紙を折れば神が降りる

(かみをおればかみがおりる)
初演日:0/0 作者:須藤朋幸
初演会場
初演劇団
キャスト総数4(男:4 女:- その他:-)
上演時間60分
あらすじ ここはとある買取屋
ここでは通常、買い取るはずのないものまで買い取っている
ある日、従業員の一人である凉暮が、ある少女に恋をした
だがその少女とは話したこともなければ、会ったこともないと言う
ただ、その少女が書いた習字を見て恋をしたそうだ
その後、もう一人の従業員、鳴神が一人のお客を連れてくる
なんと、その客は、凉暮が恋をする父親だったのだ
しかも、その父親は娘を売りたいと言い出し始める
果たして凉暮の恋の行方はどうなるのか
著作権使用料 はりこのトラの穴の規定に準ずる
その他
ジャンル(:自己申告)
ラブストーリー 00000000000000000000 (40)
感動巨編 111111111111111 (30)
お笑い 222222222222222 (30)
ミュージカル (0)
サスペンス (0)
青春もの (0)
時代劇 (0)
SF (0)
ファンタジー (0)
シリアス (0)
(2018/3/5 09:01:31現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム