恋のカタチ

(こいのかたち)
初演日:0/0 作者:彼方 圭人
「恋のカタチ」

登場人物
♀・一ノ瀬
♂・二藤
♀・三井


二藤  「・・・」

一ノ瀬 「で?わざわざ家まで来て、話ってなに?」

二藤  「・・・」

一ノ瀬 「どうしたの? 二藤?」

二藤  「・・・なあ、一ノ瀬」

一ノ瀬 「なに?」

二藤  「恋って、何なんだろうな」

一ノ瀬 「・・・は?」

二藤  「だから・・・恋って、何なんだろうな」

一ノ瀬 「2回も言わないで。ちゃんと聞こえたうえでの「は?」だから」

二藤  「恋について知りたいわけだよおれは」

一ノ瀬 「なんで急にそんなこと」

二藤  「おれ、恋したかもしれない」

一ノ瀬 「ああそういうこと。・・・は!?」

二藤  「おれ、恋したかもしれない」

一ノ瀬 「2回も言わないで!ちゃんと聞こえてるから!え!?相手は誰!?幼馴染の特権で教えろ!」

二藤  「こわいこわいそんなグイグイ来ないで。三井だよ。三井。お前仲いいだろ?」

一ノ瀬 「三井って・・・みっちゃんのこと?」

二藤  「みっちゃん?あーうん、たぶんそのみっちゃん」

一ノ瀬 「本当に?」

二藤  「本当に」

一ノ瀬 「冗談とかじゃなくて?」

二藤  「昔はよく冗談言ったりいたずらとかもしたけど、これはまじ」

一ノ瀬 「きっかけは?」

二藤  「んー、最近生き生きしててすごく楽しそうで、いいなって思ったから」

一ノ瀬 「・・・」

二藤  「なんだよ」

一ノ瀬 「それをなんであたしに?」

二藤  「お前三井と仲いいし三井の好きなものとか知ってるかと思って。幼馴染として今後のためにアドバイスを頂きたく」

一ノ瀬 「ああ、そう(冷たく)」

二藤  「ん?なんか怒ってる?」

一ノ瀬 「別に。・・・でもみっちゃんか。無理だと思うけど」

二藤  「なんで」

一ノ瀬 「だって恋してるから」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム