幻影高校の殺人

(げんえいこうこうのさつじん)
初演日:0/0 作者:瀬尾七生








幻影高校の殺人


               瀬尾七生












登場人物(全員高校三年生)

夏子
春子
冬子
雄一
大作
秋子の母(声のみ)
  
  
  
  
  
  放課後の教室、ホワイトボード(黒板の代わり)に張り紙、「センター試験まであと20
  日」と書かれている。
  壁に時計、本棚の上に本が積み重なっている。
  冬子が隅で、背を向けるようにして何かを読んでいる。スカートが長く、三つ編み。
  正面のイスに茶髪の春子が胸にナイフを突き立てて、仰向けにぐったりしている。胸
  元からは血を模した赤い布が垂れている。いかにもギャルっぽい感じ。
  そこへ、茶髪で同じようにギャル系の夏子がふてくされたように登場。
夏子「あ〜あ、やんなっちやったよ」
  ドンと鞄を置いてイスに座る。春子には気にもとめない。
夏子「まったくカズヤの野郎、ふざけやがって。さっき職員室の前で会ったら、そろそろ髪を直したらどう、だってよ。(教師の真似をして)校則を守れないようじゃ、社会に出ても訳に立たないぞ、高校時代は社会に出るための練習期間だからな、高校で適当にやってる奴は社会に出ても役に立たないんだ……とか、いちいちうるさいんだよな。(と言いながら、手鏡を取り出し、メイクを直す)まだ、大学出たばっかのくせして、社会のこと知ったつもりになってんの。何様なんだよ。……あたしら就職したら、髪染めたりできないんだから、茶髪できるの今しかないの。イケテルJKやりたい気持ちなんて、あのバカにはわかんないんだよ」
  一人で喋って、春子のことは気にしない。冬子がパラリと紙をめくる。(以下、冬子
  は時おり紙をめくる)
夏子「(化粧をしながら)しかし、うちの高校はろくな教師がいないよな。定年間際のジジイか新米ばっか……。まあ、田舎の分校じゃ、しょうがないか。何しろ高校になっても一クラスだもんな。しかも、仲間が小学校から全然変わらないんだから、笑えるよ(とスマホを見て)やべ、もう5時か。急がないとバイト遅れちゃうよ。テンチョーうるさいらな」
春子「おい」
  夏子、無視して化粧に余念がない。
春子「おい、て言ってんだよ」
夏子「なんだよ。今忙しいんだよ」
春子「お前、何してんだよ」
夏子「何って、バイトに行く用意だよ」
春子「おかしいと思わねぇか?」
夏子「何が?」
春子「何がって、この状況だよ。これ見てなんとも思わねぇのかよ」
夏子、春子の様子を見るが、何事もなかったように化粧を続ける。
春子「お〜い」
夏子「だから、何だよ?」
春子「何だよじゃねぇよ。あんたはあたしに呼び出されて教室に入った。そしたら、あたしが殺されてるんだよ。これ見て、なんとも思わねぇの。ナイフが胸に刺さってるし、血も出てんだよ。やべーじゃん。大事件じゃん」
夏子「(呆れて)馬鹿かよ、お前。そんなんで騙せると思ってんの。またバカやってると思っただけだよ。相変わらずゲキ部から抜け出せないんだな」
春子「(ナイフと赤い布を取って、起き上がり)やめろよ、ゲキ部の話は」
夏子「じゃあ、何だよ。それ、中学の発表で使った小道具だろ。ほら、シャークスピアのベクマスだっけ…」
春子「(笑って)シェークスピアのマクベスだよ。夏子も一緒にやったじゃん。あたしがマクベスで、夏子がマクベス夫人」
夏子「そうだっけ」
春子「そうだよ。夏子って、ほんと頭悪ぃのな」
夏子「うるさいよ。これでも5があるんだぜ。お前よりはマシだよ」
春子「体育と家庭と美術だろ。それって頭いいっていうのかよ」
夏子「うるさい、つうの。あしたは、勉強とか部活とかいうガキみたいなことから卒業したんだから」
春子「へ〜、言うじゃん」
夏子「(化粧道具をしまって立ち上がり)担任のカズヤです。うほん。(と教師の真似をして)…みんな、高校時代は修行の期間です。勉強と部活に精一杯取り組みましょう。今、与えられていることを着実にこなすことで、将来が見えてくるのです……なんてね。ださい、ださい。やってらんないよ。そんなことより、バイトだよ、バイト。明後日給料日だし、今日明日で稼げば五万にはなるからな」
  と、化粧道具をしまって出て行こうとする。
春子「ちょっと待てよ。話が終わってねぇだろ。これじゃ、あんたを呼び出した意味がねぇじゃん」
夏子「(立ち止まり)何だよ。話って」
春子「なんであしたが死んだ真似してたか、考えたか」
夏子「いや」
春子「じゃあ、考えろよ」
夏子「卒業前にして、ゲキ部の思い出に浸りたかった」
春子「違う」
夏子「いっぺん死んでみたかった」
春子「違う!」
夏子「じゃあ、何だよ。もうバイトの時間なんだから、さっさと言えよ」
春子「実は、秋子のことが気になってさ」
夏子「秋子?」
春子「うん……。秋子、最近見ないだろ」
夏子「冬休みだから当たり前だろ」
春子「そうじゃなくてさ」
夏子「何だよ」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム