君に捧ぐ花束

(きみにささぐはなたば)
初演日:2017/4 作者:礫瀬杏珠
森崎先輩:オカ研の先輩、ちょっと痛い人?実は……
佐々木華:行動力のある子
加美野双葉:真面目な子
舞台、使ってない様子の古びた教室
音響:ジムノペディ1番
明転
先輩:(なにかを書いている、ふと顔を上げて)
先輩:どうもこんにちは、森崎です。先輩って呼ばれてます。一応、オカルト同好会部長です。部員は俺と幽霊部員な後輩が2人だけ。人のいない部室棟で日々オカルトについて研究してるのも、俺1人です。
正直廃部の危機です。
でも、俺は毎日ここでずっとここで研究をしてます。わら人形作ったり、都市伝説を検証したり。
ただ、最近ずっと、何故かは分かりませんがなにか大切なことを忘れている気がするんです。
照明:全部暗く
音響:チャイム
照明:全部明るく
ト:先輩が1人で暇そうに部室にいる
華:先輩、いるー?
先輩:おそーい!
双葉:遅くなりました
先輩:本当に久しぶりに来たな!今日はちゃんと活動できそうだ。
華:結構前にもチャーリーゲームやったじゃん?今日はね、なんと、なーんと!これ!こっくりさんやろうと思ってさ
先輩:なんだよ、こっくりさんかよ……まあ、悪くないけどな
双葉:え、それ取りつかれない!?怖いんだけど……!
先輩:お前、仮にもオカルト同好会だろ!?それに、俺の研究によればこっくりさんはやる人の無意識で動かしてるから多分大丈夫だろ
華:こういうの好きそうじゃん?
双葉:確かに
先輩:ああ、大好きだ
華:ほら、早速やろうよ!
ト:準備を始めて
双葉:あ、10円持ってないや。華、持ってる?
華:財布忘れちゃった

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム