運命定め

(さだめさだめ)
初演日:2017/0 作者:osada
  運命定め

・田中1(たなかいち) モブと言いつつ、主人公(♂)
・神(かみ) 気障で子供っぽい神、Tシャツがダサいの域を超えている(♂♀)
・ザコ ザコの他に癖の強い先生、新米刑事、バーのママもやっている(♂)
・ボス ボスの他にマネージャー和子、ちょっと偉い刑事、田中の彼女もやっている(♀)
・黒子1 舞台背景の要、観客の方とふれあう、笑顔が大事(♂♀)
・黒子2 舞台背景の要、1のストッパーでもある(♂♀)
・エキストラの皆さん 通行人、主婦や飲んだくれ、学生など様々

【1】   ビルの間にある寂しい路地 / 田中・ボス・下っ端 板付き
・無造作にゴミ袋が転がっている

田中 一人スポットの中で座り込んでいる
ザコ 田中に銃口を向けている
ボス 無表情でそれを見ている

田中01『ある夜、ちょうど午前二時ごろ田中1は帰路についていた。
    それは会社からの帰りかもしれないし、バイトの帰り、
    はたまた職には就かず遊び呆けていたのかもしれない。
    だがそんな事はどうでもいい
    だって俺は物語のモブ的存在「田中1」なのだから
    名も無い田中1だった…。田中1だったのに……。』

明転

田中02『どーしてこーなったんだよーーーー!!!!』

ボス01『うるさい黙って』

田中03『はい』

ザコ01『それにしても参ったなぁ…ボス、完全に見られちゃいましたね』

ボス02『えぇそうね』

ザコ02『バラしますか?』

田中04『ひっ!』

ボス03『いいわ、コイツは放って置きましょ』

ザコ03『いいんすか』

ボス04『一般人に出来る事なんて高が知れてる』

ザコ04『しかし万が一って事もありますが』

ボス05『私だって鬼じゃないのよ?たまにはこうして人助けしても罰は当たらないでしょ
    それに何より今日は凄く機嫌がいいの。』

田中05『それってもしかして、もう帰っていいってことですか…』

ボス06『そうね、考えてあげても―』

田中06『えっマジ!よっしゃついてる〜早く帰って録画しておいたロンハー見ないと!
    って事でもう帰っていいですか?』

ボス07『まぁ…いいわよ。でも勘違いしないで、今日の事を誰かに言おうものなら
    あなたの命は無いものと思いなさい
    いい、そもそもあなたは最初から何も見ていない。
    いつも通り寄り道しないで家に帰った…。分かった?』

田中07『はい、今日は何事も無く、いつも通りまっすぐ家に帰りました
    決して今日に限ってちょーっと寄り道して
    ちょーっと立ち寄った路地で行われていたMBR-9090っていう
    耳かき一杯でカモノハシ70匹分の致死量になるヤバイ薬の取引現場なんて
    決して、絶対に見ておりません』

ザコ05『ボス、俺めっちゃ心配になってきたんすけど…』

ボス08『いいわ、殺って』

ザコ 再度、田中1に銃口向ける

田中08『話がちがーーーう!!!!』

ザコ06『信頼しろって言われても、流石に無理っす』

ボス09『じゃあ、後始末は任せたわよ』

ボス ハケる

田中09『ちょっ、まだ心の準備できてないんだけど!』

ザコ07『さーせん仕事なんで』

田中10『あ〜お助け下さい、神様、母ちゃん、仏様!!』

SE 銃声

暗転

明転

ザコ 時間が止まっているかのように動かないようだ

田中11『あれ?止まってる……』

神01『なんだか凄くお困りのようだね ね ね(エコー)』

田中12『誰だ?』

神 入る

田中13『お前はまさか!?』

神02『いかにも、我こそこの世の―』

田中14『母ちゃん!』

神03『何で!?』

田中15『だって「神様、母ちゃん、仏様」って言ったら出て来たから…』

神04『違うから!そもそもこの世の母ちゃんって何だよ!!』

田中16『あっ、仏様だ!』

神05『惜しい、あいつは有給とって、ワイハーね』

田中17『じゃあ、母ちゃん?』

神06『どうしてそっちに戻っちゃうかな…
   神だよ神、ほらTシャツにも書いてあるでしょ』

田中18『あぁ〜で、どったの母ちゃん?』

神07『神様ね!!!』

田中18『……っで、一体何のようですか』(露骨に嫌な顔)

神08『あー、今辛うじて生きてられるのは僕のお陰なのに
   そういう顔しちゃっていいの?』

田中19『えっ!俺もう死んでるのかよ!?』

神09『まぁ、厳密に言うと僕が時を止めてるからまだなんだけどね』

田中20『だからコイツ固まって動かないのか…へー器用だなー』(ザコを変なポーズに)

神10『あとあと、こんな事も出来るよ!!』(弾丸があるだろう場所にしゃがむ)

神11『ていっ』(弾丸にでこピン)

弾丸が壁に当たってはね返る

SE カキーン 数回

田中に直撃

SE ズクシッ

田中21『いってっ!?』

神12『あっごめん』

田中22『オマエ本当に何しに来たんだよ!!!』

神13『だから君を助けにきたんだって!』

田中23『助けに来たやつに何で撃たれなきゃいけないんだよ』

神14『それは…うっかり、うっかり☆』

田中24『うっかりで済むか!!』

神15『それが済んじゃうんだな〜』

田中25『いや思いっきりあたってたから!』

神16『でも傷が無いでしょ』

田中26『そんな訳…本当だ!?』

神17『何でだと思う』

田中27『えっ』

神18『おかしいとおもわない?普通だったら大怪我してもおかしくないのに』

田中28『まぁ』

神19『なぜ君には傷がつかなかったのか、それは…この世界が物語りだからなんだ』

田中29『物語り?』

神20『そう、映画にドラマ、漫画、アニメ、小説あと戯曲なんかのストーリーの事ね』

田中30『その事と怪我の事に何の関係が?』

神21『例えばさ、ある戦隊物の後から出てくる強い助っ人、

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム