恐怖の味噌汁

Dear My Diary

(きょうふのみそしる)
初演日:0/0 作者:吉野瞬
 
「恐怖のみそしる」〜Dear My Diary〜

登場人物
 ・ヨウ
 ・ユウ
 ・少年 
 ・少女
 ・エキストラ(京女、魔女、子供、メイド、女子学生、男子学生)

*白いパネルと文字について
 1案:パーテーションに白い不織布などを張る。字を書いた紙の裏にマジックテープなどをつけておき、
それを貼ったりはがしたりする。
 2案:ホワイトボードを用意し、字の裏にハサミで切れる薄い板状のマグネットを貼っておく。

全体照明
少年、中央 簡単な勇者風の帽子とマント、手には短剣
後ろには白いパネルが並び、誰かの部屋の風景

少年 「ここはどこ?」

少年あたりを見回す。動きながら手に持っている短剣に気がつく
音(ドラクエなどの曲)
少年、とまどいながらポーズをとる
音終了
少年、首をかしげながら短剣をベルトなどに挟む
ヨウ、ユウ、登場。少年に走り寄る

ヨウ 「勇者様、あなたをお待ちしておりました」
ユウ 「ああ、やっと来ましたか、さあさあこちらに」
ヨウ 「まあまあ、お疲れでしょう、まずはこちらへ」

ヨウ、椅子を持ってきて座らせる。

少年 「だれだ、あんたたちは、ここはどこだよ」
ユウ 「では、私が御説明いたします。ここは文字の中でございます」
少年 「文字の中?」
ヨウ 「ああ、ここで説明してもわからないでしょう。今降りてきますのでお待ちください」

ヨウ、ユウ、中央に立ち、両手を上に広げて見上げる。
少年、立ちあがり二人の視線を辿るように上を見る。
3人しばらくそのまま動かない

少年 「あのー、上から何か降ってくるんでしょうか」 
ユウ 「主様の文字です」 
少年 「あるじ? さま?」
ヨウ 「そうです。この世界は主様の日記の世界です」

ヨウ、ステッキを振る
音(魔法の効果音、ページがめくれる音)
エキストラが出てきてパネルを返すと文字が並べられている

ユウ 「ほらこれ、これは主様が小学生の頃に書かれた日記の一つです」

パネルには文字が『きょうとうふのみそしるをつくった』と並べられている。

少年 「汚い字だなあ、おまけに全部ひらがなで読みづらいよ」
ヨウ 「今日、豆腐の味噌汁をつくった。と書かれています」
ユウ 「これは小学生の頃に書かれた日記です。おそらく主様は初めてお母様の手伝いをしてお味噌汁を作ったのでしょう」
少年 「ふーん、で?」
ヨウ 「それだけでございます」
少年 「え? これでおわり?」
ユウ 「はい。『10年日記』というものをご存知でしょうか? 毎日、その日の出来事で心に残ったことを一行だけ書いていく日記の事です。主様はかれこれ7年間書き続けてこられています」
ヨウ 「始めはこのように、つたない文字でした」
ユウ 「同じページに10年間の文字の移り変わりを見ることが出来るのが、10年日記の特長なのです」
少年 「へえ、それにしても句読点くらい打たないと意味がわからないよ、これなんかさあ、こうしたら」

少年、文字の『ふ』と『う』を入れ替える。

少年 「ほら、今日、豆腐の味噌汁作った、が、京都風の味噌汁作ったになっちゃった」
ヨウ 「ああ、なんということを」
ユウ 「日記の出来事を変えてしまわれるなんて」

音(和風の音楽)
着物を引きずった京女登場お椀を持っている

京女 「へえ、これが京都風のお味噌汁どす、お一ついかがどすえ?」
少年 「え? なに、どうしたの?」
ヨウ 「豆腐の味噌汁を京都風の味噌汁に変えてしまいした」
ユウ 「京都風の味噌汁が具現化されてしまいました」
少年 「え? いけなかった? ごめん、すぐになおすよ」

少年、文字を張りかえようとして『と』『う』を落としてしまう。
パネルの文字『きょうふのみそしる』となる

少年 「いけね、落とした」
ユウ 「大変、今度は、恐怖の味噌汁になってしまったあ」

音(切り替わってハロウィン系の曲)
黒マントに大きなつばの黒い帽子の魔女登場
お玉と鍋をもっている

魔女 「ひっひっひ、恐怖の味噌汁じゃあ、一口食べたらどうなるかわからん恐怖の味噌汁じゃあ」
少年 「またなんか出てきた」
ヨウ 「この世界は文字で成り立っています。ですから文字が変われば世界も変わってしまいます」
魔女 「ひっひっひ、(会場に向かう)ほうれほうれ」
ユウ 「(魔女と京女をおいかけながら)大変です。早く文字を元に戻してください」
少年 「わかったよ」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム