マッカーサーと天皇

(まっかーさーとてんのう)
初演日:0/0 作者:岡本ジュンイチ


主要登場人物

マッカーサー
天皇
フォービアン・バワーズ
アメリカ兵

その他、幽霊たち




暗闇の中で、日本人の作った戦争のプロパガンダ映像がスクリーンに映し出される。

「天皇陛下、ばんざーい」という国民たち。
敬礼をする隊員たち。
アメリカ艦隊へ単騎突入する特攻機。

そして、スクリーンにはこんなことがうっすらと記される。
バックには、天皇ヒロヒトの玉音放送が流れている。

「一九四五年八月十五日、日本はおよそ3年半に及ぶアメリカとの戦争に負けた。
 アメリカ軍は、次から次へと戦争犯罪者たちを逮捕し、牢獄へ入れた。
 それは軍人だけでなく、武士道を教えた教員やプロパガンダ映画を作った映画人、そして歌舞伎役者たちにまで及んでいった。
 なぜそんな民間人をも捕まえたのか。理由は他でもない。
日本人の文化は軍国主義を助長させたと、アメリカ軍に判断されたからである。」

溶明。
舞台は、アメリカGHQ連合本部の応接室。
(フロアは、チェスの盤を想起させるような、白と黒の四角いタイルがいい。テーブルはこげ茶色の木製のもの。椅子は、上手に黒の椅子が一個、下手に白の椅子が一個あるのが望ましい。)
マッカーサー、一人でチェスの駒を動かしながら考え事をしている。

マッカーサー「・・・いよいよこの戦いもチェックメイトだ。ようやく、この長い戦いに終わりが告げられる。本当に、人類の存亡をかけた戦いだったと言っても、大げさな話じゃなかっただろう。さて、局面は感想戦に突入だ。・・・・この戦争の原因は一体何だったのか。そもそもなぜ、あんなばかばかしい戦争が起きたのか。理由は定かではないが、彼らはみな、一人の男のことを口にした。その男の名は、ヒロヒト。日本人は彼の事を『天皇陛下』と呼び、彼らは天皇を主とした新しい秩序をつくろうとした。何故、彼らはあの男を神と奉るのか。なぜ彼らはあの男を恐れ敬うのか。そこは、聖書の価値観を重んじる私たちアメリカ人には到底理解できない。到底、私には分からない。どうしても・・・分からない。」
アメリカ兵の声「マッカーサー総督、来ました!」
マッカーサー「分かった。中に入れろ。」
アメリカ兵の声「Yes,sir!(はい、総督!)」

ただ盤面ばかりを見つめているマッカーサー、駒を動かして一人で局面の反省をして
いる。

マッカーサー「・・・ついに来たか。天皇ヒロヒト。彼のために死んだ若者や民間人は多い。何故人々を救う事ができなかったのか。もちろん、彼一人が悪い訳ではないだろう。彼を取り巻く文化こそが、こんな悲劇を生んだともいえるのかもしれない。もしそうだとすれば、今こそ、この国に民主主義を根付かさなければ、この国は・・・いや、この世界は・・・」
アメリカ兵「総督!総督!」
マッカーサー「・・・Don’t worry!I’m OK. Come on,TENNOU HIROHITO!!(心配するな!俺は大丈夫だ。来い、天皇ヒロヒト!!)」

音楽。
天皇、ゆっくりと登場。
どこからか、さまざまな声が聴こえてくる。

「うらめしや」
「アメリカ人め」
「人殺し!」
「鬼!」
「鬼畜米英!」
「返せ!」
「俺らのすべてを返せ!」
「返せ!」
「返せ!」
「俺らの幸せを返せ!」
「街を返せ!夢を返せ!息子を返せ!娘を返せ!あの人を返して!あの子を返せ!」
「私たちの、すべてを返せ〜!!!」

天皇、ゆっくりとマッカーサーに歩み寄っていく。
マッカーサー、天皇とじっと向かい合い、物凄く歯を食いしばっている。

「よくも襲いかかりやがったな」
「よくも爆弾落としたな」
「よくも殺しやがったな」
「死ね!」
「死んじまえ!」
「死ね!」
「死んじまえ!」
「鬼畜米英なんて、死んじまえ〜!!」

天皇、ゆっくりと頭を下げる。

天皇「申し訳ございませんでした。」
マッカーサー「・・・What?(何?)」
天皇「全ては、私の責任だ。」
マッカーサー「おい、通訳!何してる、通訳を呼んで来い!何をしている、バワーズを呼んでくるんだ!」

アメリカ兵、登場。
アメリカ兵とマッカーサーはドタバタしている様子。

アメリカ兵「駄目です、第一級の通訳・バワーズがいません!」
マッカーサー「何!?バワーズの馬鹿野郎!こんな時に何やってんだ!」
アメリカ兵「バワーズは今トイレの中だと思われます」
マッカーサー「はあ!?こんな大事な時に何トイレにこもってやがんだ!」
アメリカ兵「すみません!」
マッカーサー「すみませんで済んだら軍隊なんざいらねえんだよ!」
アメリカ兵「Yes,sir!(はい、総督!)」
マッカーサー「この馬鹿野郎、死にやがれ!」
アメリカ兵「Yes,sir!(はい、総督!)」
マッカーサー「なんでも返事すりゃいいと思ってんじゃねえよ!」
アメリカ兵「Yes,sir!(はい、総督!)」
マッカーサー「俺が言いたいのはな、死人のことを想えってことだよ!」
アメリカ兵「Yes,sir!(はい、総督!)」
マッカーサー「死人の気持ちになって考えてみろ!」
アメリカ兵「Yes,sir!(はい、総督!)」
マッカーサー「返事は立派なんだよ、返事は。分かったらちゃんと行動に移しやがれ!」
アメリカ兵「Yes,sir!(はい、総督!)」
マッカーサー「お前らときたら、それだから」
天皇「いいのです。話をしましょう。」
マッカーサー「・・・・・・。」
天皇「マッカーサー総督。初めまして。私は天皇・ヒロヒト。Nice to meet you.(どうぞよろしく)」

マッカーサー、しかめた顔で天皇をにらむ。

天皇「どうされた。総督。」
マッカーサー「いや。あなたは英語がペラペラなんだな、と思っただけです。」
天皇「欧米や英語に、強い関心があるものですから。」
マッカーサー「なるほど。」

マッカーサー、天皇と強い握手を交わす。

天皇「マッカーサー。私がここに来たのは他でもない。私の戦争責任について、すべてを、あなたに委ねるためにここにやってきた。マッカーサー。今あなたが捕まえているわが国民たちには、罪はない。みんな私の命令で動かされていただけだ。裁くのであれば、この私を裁いてほしい。今日は、それを言うためにここに来た。」
マッカーサー「・・・あなたの言いたいことは、よくわかりました。まあ、まずはお座りください、エンペラー。」

天皇、一礼して席に座る。
間。

天皇「チェスですか。」
マッカーサー「え?」
天皇「そこにあるのは、チェスですよね。」
マッカーサー「え、ああ。すみません、無様なところをお見せしてしまって」
天皇「いえ、いいのです。チェスは好きですから。」
マッカーサー「・・・良ければ、対局でもしながら話を。」
天皇「そうですね。しましょう。」

天皇、チェスの駒を並べかけて・・・

天皇「・・・その際、申し訳ないがお願いがある。」
マッカーサー「何でしょう、天皇」
天皇「私と今からやるこのチェスの対局については、決して口外しないでいただきたい。」
マッカーサー「何故。」
天皇「私は、神であるからだ。少なくとも、今の日本人はそう思っている。」
マッカーサー「・・・・・・本気でそう思われているのですか」
天皇「そうだ。」
マッカーサー「その根拠は。」
天皇「守りの者を外へやってほしい。」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム