もしも織姫と彦星がコンビニの店長同士だったら

()
初演日:0/0 作者:大島恭平
「もしも織姫と彦星がコンビニの店長同士だったら」
【著】大島恭平
【登場人物】
・店長
・織姫
・オーナー
・蛇の目
・笠鳥
・舟木
・叶絵

  日々自動車が絶えず走り続ける道路、環状7.7号線
  その名を、通称「天の川」。
  その通り沿いに向かい合わせに立つコンビニがある。
【シーン1】 
●コンビニ1号店の店内。
店長  以上3点で324円でございます。1000円お預かりいたします
舟木  お待ちのお客様こちらのレジどうぞ
店長  676円のお返しです。
舟木  以上2点で160円になります。
店長  いらっしゃいませ。20番ですね。こちらでよろしいですか?454円です。
    ちょどお預かりいたします。
舟木  300円ですね。140円のお返しとレシートです。
店長・舟木  ありがとうございましたー

●一息つく店長とバイトの舟木くん。

店長・舟木  ふぃ……
店長 去ったな
舟木 去りましたね
店長 もう流石に来ないでしょう
舟木 えぇ。もう来ないですね 
店長 たまに波があるからね。
舟木 つかれましたね
店長 あ、舟木君。
舟木 はい?
店長 さっきの接客なんだけどさ、お金渡すときあるでしょ?正確には160円でございます。って言った方がいいよ。
舟木 言ってませんでしたっけ?
店長 うん。160円になります。って言ってた。なりますって。
舟木 はぁ。どう違うんですか?
店長 全然違いなんて分からないけどさ、ほら、細かい人は細かいのよ。特に中年層が。訳もなく噛み付いてくるから、できるだけこっちで防衛策張っておかないと!
舟木  なるほど。わかりました。
店長  それ以外は本当に完璧だった!凄く助かるよ!
舟木  ありがとうございます! 
店長  おう。
    ねぇ、舟木君。
舟木  なんですか?店長。
店長  どうだった?
舟木  え?なにがですか?
店長  とぼけないでよ!偵察してきてくれたんでしょ?
舟木  まぁ。してきましたけど。
店長  どんな感じなの?
舟木  相変わらず凄い人気でしたよ!2号店の店長さん!
    なんでも、ファンクラブまであるとか。
店長  え?ファンクラブ?公認?
舟木  なわけないでしょ!非公式。
店長  なんだ
舟木  人気が凄くて、ネットでも有名になったらしいですよ。
店長  え?そこまでなの!?
舟木  前にいたお店でらしいですけど。それが問題になって、オーナーとお客が揉めたり、本社とお客が揉めたりでいろいろあって今はあそこの店長をやってるとかなんとか。
店長  そういえば2号店も一時期めちゃくちゃ賑わってた時期あったな。今もこの地区じゃ?bP店舗だし。すげーな。
舟木  今のお店であまり問題が起きないのは今のオーナーにかわってからみたいですね。
店長  あぁ…そりゃそうだろうな
舟木  うちも、もっと気にかけて欲しいですよね。
店長  てか、舟木くんどこで調べてきたの?その情報。
舟木  僕、喫煙所とか休憩所で息を殺して溶け込むのうまいんですよ。
店長  なるほど!その特技欲しい!
舟木  存在感無いってことですけどね!
店長  確かに
舟木  否定して!お願いだから!

●蛇の目入り。
タブレットを片手に商品のチェック、並び替え作業をしている。
蛇の目 お疲れ様です
店・舟  お疲れ様です
蛇の目 一体何の話です?
舟木  店長が向かいの二号店の店長に告白するって!
蛇の目 あぁ。二号店の店長にですか?それは大変ですね。
店長  バカ!!告白とかはまだ分からないよ!
舟木  え?しないんですか?こういうのは早い方がいいですよ!
店長  それも……そうなのか?そうなのかな!そうだね!えぇ、私、二号店の織姫殿に告白をしようと思います!
オーナー ダメだよ。
店・舟  ぎゃぁぁああああああ

●オーナー、レジのカウンターから顔だけだして登場。

蛇の目  お疲れ様です。
オーナー あぁ、お疲れ様。来ていたんだね、蛇の目君。
蛇の目  えぇ。
店長   お、お、お、おちゅかれしゃまでしゅ
舟木   お疲れ様でーす。びっくりしましたよオーナー。
オーナー 何やら店に中が賑やかだったものでね。お客様を怒らせたかと思ってこりゃ僕の土下座の出番かなとこっそり裏から入ってきたら…なぜ君が土下座をしているのかな?店長。
店長   今の話は聞かなかったことに!
オーナー このシフトもそういうわけだったんだね〜お店長〜!7月7日の午後だけ不自然に空白になっているのは〜
店長   いや、そんなつもりは!
オーナー 我らが一号店はね、環状7,7号線沿いの外側に位置する。つまりだ。午前中が勝負なのだよ。わかるね?
店長   えぇ。だから午後はお客さんが少ないから私はあがろうかなと。
オーナー な〜にを言っているんだい?
店長   へぇ?
オーナー 七夕が終われば、次の夏に向けてまた別のフェアをやらなくてはならない。
     そしてその宣伝看板がこれだ。
●オーナー、レジの下から大きいダンボールをレジに乗せる。
オーナー  お客さんってのは流行りに敏感だ。七夕が終わったのにいつまでも七夕フェアなんてやってる店に来たいと思うだろうか?いや思わない!
店長   なぜ反語?
オーナー だーかーら!もう7月7日中に次の広告を店に装飾する必要がある。それには人手が必要だ。あとは分かるね?
店長   いや、そんな急に言われも、シフト表は送ってしまった
オーナー ここにシフト表があるじゃろ?
店長   それは!
オーナー これを。こうじゃ。
●オーナー、シフトを破り捨てる。
店長   オーナーぁぁぁあああ
オーナー これが新しいシフト表。
店長   7月7日…真っ黒けだ。
オーナー 蛇の目くーん。
 これ、今月のシフト表。よろしく。
蛇の目  分かりました。
オーナー それじゃあよろしくぅう!告白している余裕があったらお店の為に頑張りたまえ!はっはっははー
店長   オーーーナーーーー
舟木   無残だ。
蛇の目  じゃあ、私は行きますね。
舟木   お疲れ様です。

●うなだれる店長。

店長  フフフフフフ……なーんてね


【シーン2】
●コンビニ2号店の店内。
 タブレットを片手に商品をチェックする蛇の目。
 そこへ織姫入り。大きな笹を持って入店。


面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム