緋蜜蜂が飛んでいく

(ひみつばちがとんでいく)
初演日:0/0 作者:名嘉 枕
緋蜜蜂が飛んでいく
作・なかまくら
平成二十年十月六日
 
総長・・・・・・秘密結社の社長。野村さん(仮名)
山根・・・・・・総長の右腕。働いております。
斉藤ゆみ子・・・・・・二三歳、独身。妹のゆき子と父の仇を探している。
中年の男・ヒーロー1・・・・・・ゆみ子の殺したい人。苗字は斉藤。
謎のヒーロー・ヒーロー2・・・秘密結社のヒーロー(女)。苗字は真田。
猿渡・ヒーロー3・・・・・・・・・爆弾魔。ゆみ子の父を付け狙う。
 
エキストラ
男(キャスト的に無理なら、総長と兼役)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
若い女?@     すいませーん・・・
 
とあるオフィスビルの一室。
ドアから顔を覗かせる若い女。しかし部屋の中には誰もいない。
壁には『一日一善』と書かれた張り紙があった。
 
若い女?@     お邪魔しまーす。
男        お!
若い女?@     お!?・・・お邪魔します
男        ようこそ。きみ・・・ここがどういうところか、分かっているんだろうね?
若い女?@     わ、分かっているつもりです!(声を潜めて)秘密・・・結社ですよね
男        そうか。そこまで知られてしまったなら・・・ただで帰すわけには行かないな・・・・・・。
女        総長!何言ってるんですか、そんなこと言ったら・・・
男        社長と呼んでくださいといつも言っているだろう!
若い女?@     ・・・呼んで、ください?
総長       ・・・ゴホン。それよりも!山根さん、お茶は淹れてくれたんだろうね。
女        もちろんです。はい、紅茶です。熱いので気をつけてくださいね。
若い女?@     あ、ありがとうございます。それで、あの・・・
総長       そうだね。ここにたどり着いたからには、我が社の秘密を少しだけ教えてあげよう。
若い女?@     よろしくお願いします!
総長       よろしい。まず、我が社の工作員だが・・・その数はゆうに十万を超えているのだ!
若い女?@     えええっ!
山根       その嘘、もう辞めませんか?
若い女?@     あ、嘘なんですか。
総長       いや、嘘じゃない。たしかにしっかり会員数は十万を超えている。
山根       パソコンでボタンをクリックしただけで会員になるやつですけどね!
若い女?@     クリック詐欺じゃないですか!
山根       そうなの、うちの総長、ホンっト意味わかんないことにお金つぎこんでるの
総長       そんなことないぞ!我々の活動をメルマガで配信することで、やがて日本国民は我が社に同調していくことになる。そしてゆくゆくは、我が社こそが日本政府と呼ばれるようになるのだよ。君にわかるかな?この素晴らしい計画が。
若い女?@     も、もちろんです!・・・・・・失礼ですが・・・これ、面接ですよね?
山根       ・・・・・・
総長       いつから・・・気付いていた?
若い女?@     そうですね・・・たぶん先ほど咳払いをしたときです。なんとなくですが、山根さんの雰囲気が変わりましたので、あるいは・・・と。
総長       そうか・・・・・・じゃあ、そういうことにしようかな。
若い女?@     え!?
総長       いいですよね、山根さん?
山根       ええ、構いませんよ。ええと、あなた、まさかとは思うけれど、履歴書を書いたりしてないわよね?
若い女?@     も、もちろんです!そんなものは組織を危険にさらすだけですから。信じられるのは、自分と組織の目標だけ。
総長       ほう・・・
若い女?@     私・・・自分で言うのも何なんですが、結構役に立ちますよ?大学も一応出てますし、国家公務員の資格なんかも持っています。
総長       ところであなたはどうして秘密結社に入りたいのかな?それから、どうやってうちに来たのかも教えてもらえないかな?
若い女?@     私・・・・・・言わないとダメですか?
総長       これは面接だからね。
若い女?@     ・・・・・・
総長       どうしても言えないというのなら・・・
若い女?@     私・・・・・・許せない人がいるんです。
総長       ・・・・・・それはその、つまり
山根       その人をどうにかしたい、と言うことですよね?
若い女?@     どうにかしたいのではなくて、殺したいのです。
総長       ・・・・・・
若い女?@     殺したいのです。
山根       ・・・・・・どうして・・・って聞きたいけど、やめておくわ。あなた、それを聞かれたらどうしよう、って、すごくおびえた目をしてるから。
総長       ・・・・・・殺すって、そんな簡単に口にしていい言葉じゃないよ?
若い女?@     言うは易し、行うは難し。そうですか?私はようやくここまできました。あと何歩か先にはあいつがいるはずなんです。
山根       ・・・・・・
総長       じゃあ、変わりと言っちゃなんだけど、もうひとつだけ、聞いてもいいかな?
若い女?@     はい
総長       もしもだよ・・・・・・君の大切な人と組織、どっちかしか守れないとしたら、・・・君ならどっちを選ぶ?
若い女?@     それは・・・・・・そんな質問、ずるいです。だって、これは面接なんだから・・・・・・だから、組織を選びます。でも本当は・・・
総長       よし。わかった。合格だ。君を正式にわが秘密結社の工作員として採用しよう。
若い女?@     え、ホントですか!?ありがとうございます!
総長       ただし!さっき言ったこと、忘れちゃいけないよ。
若い女?@     え?
総長       大切な人、組織。本当に大切なものはひとつしか守れないんだ。そうじゃなきゃ、自分の命を代わりに失うことになる。
若い女?@     でもそれは・・・
総長       面接だったから?どんなに言葉を飾り立てたって、言ったことは事実だよ?
若い女?@     ・・・はい。私頑張りますので!よろしくお願いします!
総長       うん。契約の準備をするから、明日同じ時間にここに来てくれるかな?
若い女?@     はいっ!失礼します。
 
若い女?@出て行く。
 
総長       ・・・ふぅ。緊張したよ。
山根       いいんですか?
総長       お茶が冷めちゃったな。おかわり、もらえないかな?
山根       いいですけど、もったいないので去年のやつ使いますよ?
総長       そんなケチらなくても・・・・・・。
山根       だって最近ボランティアに精を出しすぎてろくに稼ぎがないじゃないですか!?
総長       ・・・・・・おっしゃるとおりです。
山根       いつまでも表社会の私におんぶに抱っこでいるのはやめてください。私は、引きこもりたいんですから。
総長       ・・・だから、新しく採用しただろう、今。
山根       総長、あなたの考えることは本当にわからないです。本当はあの子が役に立つなんて思ってないんでしょうけど!
総長       ゆみ子ちゃんは優秀だよ?
山根       ゆみ子ちゃん?誰ですかそれ。
総長       ほら・・・
 
     総長の手にはゆみ子ちゃんの保険証が握られている。
 
山根       ・・・・・・いつの間に。
総長       まあ、油断も隙もあったわけだ。まだまだ青いね
山根       それよりも総長、あなたあの子の目を見ました?あの子の目はとてもじゃないけど、この世界で生きていけるような光を持っていませんでした・・・。
総長       そんなの、まだわからないさ。君だって初めはそうだっただろう?夢も希望も失って・・・
山根       だからあの子はまだ幸せを探してる!
総長       そうかもしれないなっ・・・と。
山根       あれ?どこへ行かれるんですか?
総長       うん。ゆみ子ちゃんの覚悟をちょっとだけ調べてくるよ。・・・留守を頼むね。
山根       ・・・はい。変な人に関わらないように気をつけてくださいね?
総長       わかってるよ。
 
     暗転。
     舞台変わって、病室。
     静かに眠り続ける女性の前にゆみ子ちゃんが立っている。
 
ゆみ子      ゆき子、お父さんのかたきは私が取るから。だから、ゆっくり休んでて。・・・今日、またあいつに一歩近づいたから。・・・怖くなんかないよ!今でも笑い声が頭にこびりついてはなれないの。おかしいよね、会ったこともないのに。正直言うとね、ちょっとだけ不安なんだ。でも大丈夫。私、大丈夫だから。じゃあね。
 
     ゆみ子の照明が落ちて、入れ替わりに総長に照明が当たる。
 
総長     斉藤ゆみ子ちゃん、二三歳。独身!ふぅーん、なるほどねぇ・・・
中年の男   ちょっとあなた何ですか?
総長     え?いえ、わたしは・・・
中年の男   ごまかそうったってそうはいきません。あなた、斉藤さんのこと調べてるんでしょ?そのイアホンはなんです?まさか・・・盗聴っ!
総長     待ってください。人を呼ばないのは、あなたもこちら側の人間だから。違いますか?
中年の男   ・・・そうですね。全くその通りです。でも、彼女は全く関係ありません。
総長     あなた・・・何か間違っていませんか?
中年の男   はい?
総長     こちらに未練を残したままでは、いずれ必ず取り返しのつかないことになりますよ?
中年の男   はあ。しかし、私は幽霊とかそういった類ではないので・・・別に未練たらたらでやっていきたいと思っていますよ。むしろあなたこそ、何か焦っているんじゃないですか?たとえば・・・ほら、大竹ビル十三階の事務所が燃えているとか??
総長     ふっ・・・そんなまさか・・・
中年の男   知っていますか?優れた嘘つきは本当のことを話すんです。まるで御伽噺か何かのようにしか考えられないようなことを見事やり遂げて、それを真剣に話すんです。彼らは嘘を言ってない。でも、彼らは嘘つきと呼ばれる。可哀想に、可哀想に、可哀想に。でもそんな彼らは可愛くて仕方がない!そうは思いませんか?
総長     ・・・・・・つまり、何が言いたい?
中年の男   今日のところはただの嘘です。
総長     そういうことなら、失礼させてもらうよ
中年の男   引っ越すのなら、夜がいい。それも、月のない新月の夜に。・・・少なくとも彼女には気付かれないように、そっと・・・ね。
総長     ご忠告、どうも。
 
     暗転。再び場面は事務所。
 
総長     ただいま。
山根     あ、遅かったですね?どうかしましたか?
総長     山根さん、荷造り、お願いできるかな?
山根     ・・・・・・五分いただければ。
総長     頼む。
山根     何かあったんですか?
総長     危険な奴にここを嗅ぎ付けられたみたいだ。一刻も早く離れた方がいい。
山根     もしかして、ゆみ子ちゃん?
総長     ・・・・・・あの子も当然連れて行く。
山根     やっぱりそうなんですね。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム