本ベルを鳴らせ!

〜演劇バカ、 4週間と3日〜

(ほんベルをならせ!)
初演日:0/0 作者:真波貝 海鷂魚
□登場人物□

・神田 利久 (かんだ としひさ)・・・演劇部副部長(1年)自称「天才脚本家」 ナルシスト
・一之瀬 雪 (いちのせ ゆき)・・・演劇部部長(1年)神田とは幼馴染 神田のことを「リク」と呼ぶ
・藤野 凛 (ふじの りん)・・・演劇部員(1年)雪とは仲が良い 神田とは犬猿の仲
・菅内 美子 (すがうち よしこ)・・・演劇部顧問 国語科 神田の苦手な先生












 ダークオープン
神「安心しろ、お前らァ!!」
 中央スポット
 神田 後ろを向いて立っている
神「この俺様が来たからには、もうこの部を落ちこぼれ部とは言わせねェ!天から舞い降りし天才脚本家・・・」
 神田 振り返る
神「神田利久様が、君臨したからにはなァッ!!作り上げてみせるぜ・・・泣く子も黙る超大作をッ!!」
 神田 拳を振り上げる
藤「・・・はいッ!ありがとうございました〜」
 明転 演劇部部室
 一之瀬 呆れて立っている 藤野 座ってスマホをいじっている
藤「以上、ナルシスト神田君でした〜」
一「あんた・・・まだ何にも書いてないくせによくそんな大口叩けるわね」
藤「絶望過ぎて泣く子も黙る〜」
神「・・・うるせェな!じゃあお前ら書けんのかッ!?ああ!?」
 神田 一之瀬に詰め寄る 一之瀬 余裕
一「別に書くけど?あんたがどーしても書きたいって言うから書かせてんじゃない」
 神田 悔しげ
一「っていうか、確かに人数少なくて実績もないよ?だって一年生だけだもん。だけど、落ちこぼれてなんてないから」
藤「あんたの書きようによっては、落ちこぼれる可能性もあるけどね〜」
神「何〜!!」
 一之瀬 神田と藤野の言い合いを制して
一「とにかく!大会まで時間無いんだから、今週中に出来上がんないようだったら、あたし書くから。無理なら無理で、早めに辞退したほうがいいわよ」
神「チッ!」
一「じゃあ凛、基礎練しに行きましょ」
藤「はーい♪」
 藤野 スマホをしまって 一之瀬のところへ
一「いいリク?あんたが集中して考えたいって言うから、この一之瀬部長が『特別に』基礎練やらなくていいって言ってんだからね。分かってんの?」
神「ハイハイ」
藤「赤ちゃんか」
 神田 藤野を睨む 藤野 そっぽを向く
一「じゃ」
 一之瀬 藤野 はける
 神田 座る
神「はァ〜あ!俺だって別にやる気無い訳じゃあねェんだぜ?書く気は誰よりもあんだ!・・・ただ、今は思いつかないだけで・・・」
 神田 立ち上がる
神「思いつくときは、まるで噴水のようにアイデアが湧いてくる!それがたとえテスト期間中だろうが関係ねェ!何かにとりつかれたように俺は脚本家となり、手はペンを握り、紙の上を走る!一日中演劇のことで頭がいっぱいになるんだ!だから俺は演劇が・・・」
 菅内 神田の言葉を遮りながら入ってくる
菅「それが赤点の言い訳ですか?」
 神田 振り返る 菅内 指し棒を手の上で打っている
神「す!菅内!・・・先生・・・」
菅「もっとマシな言い訳は思いつかないのですか、神田君?」
神「い、いや!言い訳とかじゃなくて・・・!その・・・」
菅「脚本も大事ですが、一番は学力ですからね。それに、自身を脚本家を呼ぶのであれば、当然国語の成績もついてこないと・・・」
 神田 また始まったとばかりに菅内の話を遮る
神「は、はい!もちろん分かってます!」
 神田 気をつけの姿勢 菅内 神田を見る 神田 苦笑い 
菅「そう」
 菅内 にっこり
菅「では、大会まであと4週間と3日なのを忘れずに」
 菅内 はけようとするが 直前で止まる
菅「ああ、それと・・・」
 菅内 神田の方を振り返る
菅「あさっては国語の小テストなのも、お忘れなく」
 菅内 はける 神田 力が抜ける
神「はあァ〜ッ!ったく、このタイミングで来るか普通・・・めっちゃ恥ずかしかったわ」
 神田 自分のバックから紙を取り出し 床に置く
 その紙の前に座り 考え始める神田
神「さ〜て、何を書くとしますかねェ。まずは、俺が何を書きたいかだ。う〜ん・・・(沈黙)・・・よし、とばそう。そもそも何で俺、雪にあんなに頼んで脚本書きたかったんだっけ・・・ああ、そうだ」
 神田 思いついたことを紙に書く
神「そうだ、これだこれ。でも・・・これを伝えるには、どんな話を書けば・・・」
 神田 少し考える
 考えながら その紙で紙飛行機を折る
 紙飛行機を飛ばし始め 3回目で雪たちが入ってくる 神田 あわてて紙飛行機を隠す
藤「あんた・・・ほんとに書く気あんの?」
神「あ、あるに決まってんだろ!今のは遊びに見えるかもしれねェけどな!ちょっとは脚本に役立つかと思って・・・」
 神田の言葉を遮る一之瀬
一「じゃあなんで隠すの」
神「・・・ちょっとは、怒られるかと思って・・・」
 少しの沈黙 一之瀬のため息
一「はァ・・・あんたって昔っからそう。ちゃんとやるから!って豪語しといて、見えないところでいつもコソコソなんかしててさ。だから・・・」
 沈黙 藤野 一之瀬の様子を不思議がり
藤「・・・雪?」
 一之瀬 顔を上げ 気を取り直し
一「・・・ま、リクならちゃんとやってくれる『はず』だから、『今週中に』仕上げてくれるでしょ?ねェ?」
神「あ、えっと・・・」
 神田 言葉を濁すも 藤野の嫌味な顔に気づき
神「・・・ふん!言われるまでもねェ!」
一「じゃ、『今週中』だから」
神「分かってるっちゅうの」
藤「今週中だよ?」
 神田 藤野の言葉を遮り
神「うるせェッ!!」
 暗転 
 中央スポット 神田家の玄関
 神田が入ってくる
神「ただいま〜・・・。おお、利也!ただいま。なァ利也、今度幼稚園でお遊戯会やるんだろ?なんでそんな顔すんだよ、いいじゃねェか。ピノキオだろ?何役なんだよ。兄ちゃんも見に行くからさ・・・ほらッ!」
 神田 鞄からお遊戯会のパンフレットを出す 利也 いない
神「・・・ってあれ?利也?」
 暗転
 中央スポット 一之瀬家 台所 
 一之瀬が入ってくる
一「ねェ、お母さん・・・本当に・・・本当の話なんだよね?あたし、大丈夫かな・・・。・・・まァ、それもあるけど・・・。え?なんでそんなこと・・・あいつはどーせ、気づいて・・・」
 一之瀬 切なそうな顔
 暗転
 明転 演劇部部室 
 神田と藤野 入ってくる
神「うーしッ!今日もはりきって脚本書くぜェ!」
藤「書ければね」
神「うるせェ!書くっつったら書くんだよ俺は!なんたって俺の名は神田!神だ!生まれたときから神だってことだよ!分かるか!」
藤「あんたが神だったら地球滅亡する」
神「んだとォッ!」
 一之瀬 入ってくる
藤「あ!雪〜♪」
 藤野 一之瀬に駆け寄る
神「ちょ、てめェ・・・」
一「おつかれ凛。リク、今日こそはあらすじくらい書けるんでしょうね?」
神「おう、書いてやろうじゃねェの。なんたって俺は、神だからな!あらすじくらい朝飯前よ!」
一「じゃあなんで今日まであんなに進まなかったのかしらね・・・」
藤「まァいーじゃん雪!こんな奴ほっといて、早く基礎練行こ♪」
一「うん」
 一之瀬 藤野 はける
神「ばーか!俺がどんな奴だか知ってんだろ!俺は神田利久だぞ!任せとけ!・・・って言ってみたかっただけだよ!!」
 暗転
 中央スポット 廊下 
 一之瀬と藤野が歩いている
藤「ねェ雪?」
一「うん?」
藤「ずっと、気になってたんだけどさ」
一「うん」
藤「雪って、なんで神田のこと『リク』って呼ぶの?あいつの名前って『カンダ トシヒサ』じゃん」
一「ああ、それ?だって利久って『リク』とも読めるじゃん。あいつとは幼稚園からの付き合いでさ、お母さんが間違えて、あれを『リク』って読んだのよ。あたしもそうだと思ってて、『リク』って呼んだら、あいつが鼻水垂らした顔で『俺のことかァ?』って」
藤「ははっ!なんか想像できる」
一「『俺の名前はトシヒサだ!』って言ってたけど、『リク』の方が呼びやすいし、あいつも満更悪い気はしなかったみたいだったから、それが今に至る的な?」
藤「へ〜、なんかいいなァ幼馴染って。うちも憧れるわ〜」
一「あんまりいいもんじゃないよ?あいつの悪いとこばっか目に付くし・・・」
藤「ふ〜ん、そんなもんかァ〜」
 沈黙 一之瀬 しばらく考え 意を決して藤野を見る
一「ねェ凛!」
藤「ん?」
一「ちょっと・・・話したいことが・・・」
藤「え?」
 暗転

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム