迷子の大人たち

(まいごのおとなたち)
初演日:0/0 作者:岡本ジュンイチ
登場人物

  間宮雄(ゆう)助(すけ)・・・三十代の男性。
  金田京平・・・三十代の男性。間宮の同僚。
  クマ
  ウサギ
  フクロウ
  サル
  キジ
  サル夫
  サル子
  サル太郎
  サル次郎
  サル三郎
  長老
  滝の神
  村人








  1

舞台は、夜の森の中。
舞台の上にいるのは二人の男、間宮雄助と金田京平だ。
間宮はぐっすりと眠っている。金田はあちこちと歩き回っている。
金田、間宮の肩を軽くたたいて起こす。

間宮「見つかったか?」
金田「いいや。見つからなかった。」
間宮「そりゃそうだろうな。何しろもう夜なんだから。」
金田「なあ、どうしよ間宮。」
間宮「どうしようもこうしようもねえよ。とりあえず寝るしかないだろ。」
金田「こんな所でぐっすり眠れる奴はいいよな。俺なんか怖くて、眠れやしない。」
間宮「俺だって恐怖心ぐらい持ってら。でも眠くて仕方ないんだよ。」
金田「なあ間宮。頼むよ。もう少し起きていようよ」
間宮「駄目。もう体力の限界。」
金田「間宮あ。」

間宮、バタンと倒れて眠りにふける。
金田、カバンからライターを取り出し、たき火をたく。
間。

金田「なあ、間宮。寝ながらでいいから聞いていてほしい。俺たちさ、こうして森の  
中へ入って、一緒に死ぬ覚悟で、というか死ぬつもりでいたよな。けど、やっぱり、死ぬのって怖いもんだな。ただ辺りが真っ暗になるだけじゃなくて、体も失うってことだもんだからさ。だからこうして今戻ろうとあがいてんだけどさ。間宮。俺今その事に気づけて、本当によかったと思ってるよ。(カバンの中からコンパスと地図を取り出す)必ず、生きて帰ろうな。」

金田、地図をじーっと眺め、やがて眠りに入っていく。
間。
茂る木々の音。

間宮「うわあ!」

金田、ビクンとして起き上がる。

金田「どうしたんだよ、間宮。急に声を上げたりして。」
間宮「ああ・・・夢でよかった。今、俺たちがライオンに食われる夢を見たんだ。」
金田「ライオンに食われる夢?」
間宮「そう。おっかなかったよ・・・」
金田「夢というのはやっぱ不条理なものだな。よりによって何でライオン?」
間宮「分からない。そういう夢だったんだもん。」
金田「はあ。それじゃあ、俺たちアフリカへ急に飛んで行ったっていう設定か。」
間宮「そういう事になりそうだな。」
金田「(薄ら笑いを浮かべて)夢ってのは、やっぱ面白いものだな。」
間宮「まあな。今回のはちょっと怖かったけど。」

間。

間宮「なあ、金田。」
金田「何。」
間宮「少し、話でもしないか?」
金田「何の?」
間宮「人生についての話。いいかな。」
金田「いいけど。急にどうした?」
間宮「眠れなくなってさ」
金田「ああ、なるほどね。」
間宮「なあ、金田。俺は、やっぱり戻るのが怖くて仕方ないんだ。」
金田「何で?」
間宮「だって、怖いから」
金田「質問の答えになってないよ」
間宮「違う、そういう意味じゃない」
金田「じゃあどういう意味?」
間宮「周りの目が気になって、仕方がないんだ。」
金田「周りの目が?」
間宮「だって、俺たち仕事サボってるから」
金田「サボってないよ。ちゃんと有給休暇で取ってんだから」
間宮「そりゃそうだけど・・・。」
金田「まあ、でも確かに、もともと死ぬつもりでここに来たんだから、急に生きて帰ろうとしても、なんか実感ないよな。」
間宮「実感というか。」
金田「実感はちょっと違うか。」
間宮「うん。なんか、心の準備みたいなやつだね」
金田「(笑い出す)」
間宮「何で笑うのさ。」
金田「だっておかしいから。」
間宮「何が。」
金田「『心の準備』って。結婚間際の女性が言いそうな言葉じゃない」
間宮「まあ、そりゃそうだけど。」
金田「なんか女々しいよな」
間宮「え?」
金田「なんか女々しいよな」
間宮「・・・え?」
金田「なんか、女々しいよな。」
間宮「え、あ、ああ・・・。」

間。
ため息をつく間宮。

間宮「はあ。これからどうしよう、俺の人生。」
金田「そんなの、まだこれからの話じゃないか。」
間宮「分かってる。分かってるけど。」
金田「一体、何に悩んでるの?」
間宮「え?」
金田「ナニに悩んでるの?」
間宮「いや、悩んでるっていうか、心配事かな。」
金田「あ、そう。じゃあ、一体何を心配してるの?」
間宮「それは・・・」
金田「うん。」
間宮「やっぱり、未来の事だよ。」
金田「未来なんて誰でも心配だよ。」
間宮「まあ、そりゃそうか。」
金田「そうだよ。景気が悪いしね、今の世の中。」
間宮「うん。」
金田「未来なんて、みんな不安だよ。」
間宮「まあ、ね。」

少しの間。

間宮「なんか、恥ずかしいな。」
金田「何が?」
間宮「今俺たちが、こうして森の中にいる事。」
金田「ああ。」
間宮「どうして俺たち、こうして森の中で迷う事になったんだろうね。」
金田「さあ。力がないからじゃない?」
間宮「力?」
金田「そう。その、何といえばいいかな、その。」
間宮「生きる力か。」
金田「まあ、そうだね。」
間宮「唐突な話になるけど、生きる力ってどうやって養われるんだろうな」
金田「え?」
間宮「ほら。社会人って結構大変じゃんか。生き抜くのに。」
金田「ああ・・・。」
間宮「どうやったら養われていくもんなのかな。やっぱ慣れかな。」
金田「いやあ。慣れっていうか。」
間宮「違う?」
金田「うん。違うと思う。」
間宮「そうか。じゃあ、金田からしたら、生きる力ってどうやって培われると思う?」
金田「それは、まずは忍耐なんじゃないかな。」
間宮「忍耐か。」
金田「まずは、ストレスに勝つこと。次に、自分自身に勝つことだね。」
間宮「なるほど。」
金田「ま、俺なんか、現状ではその両方に負けてんだけどね。」
間宮「それはお互い様だよ」
金田「それもそうか。」
間宮「なんか、『勝つ』とか『負ける』とか言うと、アレを思い出しちゃうよ。」
金田「アレって?」
間宮「ほら。アレだよ。『人生の勝ち組・負け組』って奴」
金田「ああ、アレか。」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム