百人一首剣道部へようこそ!

(ひゃくにんいっしゅけんどうぶへようこそ)
初演日:0/0 作者:穂村一彦
百人一首剣道部へようこそ!

【配役】5人(女2、不問3)
 小町:女。1年生。大野小町。転校生。百人一首が強い。
 部長:2年生。柿本。テンション高め。男女不問(この脚本では女)
 副 :女。2年生。源。副部長。ちょっとおっとりした天然。
 敵 :他校の生徒。剣道が強い。男女不問(この脚本では女)
 審判:読み札と赤白の旗を持っている。男女不問。

【あらすじ】
 百人一首剣道。それは百人一首と剣道を融合させた全く新しい競技。
 普通の百人一首部だと思って入部してしまった主人公。
 すぐにやめるつもりが、思わぬ才能を発揮し始めて……?

【本編】  
   
(部室。ホワイトボードに「百」「人」「一」「首」「道」「部」の紙が貼ってある)
(部長と副部長が向かい合って正座。床には百人一首の札が配置されている)

部長「よろしくお願いします」
副 「よろしくお願いします」

(部長、読み札をめくる)

部長「ちはやぶる かみよもきかず たつたがわ」
副 「…………(札をきょろきょろ見回す)」
部長「からくれなゐに 水くくるとは」

(部長読み札を置いて、一緒に探す)

部長「からくれない、からくれない……」
副 「か、か、か……」
部長「あった!」(札を叩く)
副 「私も!」(別の札を叩く)

(二人、読み札と自分の札を見比べる)

部長「勝った!」
副 「負けたー」
部長「あんたまた最初の文字だけ覚えて取ったでしょ。それカルタだからね?」
副 「わかってんだけど、探してるうちに忘れちゃうんだよねー。よし、次こそは!」
部長「…………」
副 「どうしたの? 次読んでよ」
部長「ねえ……来週、どうする?」
副 「……せっかく忘れてたのに」
部長「忘れてもしょうがないでしょ。どうすんの」
副 「やっぱまずいかなー」
部長「まずいでしょ。戦って負けるのならともかく、人数足りなくて不戦敗なんて」
副 「OBにも怒られるよね……」
部長「一応60年の伝統をもつ由緒正しき部活だからね……」
副 「あーあ。困ったなあ……」
   
小町「あのー……」
部長「え?」
小町「あの、ここって、百人一首道部ですよね?」
部長「ま、まぁ、そんな感じですけど、あなたは……?」
小町「私、先週転校してきて、それで百人一首が好きで、その……」
二人「……ようこそーっ!」
副 「さー、どうぞ入って入って!」
部長「うわー、嬉しいよー。あなた一年生?」
小町「は、はい」
部長「私たちは二年。はじめまして、部長の柿本です」
副 「副部長の源です」
小町「はじめまして。私、大野小町です」
部長「じゃあ、小町ちゃん。さっそく入部テストをします!
   第一問! 百人一首は何首あるでしょう?」
小町「ひゃ、百首?」
副 「正解!」
部長「合格!」
副 「おめでとー!」
部長「みごとレギュラーの座を勝ち取りました!」
小町「レギュラー!? いきなりですか?」
部長「いやー、実は来週試合があって三人必要なんだけど、
   その三人目がどうしても見つからなくて」
小町「え? じゃあ……部員はお二人だけ?」
部長「う、うちは、ほら、少数精鋭だから!」
副 「まー、いまいち百人一首とカルタの違いもわかってないけどねー」
部長「バカ、余計なこと言わなくていいの!」
小町「……」
部長「あー、待って! 確かに実力不足なとこはあるけど、
   この部を好きだって気持ちは本当なの!」
副 「うん、部活、楽しいよねー」
小町「……わかりました! いきなりでちょっと驚いたけど、私で力になれるのなら!」
部長「おおおー! ありがとー!」
副 「これからよろしくねー、小町ちゃん」
小町「よろしくお願いします」
部長「おー、テンションあがってきた! さっそく練習しようか!」
副 「あ、せっかくだし、基礎練習じゃなくて、模擬試合やろうよ」
部長「いいね!」
小町「ええっと、それじゃあ、私は……」
部長「あー、じゃあ小町ちゃんは、最初審判やってくれる? あと読み札」
小町「わかりました」
部長「はい、じゃ、これ」
副 「わー、ちゃんとした試合形式久しぶりー(剣をとりだす)」
部長「新入部員にかっこいいとこ見せないとねー!(剣をとりだす)」
副 「さぁ、こい!(構える)」
部長「いくぞ!(構える)」
小町「……え?」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム