狼の一芝居

(狼の一人芝居)
初演日:0/0 作者:ミスターアット
狼の一人芝居

作者:ミスターアット


あらすじ:少女に助けられた狼は、少女のために祖母を殺した。そして……


登場人物

・狼 :♂・少女に助けられ、祖母を殺した後、少女が気負いをしないよう芝居を打つ
・猟師:♂・少女の事を娘のようにかわいがっている。狼のことは嫌いではない
・少女:♀・心優しいが、甘いところのある少女。赤ずきんをかぶり始めた。
・祖母:♀・金や自分の心を満たすためなら孫すら売るほどに冷酷な女




────────────
役決め表
・狼 :
・猟師:
・少女:
・祖母:
────────────


〜お婆ちゃん家への道〜

少女「今日もお母さんにお使いを頼まれちゃったな。早くお婆ちゃんの家に行かないと……今日も機嫌が悪いんだろうなぁ…」

猟師「ようお嬢ちゃん。今日もあの腐れババアの家に行くのかい?」

少女「あ、猟師さん。こんにちは。むー、お婆ちゃんは腐れババァじゃないよ」

猟師「俺にとっちゃ腐れババアだね。お嬢ちゃんも気を付けなよ。あのババァ…金のためなら何でもするからな」

少女「お婆ちゃんは、そんなことしないよ……ただ、私が悪い子だから、機嫌が悪いだけで」

猟師「いい子だなぁ…何かあったら、すぐに俺を呼べよ。飛んでいって、相手をこの銃でハチの巣にしてやっからよ」


面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム