待ち合わせできない呪い

(まちあわせできないのろい)
初演日:0/0 作者:菊家 あざみ
(暗転)

魔女「……12月24日、何がクリスマスイブだ……クリスマスなのに浮かれている奴らには呪いをかけてやりたい……」

着信音

魔女「もしもし?……はい、私がそうですけど……えっ!?呪いをかけてほしいリア充がいる!?いやでも私、呪文を知らな……教えてくださる!?もちろんです!お受けいたします!それでそのリア充は……はい……はい……わかりました、必ず呪います、はい、それでは」

電話を切る音

(全照)

中井「今日はクリスマスイブ、そして愛しの彼女とデートなオレ!」

中井、スマホを取り出す

中井「ちょーっと、早く着きすぎちゃったかなー!いや、でも約束の2時間前行動、基本中の基本だよな!」

着信音、電話に出る

中井「はい、もしもし……あっ、静香ちゃん?うん、そうそう、約束は駅前の広場のクリスマスツリーの前だよね、うん、えっ?もう着いてるのかって?……ははは、まさか!まさか、ね……うん、それじゃあね!」

電話を切る

中井「2時間も早く着いてるなんて、はしゃぎすぎって笑われちゃうからね!なんたっオレはクールに生きてるから!certificateな男、それが、オレ!」

中井、落ち着いてベンチに座る

中井「とりあえず2時間、暇潰しに素数を数えるぞ!ええと、1、2、3、5、7……」

(暗転)

(明転)

中井「3557、3559、3571……静香ちゃん、遅いな」

着信音

中井「あ、静香ちゃんか」

電話に出る

中井「もしもし?」

静香、上手から登場

静香「中井君?ツリーの前に着いたんだけど……中井君が見当たらないのよね」
中井「あれ?おかしいな、オレもツリーの前にいるんだけど……オレ、ツリーの前のベンチに座ってるよ?」

静香、誰も座っていない方のベンチを見る

静香「え?ベンチに誰も座ってないじゃない」
中井「おっかしいなー……ベンチもう一個あったっけ……?」

二人、ツリーの周りを半分回る

静香「もう1週しちゃったわよ、どこにいるの?」
中井「あれ……?オレも1週しちゃった……」
静香「広場間違えたとか」
中井「あれ、北広場と南広場間違えたかな?約束は北広場だよね」
静香「ええ、北広場よ」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム