怪奇異譚・吸血鬼口伝

(かいきいたん・きゅうけつきこうでん)
初演日:0/0 作者:千明梗子
【怪奇異譚・吸血鬼口伝】

【あらすじ】
脚本家、内田カンナはここ最近アイデアが浮かばず、いわゆるスランプ状態であった。気分転換に、あまり乗り気ではなかった母方の実家へ帰省することになったカンナは墓参りにも行かず、部屋に篭ってパソコンと格闘するばかり。それに見兼ねた姪(甥)っ子ユウは作業中のカンナをものともせずかくれんぼを始める。ユウを探しに押入れを調べ始めたカンナは、1冊の本を見つける。その時、空が荒れ稲妻が降り注ぎ彼女の前に現れたのは、かつて「吸血鬼」と呼ばれた曾祖父だった___

【登場人物】

内田カンナ(うちだ かんな)…脚本家。スランプに陥っており、神経質がさらにピリピリしている。ラブロマンスが得意だが、本人の恋は実らず。

雛森ユウ(ひなもり ゆう)…カンナの姪(または甥)っ子。かんねーちゃんと呼んで慕う小学2年生。怖いもの知らず。


雛森 重三郎(ひなもり じゅうざぶろう)…13代目雛森家当主にして、「吸血鬼」と呼ばれた男。ユウからはジュウザと呼ばれる。自分の伝記を書いて欲しくて成仏できない。


吸血鬼(きゅうけつき)…重三郎の若い頃。結構やんちゃしてたらしいが、自分で誇張した部分がほとんど。

むつ…重三郎の屋敷に仕えていた侍女。生まれつき体が弱い重三郎の良き遊び相手でもある。

桐生 統(きりゅう すべる)…桐生家の御曹司。重三郎とはライバルとも因縁の相手とも呼べる関係。吸血鬼と呼ばれる原因を作った本人。

【本文】

「これから語られるは、吸血鬼の物語…」

「ヴァンパイア、カーミラ、そしてドラキュラ…人の生き血をすすり、悪魔に魂を捧げたと言われた吸血鬼。しかし、これは異譚である」


「目覚めよ、血に飢えた悲しき者よ」


カンナ「(怪物のような呻き声)」

逢魔が時。部屋に机に向かって1人篭るカンナ。しばらくしてケータイが鳴る

編集「お疲れ様です。編集の久留米です。もしもし内田先生?聞こえてます?もしもーし?」
カンナ「…」
編集「あのー、お盆で実家に帰省するのはいいんですけど、原稿進んでますかね?できたらYメールで送ってくださいね。先生?」
カンナ「(ため息)…」
編集「聞こえているなら返事くらいしてくださいよ!子供じゃないんだから!」
カンナ「…はい」
編集「じゃ、また連絡するんで、原稿お願いシマース」

ブチッ

カンナ「このやろう…」

再び机に向かう内田カンナ(以下、カンナ)

カンナ「あーもう何にも思いつかん!無理!どう足掻いても無理!」

突然、部屋のドアを開けて子供が飛び出してくる

ユウ「ぶぅうううん」

カンナ「…ユウ」
ユウ「カンナねーちゃん、遊ぼ?」
カンナ「遊びたいんだけどさぁ…仕事がさぁ」
ユウ「終わんないの?ぶぅうううん」
カンナ「それ何?」
ユウ「シュバルツのシャドゥブレイクだよ。ぶぅうううん」
カンナ「へぇ…」
ユウ「仕事終わんないの?つまんないな〜」
カンナ「…ちょっとだけなら遊んであげるよ」
ユウ「え!ファンタジッククエストごっこしよ!」
カンナ「えぇ…?ファン?え?ファンキー?」
ユウ「ファンタジッククエスト」
カンナ「ファンタジッククエストは分からないなぁ」
ユウ「…じゃあかくれんぼするから鬼やって。目隠しして10秒数えたらスタートね」
カンナ「えっ ちょっ待っ…」

即座に走り出すユウ

カンナ「いーち、にーい、さーん、しーぃ…ごーろくしちはちきゅうじゅう…もういいかい?」
ユウ「(遠くから)もういいよ」
カンナ「案外早いな。じゃあ探すからね〜 」

テキトーに部屋の中を探すカンナ。
本棚の古い書物に目が止まる。

カンナ「…なにこれ。日記?へぇ…」


面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム