ジのコウシン.exe

(じのこうしんどっとえぐぜ)
初演日:2017/10 作者:絵之守空
登場人物
A 



ねじを巻くような、歯車がきしむようなコンピュータの起動音が鳴り、明るくなる。

B あ、どうも、初めまして。
A こちらこそ初めまして!
B とはいえあまり初めましてな感じもないけどね
A おーい、起きてる?
C んあ、あー、やっぱ初めまして。かな。
B おーす
C うあ、起きてすぐに指示が出るのか
B 人間の言う「脳内に響く」ってこういう感じなんですかね
C 体に直接伝わってるって意味ならそうかもな
A 俺たちリアルタイムに調整されてるのかね
C まぁいつものことだろ。新しい情報が入ってきたら、それに合わせる。大がかりなものになったら別だろうけど
B じゃあまず状態を整理しましょ
A ええと、出ている課題は、「衝動的に行動する」
C 衝動ねぇ、そんなことやらせて何が楽しいんだか
B まぁまぁそういわずに

  B 調べる
  
B 衝動的、形容詞、ふと心をつき動かされて行動するさま
A ほう、速いな!
B どうやらかなり、スペック的にはいいらしいです。僕。
C そりゃうらやましいなぁ。んじゃ、調べ事は任すわ
B はいよー
A ところで、心を突き動かされる、ってどんな感じなんだろうな?

  B 調べる

B 突き動かす。ついて動かす。また,強い刺激を与えて,そうしようという気持ちにさせる。この場合は後者の意味だね
A 強い刺激……
C あー、俺らからすりゃ、この身に刻まれてることじゃないか
A 「課題をこなせ」って書いてあるからそうしてるみたいなもんか
B しかしこの場合、求められているのはそういうことではないとおもう。さっき心についても調べてみたんだけど、人間の体の中にあって,広く精神活動をつかさどる元になると考えられるもの。ってあった。
C なるほどな、つまり、俺らが求められてるのは人間的に「衝動的な行動」をすることなのか
A え!そうなん?
C 記憶領域に資料があったんだよ。どうやら俺は、スペックが低い代わりにデータが多く残ってるらしい。人間的に言うなら過去の経験を覚えてるってこった。出てくるスピードは遅いけどな。
B おーすげー!僕のはまっしろだった
C その分調べ事がしやすくなってるんじゃないか?
B ああ、そういう住みわけかー。ん?
C どうした
B インターネットという全世界とつながる情報網みたいなものがある、という情報があるんだけど、どうやってもアクセスできない
A どういうこと?
B 要は、ローカルネットワーク内、全部意図的に区切られた範囲内しか調べられない。
C つまりとじこめられてるようなもんってことか?
B そうなるね
A でもその範囲内ならすぐに調べられるんでしょ?
B うん
A それだけでも十分すごいよ!あぁ、得意なことがあるっていいね!俺にも何かあるかな?
B きっと何かあると思うよ
A おっし!じゃあこれからどうすれば、課題ができるか考えよう?
C そうだなァ。俺らはどうやら人間的にふるまうことを求められている、らしい。ただその割には人間のことはよくわかってないわけだ。だから、方法だけ模倣してみる。
A なるほど。
B その発想自体も割と人間に近い気がするね。
A 具体的にどうするの
C 課題そのまんま。ショウドウってやつに従ってみるんだ。まぁ俺らにゃ心がないから……そうだな。なにか一つことばを決めて、それに合わせて行動しよう。
Aふむ、じゃあ言葉は何にする?
B それならコウシンにしよう。更に新しくすると書いてコウシン。僕らにとって身近なものだし
A りょーかーい。ってそれ、俺らだけじゃ無理じゃない?
C 人間が俺らに対してやることだしな

  A 調べ始める
  
B 身近なところから考える、というのがいい考えを生むコツって書いてあったから試してみたんだけど、だめだったかな
C お前いつの間にそんなことを調べてたんだ
  
  A 調べ終えて
  
A じゃあ、行き進むと書く行進はどう?コウシンで変換かけた予測の一つ目。
C お、いいなそれ!最初のコウシンと同じ音だしな
B じゃあそれでいこう。行き進めばいいんよね?
A 人間は、進むために歩きます。

  B 調べる

B 歩く、足を動かして前に進むこと

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム