。お母さん、あんまりにも嬉しくて取り乱しちゃったわ。京子、お腹空いてたりしないかな。お粥くらいならすぐ作れるけど…
京子:そうじゃ、なくて…
律子:ん?なに?
京子:あなたは、誰、ですか……?
律子:…え?
京子:ここは、どこ、ですか…私は……私は、誰、ですか……?

 暗転

 舞台転換はなし。京子の主治医が登場。一郎と律子が話している

一郎:これは…外傷性脳損傷による高次脳機能障害ですね。
律子:こうじのうきのうしょうがい?
一郎:いわゆる、記憶喪失とよばれるものです。
律子:記憶喪失…ですか。
一郎:はい。どうやら、京子さんは事故によって精神的に大きな打撃を受けているようです。
律子:治るんでしょうか…。
一郎:…分かりません。山での事も、天候の悪影響のせいで事故か事件かもまだ発覚していないのが現状です。記憶を失った本当の理由が分からないので、まだ、何とも言えませんね。
律子 :どうしたら、いいんですか…
一郎:それ…は…
律子 :京子は、今までの思い出も、何もかもを忘れてしまっているのです。それではあまりにもかわいそうすぎます…どうにか、どうにかならないんですか?!
一郎:お母さん、落ち着いて、落ち着いてください。
律子 :ご、ごめんなさい…
一郎:そうですね…。おそらく、事故前と同じ状況下に京子さんを置くことが大事だと思われます。変に環境を変えるより、その方が良いでしょう。
律子 :わ、分かりました。学校に、今まで通り通わせるってことですか?
一郎:そうですね。そうしてあげてください。
律子:わかりました。学校にも今まで通り、通わせます。
一郎:そうしてください。では、私はこれで…。
律子:待って、先生。
一郎:どうしたんですか?
律子:先生…いえ、一郎さん。
一郎:…はあ。だめですよ、律子さん。ちょっと前ならまだしも、今はもう京子さんも目を覚ましているのですから。
律子:でも…
一郎:それに、もうすぐ旦那さんも帰ってくるのではないですか?
律子:…
一郎:…仕方ないですね。(手に持っているファイルで隠してキス)
律子:一郎さん…
一郎:では、また。
律子:はい…。

 暗転



面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム