花言葉は悲劇のサイン

(はなことばはひげきのさいん)
初演日:2011/0 作者:Bobson
花言葉は悲劇のサイン



◎登場人物

姫川 兎子(27)ひめかわ うさこ

石家 主(39)せきや つかさ

一休 零(39)ひとやすみ ぜろ

小南 渡入(37)こみなみ わたる

副日 愛鈴(30)そえび あいり

森阿茶 譲(31)もりあさ じょう



◯序章

舞台は背面に黒バラの絵が描かれた抽象空間。
舞台中央にはホワイトボード。
基本的に場面は持ち運び可能な椅子を動かして行う。
舞台は幕によって前面と全体に仕切られている。
舞台前面、石家にスポットが当たる。石家、椅子に座っている。横に男が倒れている。

石家  え〜名探偵、皆さん名探偵と言えば誰を想像しますか?(古畑任三郎のテーマが流れ始める。)あ〜シャーロックホームズ? エルキュールポアロ? エラリークイーン? ん〜日本にも様々な探偵がいます。あ〜明智小五郎? 金田一耕介? ん〜漫画の世界なんかも入れると、江戸川コナン? 金田一一? たくさんの名探偵が世の中にはあふれかえっていますが、え〜今日を機にこれらすべての名前を忘れてしまってください。そして一人だけ、名探偵の名前を覚えてお帰り下さい。そうこの私、ん〜石家(充分に間をとって)主。

名前を言い終わると同時に後ろからやって来た姫川にピコピコハンマー(以下ピコハン)で頭を殴られ、音楽が小さくなり、全体が明るくなる。

姫川 いきなり他の名探偵パクってんじゃねえよ!
石家 だってオリジナルとか面倒くさいじゃないか?
姫川 そんなことばっか言ってるからいつまでたっても有名になれないの! とりあえず立て!
石家 面倒くさい。

姫川、もう一度ピコハンで殴る。

姫川  次はグーで殴るよ!
石家  わかった、わかった。ちゃんとやる。
姫川  最初からやれよ。

石家、ポケットからカンペを取り出す。

石家  え〜と……。
姫川  挨拶くらい覚えてこいよ。
石家  面倒くさい。
姫川  古畑のモノマネは一週間も練習してたくせに。しかも似てねえし。

石家、咳払い。

石家  皆さんご来場ありがとうございました。え〜細かい説明とかはこの紙に書いてあるんで読んでおいてください。

石家、カンペを客の方に向ける。
 
姫川  見えるわけないだろ!
石家  あっ見えないですか。じゃあこっちの方から順番に回してくんで……。

石家、カンペを客に回そうとする。
姫川、石家をピコハンで殴る。

姫川  もう私がやる!

姫川、カンペを奪い、一瞬目を通してポケットにしまう。

石家  もう覚えたの? さっすが〜!
姫川  皆さん申し訳ありません。このゴミ探偵に代わって美人お嬢様刑事の姫川兎子が挨拶させていただきます。本日は劇団(以下、注意事項を述べる)。

姫川、挨拶を終え、お辞儀をする。暗転。

◯第一章

舞台前面。
姫川と森阿茶。椅子に座りながら。
舞台上に男が倒れている。(人形でも可。)

森阿茶 花の色は移りにけりないたづらに我が身世にふるながめせしまに
姫川  小野小町?
森阿茶 うん。
姫川  それがどうしたの?
森阿茶 兎子と僕が初めて会った日を覚えているかい?
姫川  全然。
森阿茶 (笑って)兎子らしいな。
姫川  でしょ?
森阿茶 小野小町は花の色香があせていくことを嘆いていたけれど、僕はそうは思わない。枯れるからこそ美しい。悲劇が待っているから美しい。恋もそういうものだと思わない?
姫川  どうしたの急に?
森阿茶 いや、今度やるドラマなんだけどね。癌と戦う夫が妻に頼むんだよ。殺してくれって。俺の病気は治らない。ならばいっそこの苦痛から開放されて君の心の中で生き続けたいって。
姫川  で? 妻はどうしたの?
森阿茶 妻は夫の言うとおりにしたんだ。安楽死させてやった。
姫川  そっか。
森阿茶 もし兎子が、その妻の立場だったらどうする? 僕を殺す?
姫川  即殺す。
森阿茶 (再び笑って)兎子らしいな。
姫川  でしょ?
森阿茶 悩まない?
姫川  ちょっと迷うかも。でも迷ってる間相手が苦しむのは嫌だからやっぱ即殺す。
森阿茶 そうか。
姫川  でも今はまだ、譲の近くにいたい。物理的にね。馬鹿みたいに熱い演技談義とか小野小町がどーたらこーたらって話を聞いてたいじゃん。
森阿茶 君ならで誰にか見せむ梅の花色をも香をも知る人ぞ知る

2人、幕の後ろへ去る。
音楽。
姫川、幕から出てきて、倒れている男(死体)を覗き込む。

姫川  暑い。死ぬ。何これ! エアコンつけて。

そこへ一休が入ってくる

姫川  あ、一休。おせーよ。
一休  相変わらずうさちゃんは口が悪い。直属の上司にくらい敬語を使ったらどうなんだ?
姫川  それより先に遅れたことを謝れよ。
一休  うさちゃんが姫川財閥のお嬢様でなかったら今すぐ異動させるとこなんだがな。
姫川  またまたぁ。そんなこと言っちゃって。私のこと大好きなくせに〜?
一休  えへへへへへ。わかる〜?
姫川  あ、その顔きもい。
一休  え?
姫川  こんなんになってた。(姫川変顔)
一休  うそだあ、俺はそんなに不細工じゃない!
姫川  はいはい……で、遅れた理由は?
一休  すまん、すまん。ちょっとキャバクラでのツケがたまり過ぎちゃってな。その精算をしてたんだ。いやあ急にパラダイスの彩ちゃんに呼び出されちゃってさぁ。
姫川  ……一休の場合冗談じゃないから泣けてくる。
一休  まあまあ。それよりどうなんだこれは?

一休、死体を覗き込む。

一休  ああああああああああっ!
姫川  なに?
一休  こいつはお前、俳優の上原優也じゃねえか!
姫川  そう。
一休  割と好きだったのになあ。
姫川  確か同い年だっけ?
一休  ああ、今年で39歳。人生まだまだこれからだったのになあ。(泣く。)
姫川  いちいち感情移入すんな!(ピコハンで一休を叩く。)
一休  状況は?
姫川  ……死亡推定時刻は3日前の深夜2時過ぎ。自宅マンションで首を吊って死亡。第一発見者は彼の交際相手の女性。上原は3日前から休暇を取っていて、その女性と旅行に行く予定だったらしい。でも急に「行けなくなった。」ってメールが入って旅行はキャンセル。その後連絡がつかなくなって、気になった彼女が上原の部屋を訪れたところ、帰らぬ人になっていた。
一休  彼女と旅行〜? ふざけたまねしやがって。旅行なんつったら毎晩毎晩お楽しみじゃねえか!
姫川  さっきまで泣いてたくせに。こんな顔して。(変顔。)
一休  そんな顔してなーい! 俺はモテる男は嫌いだ。あっ誤解されないように言っておくが、決して僻みじゃないぞ。俺もまた県警一モテる男だからな。
姫川  ないない。
一休  信じてないな? この間だってなあ……。
姫川  そんなことより! どう思う?
一休  これか? 自殺だろ? どうみても。
姫川  本当に? 僻んでるからでなく?
一休  僻んでねえっての! 首吊って自殺だろ? それしかない!
姫川  なんか引っかかるんだけどなあ?
一休  それに思い出したぜ? 上原のブログ!
姫川  ブログ?
一休  ああ、ちょうどその旅行に行く前だったはずだ。芝居についての悩みとか、恋愛についての悩みとか書いてあった気がするぞ。
姫川  それで思い悩んで自殺を?
一休  それだけじゃねえ。上原は1ヶ月前くらいに父を亡くしている。精神的に不安定だったんじゃないのか?
姫川  随分芸能通じゃん?
一休  まあな。俺は県警一のテレビっ子だからな。
姫川  それ何も嬉しくない。
一休  まあとにかくだ。自殺をするに足る理由は十分にあるってことだ。
姫川  ……じゃあ何で遺書が無いわけ?
一休  発見されてないのか?
姫川  普通自殺するなら遺書とか書くでしょ?
一休  まあな。
姫川  それにもう1つ気になることが……。
一休  俺のことか?
姫川  (ピコハンで叩く)……これ。

姫川グラスを一休に見せる。

一休  それがどうした?
姫川  死体の下に転がってた。床は水浸し。びしょびしょ。
一休  首吊ろうとしたときにこぼしたんだろ? 今から死ぬ人間がわざわざ床を拭くまい。
姫川  今から死ぬ人間がグラスに水を入れる?
一休  ……確かに。
姫川  ねっ。気になってきた?
一休  いや。
姫川  何で?
一休  たったそれだけの理由で警察が動けるかっての! 解剖にも金がかかるし、第一他に犯人捜さにゃならん事件は山ほどあるんだ。こんなぱっと見で自殺と判断できる事件深追いするだけ無駄なんだよ!
姫川  でもっ!
一休  いいか、正義の心だけじゃ警察はやれねえんだよ! 即座に犯人がわかる事件じゃなきゃ警察は動かない。それが嫌だったら警察辞めて探偵にでもなるんだな!
姫川  それは本心? それとも建前?
一休  ……建前だよ! いいか、いくらお嬢様でもお前は仮にも俺の部下だ。俺の言うことに従ってもらう! この件は自殺で決着! 捜査終了だ!
姫川  ……と見せかけて?
一休  個人的に捜査する分には構わん。勝手にしろ。

姫川、にっこりと笑う。

姫川  見かけによらずいい人なんだから! だから好きだよ! 一休!(ピコハンでたたきまくる。)
一休  わーかった。わーかったからやめろ!

姫川、一休、男、去る。
舞台前面。
椅子に座っている副日と小南。
小南、雑誌を読みながら酒を飲んでいる。

小南  女流作家、赤宮ルイが返り咲き。ほーう。懐かしい名前だぁ。おっ森阿茶譲、月9初主演決定かぁ。最近ぐいぐいきてるなぁ。あっ俳優の上原優也が自殺? まーた芸能人が自殺かぁ。最近多いねぇ。嫌になっちゃう。
副日  先輩……。先輩はどう思いますか?
小南  何がぁ?
副日  その事件。
小南  赤宮ルイの返り咲き? いやあ昔好きだったからうれしいなぁ。
副日  そうじゃなくて。
小南  ああ森阿茶譲? 変な名前だよね〜。
副日  俳優の上原優也の自殺です。
小南  ああ上原優也ね。自殺とはびっくりだよねぇ。今のびてきてるときだったのにねー。
副日  自殺だと思いますか?
小南  そー書いてあるし〜。
副日  記事に書いてあることをまず疑え。ひっくり返せば大スクープだって教えてくれたの小南さんじゃないですか?
小南  そんなこと言ったっけ〜?
副日  言いましたよ。私、ジャーナリストとして渡入さんのこと尊敬してるんですからね。
小南  尊敬……ね。(さびしそうに)……じゃあ何で、ジャーナリスト副日愛鈴は尊敬する小南渡入のいる「週刊ウェンズデー」の記者を辞めてフリーになっちゃったのかなぁ?
副日  それは……。
小南  それは?
副日  まあいいじゃないですか。その話は、それより事件です。そのために今日先輩に来てもらったんですから。
小南  上原優也の自殺?
副日  私、それは自殺じゃないと思うんです。
小南  ……遺書が無いから? 動機が不明瞭だから? グラスの水がこぼれてたから?
副日  花が……届いてたからです。
小南  花? フラワー?
副日  はい。
小南  どーゆーこと?
副日  殺される1週間前、上原の自宅マンションに花が届いていたんです。確か……サンダーソニア。上原はファンからのプレゼントだと思って家に飾ってたみたいなんです。
小南  それが?
副日  「フローラルプランナー」って知ってますか?
小南  いや?
副日  都市伝説なんですけど、そういう殺し屋がいるそうです。
小南  「フローラルプランナー」って。ダサいねぇ? 花の計画者?
副日  都市伝説なんてそんなもんです。
小南  で、今回の事件はそいつによる犯行だと?
副日  はい。都市伝説によると、「フローラルプランナー」は殺人の前にターゲットに必ず花を送るそうなんです。
小南  眉唾モンだねえ〜。
副日  でも実際花が送られてきて、死んだ人間がたくさんいるんですよ! そのほとんどが自殺とか事故とかで処理されてるんです! やくざの人とかに取材もしたんですけど、裏の世界では結構名前が知れてて、史上最強の殺し屋って言われてるんです!
小南  ふ〜ん。史上最強の殺し屋ねぇ。確かに死体と関係性の無い人物が自殺や事故に見せかけて人を殺したなんて警察も思わないから確かにいたら史上最強だぁ。
副日  だから今回の事件も。
小南  キミはぁ。ツチノコっていると思う?
副日  何ですかいきなり。
小南  ネッシーっていると思う?
副日  ツチノコもネッシーもいませんよ。
小南  それと同じことー。「フローラルプランナー」もいませーん。
副日  ……。でも、
小南  副日君はぁ昔っから危なめの事件を追いすぎなんだよぉ。キミの取材対象は裏社会ばーーっかり。グルメとか、旅とかさぁ。もーっと穏やかなものに転向したほうがいいよ〜。キミは女の子なんだから。
副日  ……先輩、先輩までそんなこというんですか。
小南  え?
副日  失礼します。先輩は私のこと、わかってくれてると思ったのに。

副日、席を立つ。
酒を一気に飲む小南。

小南  わかってないのはキミだよ。副日君。

小南、去る。

◯第二章

舞台前面、森阿茶にスポットが当たる。
「トルコ行進曲」が流れる。

森阿茶 ふざけるなあああ! 娘の未来を奪った男が! 15年もたたんうちにまた元の生活を手に入れることができるんだぞ! そんなことが許されると思うか! 俺は正しい行いをした。法がやつを裁かぬなら、神がやつを裁かぬなら、やつを裁けるのはこの俺しかいない。

幕が開く。(舞台の全体が見える)
床には造花(薔薇・黒百合)が散らばっている。
姫川の自宅。
TVを見ながらくつろぐ石家。
そこへ姫川が入ってくる。

石家  おうワトソン君。
姫川  姫川兎子だっての。
石家  知っている。
姫川  知ってるなら姫川様か兎子お嬢様って呼べよ。
石家  面倒くさい。文句を言うな。探偵の助手はワトソン君だと相場は決まっている。
姫川  あんたはうちの庭師でしょうが!
石家  違う。私は探偵だ。いや名探偵だ。
姫川  パパが庭師として雇ったんだから庭師でしょうが!
石家  しかしそのパパが5年前に亡くなったから私は探偵になったのだ。
姫川  意味わかんないから! ほらっそこどきなさい!

姫川、ピコハンで石家を椅子からどかす。
仕方なく反対の椅子に座る石家。

石家  全く庭師使いが荒い。
姫川  そーゆーことは庭師として働いてから言え。
石家  お父様が5年前に死んでワトソン君の兄が家を継ぐまでは庭師として働いていた。君の兄は庭に興味が無いらしい。雑草がぼーぼー生えていても文句一つ言わん。
姫川  本来ならあんたクビだっつーの。
石家  まあ仕方あるまい。キミには私の力が必要なようだからな。
姫川  その言い方、むかつく。
石家  で、今回は何かな?
姫川  え?
石家  ワトソン君の機嫌が悪い時は大抵、彼氏と喧嘩をしたときか、私に頼みごとをせねばならないときだ。はじめて私がキミに事件の相談を受けた時もキミは機嫌が悪かった。
姫川  やっぱむかつく。いー。(変顔)
石家  TV。
姫川  え?
石家  キミの彼氏が出ている。今日のドラマの犯人役のようだ。
姫川  あ。本当だ。
石家  ……彼氏と喧嘩した時ならば、キミはすぐさまTVを消すだろう。「こんなやつの顔見たくない!」と言ってな。それをしないということは今日キミは私に事件について相談があるということだ。今日は何だね?
姫川  いーー!(変顔)
石家  早く言いたまえ。私もそんなに暇ではない。
姫川  ウソつけ!
石家  いいから。さ、話すんだ。
姫川  ちょっと待って。今日は一休も呼んでるから。

石家あからさまにいやそうな顔をする。

石家  なぜ?
姫川  この間たまたま一休に石家の話したら、妙に食いついてきて。やっぱ知り合いだったんだ。
石家  知り合いというほどのものではない。
姫川  昔の同志とか?
石家  やつが来るのか……。面倒くさいな。

チャイムの音がする。

姫川  あっ来たみたい。

姫川、出て行こうとする。

石家  庭師はいるのに執事のひとりもいない豪邸というのも珍しい。
姫川  兄が全員クビにしたから。経費削減。あんたも役に立たなきゃすぐに切るよ。私が。
石家  ワトソンに首根っこをつかまれているホームズというのも情けの無い話だ。
姫川  石家らしいって。

姫川出て行く。
幕が閉まり舞台前面。
小南と森阿茶、椅子に座る。
小南、小刻みに震えている。

小南  今度の、月9のド、ドラマでは、5人の女性と付き合うという、プレイボーイを演じる、わけですが、プライベートでそんなことに、なったらどうし、どうしますか?
森阿茶 あのっ大丈夫ですか? 緊張してらっしゃるんですか?
小南  い、いや。そういう、わけでは……。あの、僕、これがないと駄目なもので。(酒を飲むモーション)
森阿茶 ああ。どうぞどうぞ。飲んでください。
小南  いや、しか、しかし、仕事の席で。
森阿茶 このままインタビューが進まないよりいいと思いますよ。飲んじゃえ飲んじゃえ!
小南  で、では、お言、葉に甘えて。


面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム