黄昏に浮かぶ

(たそがれにうかぶ)
初演日:0/0 作者:結城 翼
「黄昏に浮かぶ」
            作 結城 翼


詩織(しおり)・・高校生(目下戦闘的不登校中。人でなしの世界を構築中。) 
碧(あおい)・・・高校生(詩織の幼なじみ。ふんわりした高校生。毎日やってきては帰る)
葉月先生・・・・・・国語の時間講師(頻繁に家庭訪問しては学校に呼び戻そうとするが、モビールを手伝う羽目に。)

☆?T生ハムと長谷川式認知症テスト

    幕が上がると、夕闇が近づく室内。黄昏の色にやや染まっている。こじゃれたア  ールの窓がある。
    センターに割合広い作業台がある。椅子も数脚。室内の隅には、3段×4列程度の組み立てのボックスがあり、本が並べられていたり、雑多な物がバスケットに放り込まれていたりする。大工道具や作業用品、モビール用の材料などがおいてある。
    作業台の上でなにやら細工(モビールづくり)をしている高校生ぐらいの女の子。  生成りのような色の服を着ている。
    サイドに小さいテーブル。その上にカップとソーサー。
    大皿があり、トマト、きゅうり、レタス、クレイジーソルト、サンドイッチ用のパン等がある。
    天井からモビールが結構ぶら下がっている。大、中、小すべて白い羊のようだが、中に一つだけ小さい黒い羊がいる。
    センターやや前寄りにひもが天井から舞台まで下がっている。
    やや、その上手よりに脚立が置かれ、制服姿の女の子がその脚立にのぼって、紐  を途中でもち、はさみで切ろうとしている。

碧  詩織。
詩織 ん?
碧  このぐらい?

    作業に集中していた詩織は、手を休め、ちらと具合を確かめる眼をする。

詩織 んー、もうちょい。
碧  上?
詩織 ちょい下。
碧  ここ?

    小さい間。ちょと首ひねったが。

詩織 うん。余裕欲しい。
碧  わかった。

    碧、チョキンと紐を切る。端を結ぼうとして。

詩織 あ、そのまま。
碧  はい、はい。

    詩織は作業に戻る。碧は脚立を降りる。残りの紐をひろって、作業台にはさみと一緒に置く。んー、と紐の端の高さを見上げ。指を間合いなどを確かめてるが、ま、いっかという感じ。
    よいしょと、脚立を抱えて、上手の方に片付けかかる。
    詩織、作業の手を休めずに。

詩織 どうせすぐに使うのに。
碧  (立ち止まり)んー、でも、なんだか。ほら。
詩織 なんだか?
碧  じゃまというか、なんてーか。まあ、あれだ。
詩織 あれって。
碧  あれよ。まあ、いいじゃない。
詩織 あれね。
碧  あれ。・・・よいしょ。

        と、やや上手に、ナナメ向きにおいた。

詩織 変わり映えしないよ、そこじゃ。
碧  あとで片付ける。ちょっといまは本気モード出てこない。
詩織 おなか減ってんでしょ。サンドイッチでも作れば、ほら。

    と、あごで材料をおいてる大皿の方をさす。

碧  うー。あとで作るわ。今日の材料?
詩織 そっ、レタス、タマネギ、きゅうり、トマト、生ハムぐらいかな。

    碧、ちかよつて確かめる。

碧  がんばってるなー。あれ、生ハムないよ。
詩織 ないの?
碧  ない。
詩織 おかしいなあ。
碧  詩織食べたんじゃない?
詩織 たべたかなぁ?
碧  早くも認知症?若年性がすぎるわ。笑える。よっし、認知症テストしてあげる。
詩織 ぼけてないよー。
碧  保健の授業で習ったばかり。簡単だよー。できなきゃ、ふっふっふ。

    碧、自分のカバンからノートを取り出して、ぱらぱらとめくり、あ、これだこれこれとかいいながら、椅子を引いて坐る。
    おっと、と言って、雑貨類が放り込んであるところから小さい品物をいくつか取り出し、そこにあった袋にいくつか放り込む。
    用意はできた。

碧  さてと。今からいくつか質問します。簡単な質問ですから、ちゃっちゃと答えてください。心の用意はいいか?
詩織 あ、ちょっとまって、呼吸が・・息が・・。酸素が。
碧  だめ。容赦なく行く。第一問。

    長谷川式認知症検査。乗ってくる詩織。(本物のテストですので、実際に役者さんは体験しておくこと。ネットに出ています。)
    次々繰り出す質問。時計見ながら(反応時間を計っている)そこらの用紙にチェックする碧。
    で、もって、実は微妙にやばい答えがぽろぽろと。

碧  歳はいくつですか?
詩織 17歳。
碧  今日は何年の何月何日ですか? 何曜日ですか?
詩織 2017年七月13日。・・曜日は、ええと水曜日(実際には木曜日である)

    碧、眉をしかめた。

詩織 えっ。(と、思わず宙をにらみ、頭の中でチェックしている。はっとして)あ、木曜だ。
碧  毎日が日曜日の人だからそうなるの・・。質問続けるよ。私たちが今いるところはどこ?
詩織 私の家の作業場。
碧  これから言う3つの言葉を言ってみてください。桜、猫、電車。
詩織 桜、猫、電車。
碧  あとの設問でまた聞きますのでよく覚えておいてください。

    頷いて、どこか宙を見て覚えておくように意識している。それにかぶせるように。

碧  100から7を順番に引いてください。100−7は? 
詩織 93。
碧  それから7を引くと。
詩織 (一瞬、うっとなつて)86
碧 (詰める感じで)次。
詩織 79。
碧  次。
詩織 72。
碧  次。
詩織 えっと。72−7で・・。

    もたつく。

詩織 65
碧  次。
詩織 えっと。
碧  では次の質問。
詩織 まってよ。ちょと出てこなかっただけじゃん
碧  アウト。
詩織 ケチ。
碧  そういう検査。で、これから言う数字を逆から言ってください。

    詩織、ちょとまだむくれているが、かまわず。

碧  6、8、2。
詩織 2、8、・・6!
碧  3、5、2、9。
詩織 数字、増えてる。
碧  3、5,2、9。
詩織 9,2、3、5?
碧  先ほど覚えてもらった三つの言葉をもう一度言ってみてください。
詩織 えっ。・・・・。(グダグダ言ってたから飛んだようだ)

    首をひねるが出てこない。

碧  ヒントを言います。 植物、 動物、乗り物 です。
詩織 あつ。桜、猫、車、違う電車。
碧  これから5つの品物を見せます。それを隠しますので何があったか言って下さい。

    袋の中から、ひとつずつ名前を言いながら並べ覚えさせる。次に隠す。
    たとえば時計、くし、はさみ、ガム、ペンなど必ず相互に無関係なものを使うこと。

碧  はい。何がありましたか?
詩織 (二つ目まではすらすら、三つ目4つ目がスピード落ちるが言える。5つめが出てこない。)うーん、(も一度繰り返すがやはり五つ目が出てこない。)・・不意打ちだもん・・。

    と、文句を言う。

碧 では最後の質問、知っている野菜の名前をできるだけ多く言ってください。
詩織  レタス、タマネギ、きゅうり、トマト、ナス、スイカあ、野菜じゃねー。インゲン豆、ほうれん草、小松菜・・・(役者が適当にいう。詰まって10秒数えても出てこない演技)
碧  (秒数計ってる)はい。ここまで、ご苦労さん。
詩織 (大きなため息ついて)いゃあまいった。あんがいできないなぁ。不意打ち、やはりムリだ。
碧  不意打ちだからテストになるの。

    とか言って、ちょこちよこ計算している。不審そうな詩織に。

碧  詩織のスコア計算してる。ちょとまって。

    間。その間に詩織は再びモビールの制作に戻る。

碧  出きた。30点満点で・・なんと、詩織22点。
詩織 おー、7割できりゃ上等でしょ。
碧  20点以下は認知症の疑いあり。その若さで、ボーダーに近いよ。
詩織 げっ。やばい。
碧  うん。
詩織 これはやばい。
碧  うん。このペースで進んじゃうとね。詩織、二十歳ぐらいにゃ立派な若年性認知症かも。
詩織 人でなしになる前に、人間やめますかですか。
碧  可能性はゼロではない。
詩織 そういう言い方、なんかむかっとくるんだけど。

    碧、ノートをぱらっと見て。

碧  20歳から24歳までで、10万人あたりの患者数は。
詩織 患者数は。
碧  女性で2.2人。ま、私らの街なら人口30万くらいだから6人ぐらいはいるかもねという感じかな。
詩織 うーん、うちらの街で6人ですか。微妙な数字。
碧  ま、あんたのは単なる不登校ボケだと思うけど。刺激が少なすぎるのよ。毎日の。

    詩織、肩をすくめる。

詩織 ま、碧の相手するぐらいだしね。
碧  違う、私が詩織の相手をしてるの。
詩織 そうともいえる。

    間。モビールを見ながら。
    碧、ちよとため息ついて。

碧  しかし、まあ、青春真っ盛りの若い乙女が、毎日、毎日、家にこもってモビール作ってるってのはぞっとしませんねえ。
詩織 毎日毎日、飽きもせず教室こもって勉強してるのもぞつとしませんわな。
碧  詩織につきあうのはやぶさかではないけどね。学校どうする気。
詩織 ま、気が向いたらと言う方向で。
碧  気が向いたら学校ですか。
詩織 行ってやらないこともないけど、(モビール見上げて)今はまだ。準備が足りない。
碧  準備ね。

    碧、ちょとため息。

詩織 サンドイッチ作るんじゃなかったの。
碧  あー、はいはい。生ハムがそもそも問題なのよ。
詩織 あ、あれ昨日食べた。
碧  え?
詩織 きゅーりを大葉で巻いてその上を生ハムで更に巻いて。ビールのつまみに美味しいよ。

    と、ニヤッとする。

碧  あっきれた。じゃ、今のテストは・・。
詩織 もちろん。母のおばさんが、アルツハイマー型の認知症で施設に入ってるし。そのいとこさんも脳梗塞からきた脳血管性認知症。こちらは、在宅で療養してるけど、なかなか大変みたい。
碧  と言うことは。
詩織 長谷川式のスコア、微妙なところ、私、いいスコア出してたでしょ。
碧  このー、引っかけたな。
詩織 戦闘的不登校の正しい在り方の一つね。不断に様々な知識を習得し、べったりした日常に波を立たせるのを旨とする。面白いでしょ?けど、碧、よく勉強してるね。立派。
碧  その言葉、そのまま詩織に返しとく。あ〜あ、馬鹿みたい。
詩織 (クスッと笑って)サンドイッチ作って。
碧  はいはい。生ハム抜きでね。
詩織 生ハム抜きで。
碧  キューリとトマトとレタスの野菜サンドしかできそうに無いけど。せめてゆで卵でも有ればなぁ。
詩織 それで上等。
碧  マヨネーズある?
詩織 あ、買っとくの忘れてた。クレージーソルトでいい。
碧  あれちよっと苦手だなあ

      碧、さてといって、サイドテーブルでサンドイッチの用意。
    詩織は、モビールの、赤いつぎはぎの道化の人形を完成させようとしている。

?Uサンドイッチと野菜工場とチャイム

詩織 野菜、洗ってあるから。
碧  あ、でも、もう一度ざっと洗ってくる。ちょとキッチン借りるよ。

    と、皿を持って上手にはける。ちょっと、脚立が邪魔そうだが、うまく避けて通る。
    型を切り抜くのに苦戦している詩織。
    遠雷が響く。上空をみるようなポーズ、だが遠いと判断したようで元の作業に戻る。
    皿を持ってきながら、碧。

碧  夕立来るかな。
詩織 どうかな。結構遠いし。
碧  あ、包丁忘れた。

    皿を置いて、再びはける。

詩織    まな板もね。

    了解という声。
    再び遠雷。
    再び見上げて。

詩織 これはひょっとしたら来るかな?
碧   又、鳴ったね。こりゃ降るよ。

    包丁とまな板を持ってきた。
   
詩織 涼しくなっていいけど、あの音さえ無きゃねぇ。
碧  ガツンとしていいよ。
詩織 心臓に悪い。
碧  意外に繊細ね。
詩織 元から十分繊細なんです。
碧  それは初耳だ。

    と、言いつつ、きゅうりとトマトを手際よく切り始める。

碧  なかなか新鮮。レタスもしゃきしゃき感がよさそう。
詩織 隣町の直販所で今朝買った。よくいくとこ。
碧  学校行かず直販所かい。
詩織 地域経済の実情視察と経済効果についての考察。
碧  いわゆる一つの名目ね。
詩織 もちろん。単なる買い出し。
碧  で、実情と考察のレポートは。
詩織 美味しい野菜は不揃いが多い。
碧  確かにけっこういびつだわ。

    取り上げた、きゅうりやトマトはいわゆる規格外だが美味しそう。
    と、いいながらトマトの一つにかぶりつく。

碧  美味しい。
詩織 ま、規格外の品ね。都会向けの流通ルートには乗りにくいけど。
碧  美味しいから許す。

    詩織、笑って。

詩織 野菜工場つて最近よく聞くでしょ。

    とんとんと、トマトときゅうりをきり分けた。

碧  野菜工場?
詩織 スーパーなんかでもよく出てる。
碧  へー。
詩織 大きな倉庫みたいな建物の中で、水耕栽培、無農薬で、虫がつかない、LEDの人工照明、コンピュータによる、湿度や温度管理、大量促成栽培・・不景気だからいろんな業種、たとえば土建屋さんとかわーっと、近頃参入してるらしい。
碧  畑違いなのに。
詩織 本業がなかなかうまくいかないから、こいつぁ儲かると思ったんでしょ。だつて食べることはやめられないもの。でも、結構苦戦してるわけ。どうしてか分かる?
碧  たくさんできないから?
詩織 もちろん大量生産のノウハウが余り確立されてないこともあるけど。問題は、規格品の歩留まりが少ないってこと。
碧  規格品?
詩織 たとえば曲がったきゅうりはアウトなのは知ってるでしょ。消費者がまっすぐなきゅうりを好むから。スーパーに置かれているきゅうりみたら分かる。
碧  ああ、なるほど。
詩織 ま、商品として流通の場に大量にのっけるには規格を作ってあわせなきゃだけどね。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム